今話題の葉酸、妊活について解説していきます


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年09月17日(火)
【皆さんご存知のように、胎児は細胞】
皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。


葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。


葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特徴を持っているため、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。


総合サプリメントは大変利便性が高いサプリですが、妊婦にとってどのような成分が入ったものを選べばよいのか分からないですよね。


そのような場合は、信用できる赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、サプリを選んでみましょう。


不妊症から妊活を始めると、妊活が長くなってくると、心も体もすり減ってきます。


そこで、期間を定めて、何が何でも夫婦で足並みそろえてがんばろうという話し合いをはじめに済ませておくのがいい形かもしれません。


妊活の期間を設定しておくことで、2人で考えて出した答えだからギブアップせずに頑張ろうとポジティブに思い続けられるのです。


赤ちゃんが母体内で健康に育つために、葉酸は必要だというのはもはや常識ですが、実は、妊娠前から葉酸を摂れば、精子と卵子が出会い、受精する確率と、受精卵が着床する確率が上がることも事実なのです。


受精してから着床が完了するまでは細胞分裂が活発に行われるので、ここでも大量の葉酸が必要になるわけです。


なので、妊娠を希望する方にも葉酸は欠かせない栄養素で、もちろん胎児の発育にとっても重要な役割を果たすものなので、赤ちゃんを授かる前から、授乳が終わるまで葉酸を摂ることが望まれます。


私が知る限り、妊活の際に一番、気を付けてほしい事は、食事ですね。


普段から妊活を頑張っている方は、いつ妊娠しても不思議ではないですよね。


ですから、検査薬やクリニックでちゃんと妊娠が分かるより前から、健康的な食事で栄養バランスを整え、妊娠直後の赤ちゃんがすくすくと育ってくれるように準備しておきましょう。


中でも葉酸は、妊娠初期に最も必要になる栄養素であると同時に、最も不足しやすい栄養素です。


忘れがちですが、妊娠検査キットによって妊娠が確定するより前からお腹の中の受精卵が成長をはじめています。


受胎時に栄養不足などの事態に陥らないよう、妊活をしている方は、なるべく早い段階で十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にとってもママにとっても適切な妊活だと言えますね。


妊娠しづらい状況を改善するためには、食生活を見なおしてみるのは大切だと思います。


精子や卵子は、パパ・ママの栄養をベースにして作られるのですから、不健全な食習慣の下では活発な卵子・精子は望むほうが無理なのではないでしょうか。


妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。


健康的な食生活を大事にしていくといいでしょう。


16:54
2019年09月15日(日)
【友人は妊活していた頃の話だったと思】
友人は妊活していた頃の話だったと思いますが、よく漢方を飲んでいたと思います。


その子の話によると、体質から変えたい、と考えているようでした。


漢方であれば、妊娠中でも飲むことに抵抗がありませんね。


その漢方のおかげなのか、彼女は無事に赤ちゃんを授かりました。


ずっと頑張っていたので、みんなでお祝いを計画しています。


妊娠がわかった直後から葉酸サプリを飲み続けていました。


問題なく妊娠中期に入った直後にそういえばカルシウムも摂らないといけなかったと思い、毎日たくさんの牛乳を飲みました。


いつのまにか、牛乳が合わない体質になっていたことを知らなかったので、お腹がごろごろして、下痢を起こしてしまったのです。


それから、妊娠後期には鉄欠乏性貧血になっていて鉄剤のお世話になりましたが、後から考えれば、カルシウムや鉄分が妊娠初期から摂れるような葉酸サプリを選んだ方が正しかったのかなと思います。


葉酸が妊娠初期に不足した場合、胎児の発育が阻害される心配があるのです。


とりわけ神経管閉鎖障害に代表される、先天性の神経系障害を起こしてしまうことがあり、障害が重いと無脳症になるため流産あるいは死産につながるのです。


発育を阻害する要因を取り除くためにも葉酸は妊娠初期こそ十分に摂らなければなりません。


最近、だいぶ浸透してきた話ですが、妊娠中に葉酸をたくさん摂るだけでなく、授乳が終わるまできちんと摂って欲しいのです。


生後間もない赤ちゃんは、言うまでもなく盛んに細胞分裂を進めながら発育発達が急速に進んでいきます。


いうまでもなく、そこで葉酸が必要になるのです。


一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、母子どちらからも求められる栄養素なので、子供を授かりたいと望んだときから、母乳を与えるのが終わるまでしっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。


妊娠中の全期間を通して胎児の発育を促進し、障害の発生を抑えるために欠かせない栄養素が「葉酸」でしょう。


その名「葉」の通り、キャベツやレタスなどの葉物野菜にたくさん含まれるというイメージがありますが、意外な供給源は果物で、例えば、イチゴには100gあたり90μgの葉酸が含まれます。


普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないのでどの食材にどのくらい葉酸が含まれるかを知り、効率よく摂取することが大事です。


22:42
2019年09月14日(土)
【ビタミンB群のひとつである葉】
ビタミンB群のひとつである葉酸は、ほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。


妊娠前から妊娠3ヶ月ごろまでの妊婦さんにとって、特に摂取を心がけてほしい栄養素で、推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。


具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠の初期の段階で1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。


食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸のサプリを利用するのが大丈夫です。


子供がほしいと思って妊活中ではあるけれど、コーヒーのような飲み物が好きで、飲むことが多い人は気を付けましょう。


カフェインには冷えを招くことがあります。


体の冷えによって血行が悪くなってしまい、子供を授かるのに大きく関わる子宮の機能低下を起こすのです。


コーヒーなどといった飲み物がお好きだったとしても、カフェインは摂りすぎないようにしましょう。


妊娠中に欠かせない葉酸は、葉物野菜の他、ゴーヤーにも豊富に含まれています。


妊娠中、葉酸を摂るために使って欲しい食材の一つがゴーヤーですが、食べ過ぎも害になることがあります。


どんなに身体に良いものであっても、過剰に食べると胃もたれや下痢と言った身体の不調が出てくることもあるようです。


もしも不調が続けば、赤ちゃんがストレスを受けることにもつながってしまいます。


お子さんをほしがっているご夫婦に、ぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。


ビタミンMと呼ばれることもある葉酸は、大分類ではビタミンB群の一つです。


造血機能を高めるビタミンとされていますが、血液に限らず、全身の細胞分裂を盛んにするのにはなくてはならないビタミンなので、ご夫婦で摂ることが大事になってくるのです。


葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、受精卵が着床しやすくなり、妊娠成立に至りやすくなります。


栄養不足が不安だという妊婦さんの頼もしい味方と言えば、ピジョンが発売している葉酸サプリです。


こちらの会社が販売している葉酸サプリには複数の種類のものがありますよね。


それに殆どの葉酸サプリに鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。


どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめて一錠にまとめて詰め込まれています。


複数のサプリを飲む必要が無いので、簡単に一日分の栄養素を補給できますから、ぜひ活用するのをお勧めします。


ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてくださいね。


21:18
2019年09月13日(金)
【妊活と言えば、女性が主体的に行うこ】
妊活と言えば、女性が主体的に行うことと考えられがちですが、夫婦ならば、女性のみでなく男性も一緒に妊活を行うものです。


そういうわけで、男性の行う妊活としての食事について考えていきましょう。


妊活中の男性が摂るべき栄養素として、挙げられるものとしては、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などといったものがあります。


これらを含む食品を毎日食べるよう心がけ、より妊活の成果を上げることを目指してください。


妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食生活以外に、よりたくさんの葉酸を摂るよう厚生労働省によって勧告されています。


葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。


サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、胎児の安全性を考慮した上で、無添加の葉酸サプリメントを見極めることも大事です。


いろいろな事情で、妊娠してしばらくしてから、十分な量の葉酸が摂れていないと感じたなら決して遅くはないので、すぐ行動を起こしましょう。


胎児が母体内で順調に育ち、無事生まれてくるには生まれるまで葉酸を摂っていくことが理想的です。


妊婦に必要な量の葉酸がなかなか摂れず、これまでより多くの葉酸を摂る必要を感じたらすぐに動き始めて妊娠中に必要な量の葉酸を摂るよう自分にできることを考え、それを実行していきましょう。


葉酸はビタミンB群なので、水溶性であり、かなり水に溶けやすいので一度にどっと摂取しても吸収されることなく、尿として排出される結果になってしまうのです。


そのことを考えれば、葉酸サプリメントは一日の中で何回かに分けて飲んだ方がいいと念頭に置いておいてください。


食事だけで葉酸の所要量を毎日摂ることはなかなか難しいため、たくさん摂取するだけでなく、少しでも排出されないようにして、十分に体内で消費されるようにしなければなりません。


妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、血液を造る力を強めるという働きがあります。


この作用は妊娠にも有効で、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠しやすい状態を作り出すため、産前・産後の両方に役立つとして注目されています。


葉酸で血液が増産されると、血行が良くなり冷えも改善され、ホルモンバランスが良くなり、不妊対策に良い結果をもたらすのです。


21:12
2019年09月12日(木)
【葉酸は、妊娠初期に特に重要な栄養素として】
葉酸は、妊娠初期に特に重要な栄養素として知られています。


というのも、胎児の脳や神経系の形成に、葉酸が順調な発育を促す働きをするためです。


葉酸が豊富に含まれる食材は何か調べるのが大変、知っているけど十分な量は摂れないと頭を抱える方は、青汁など、葉酸を効率よく摂れる食品の活用を考えてみましょう。


母体と胎児の健康のために積極的な葉酸の摂取を続けて欲しいと思います。


妊娠しづらいように感じ始めたら、基礎体温計測から始めてみましょう。


たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、女性の体の状態がある程度推測でき、妊娠につなげる手がかりとなるのです。


普通の体温と違って基礎体温は、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るというお約束がありますから、きちんと守っていくことが大事です。


一日忘れても根気よく続けていきましょう。


葉酸というビタミンは、赤ちゃんの健康のため意識して摂取することを、妊娠初期から続ける必要があるくらい大事なものです。


本当にたくさんのメーカーで葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、買うときに大事なのは、葉酸の他に何が入っているか、確かめることです。


普段なら何でもないようなものにも影響を受けるのが妊娠初期なので添加物や香料が最小限に抑えられた、できれば無添加の安全性が高い製品を選ぶのが正解です。


妊活というものは、赤ちゃんが出来るようにするためのもので、どんな時に妊娠が成立するのかを分かった上で、出来るだけ仕組みをコントロールするものだともいえるのです。


それから、最も重要なものといえば、まさしく、栄養だということは容易に理解できるでしょう。


そうは言っても、必要な栄養を完璧に摂るということは難しいことだというのが事実です。


その様な時にはサプリメントがお勧めです。


最近は目的を妊娠に絞り込んだ、妊活サプリなるものも登場しました。


不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。


自治体の助成金制度を利用しても、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす場合がほとんどです。


40歳以上でママになっている人もいるのだし、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。


私はもうじき40歳ですし、色々なものに追い詰められているようで、ストレスも限界です。


21:06
2019年09月11日(水)
【妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、】
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的な研究によって、明らかになっています。


そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品指定のものがあります。


こうした食品は妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。


今から妊活を始める女性に勧めたいのが、まず初めに、ママとなるため体の状態を整えておくことです。


日頃の体の動き方の繰り返しで骨盤に歪みの影響がみられてきます。


そういった歪みのせいで妊娠しにくくなっていることもあるようです。


不妊だったりマタニティだったりを重点的に治療している整体院も登場しています。


妊娠しやすくて、胎内で赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整えるため定期的に骨盤矯正を行って、適正な位置に戻してください。


妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。


ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。


その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。


ヨガによって血行が良くなると、乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。


インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。


適度に体を動かすことは、代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。


ですから、心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。


「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ません。


なぜなら、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。


言うまでもありませんが、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。


実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。


ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を心掛けてください。


生まれてくる赤ちゃんの健康のために、葉酸は多めに摂ることを妊娠初期から心がける栄養素の一つです。


サプリメントやビタミン剤を扱うほとんどのメーカーで主要成分として葉酸が入ったものを販売していますが、肝心なことは、選ぶときに配合されている成分を全て確認することです。


普段なら何でもないようなものにも影響を受けるのが妊娠初期なので合成添加物や香料を排除した身体に余計な負担のない製品を選ぶべきです。


17:18
2019年09月10日(火)
【妊活で必要不可欠なことといえば基礎体温の測】
妊活で必要不可欠なことといえば基礎体温の測定です。


基礎体温を継続的に測ることで身体の状態の把握が可能となり、妊娠しやすい状態になっているのか、はたまたそうではないのか、妊娠の可能性の有無や、排卵日の大体の予測など重要なことがわかるのです。


蛇足ではありますが、基礎体温とは、朝起きてすぐ体温測定を行うことで知る事ができます。


食材から葉酸を多く摂ろうとすると、可食部あたりの含有量で言えば、レバーや枝豆が豊富ですが、葉酸をたくさん摂るためだけに葉酸の多い食材にこだわって食べるのも正直大変です。


上手に葉酸を摂れる方法の一つに手軽なスムージーも良いでしょう。


普通のスムージーと同じ作り方で、ミキサーの中に葉酸を含む野菜の他、味を調えるための果物と水分を入れるだけで、水溶性で熱に弱い葉酸を手軽に摂れるスムージーができあがります。


葉酸と言えば、レバーとかほうれん草とかに多く含まれると知られていますが、そればかり毎日食べるのもあり得ないことで、ちょっとのことで摂取不足になってしまいます。


とすれば、葉酸を摂るための一つの考え方としては食べ物だけでたくさん摂ろうと考えるのではなく、栄養補助食品や薬も取り入れていくことです。


自分に合った方法を早く見つけ、毎日しっかり葉酸を摂るようにしたいものです。


妊活中には、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。


妊活に効果が高いお茶としては、タンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。


これらのお茶はカフェインが入っていません。


妊活中の女性にも赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。


中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという話ですから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。


妊娠してから時間をおいて、葉酸が不足気味だったと知った場合、手遅れと言うことはありません。


早急に手を打ってください。


胎児が母体内で順調に育ち、無事生まれてくるには生まれるまで葉酸を摂っていくことが理想的です。


葉酸が十分に摂取できていなくて、もっと葉酸を摂らなければならないと思ったら、どんな手を使ってでも妊娠中に必要な量の葉酸を摂るよう対策を考え、手を打たなければなりません。


16:30
2019年09月09日(月)
【心身のバランスを良くしてくれると言】
心身のバランスを良くしてくれると言われているアロマは、妊活にも効果があります。


待合室にアロマを使っている病院もあるぐらいです。


アロマのうちでもローズは妊活をしている女性には人気の香りの一つです。


ホルモンバランスを適正に保ち、精神的なストレスを解消させる効果を持っています。


同じくストレスや不安な気持ちをなくして、妊娠には不可欠な女性ホルモン分泌促進作用を持つイランイランも妊活には効果的でしょう。


ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。


葉酸は、ビタミンBの一種で、主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。


妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。


摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を下げる効果が認められています。


理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、受胎前から妊娠初期の方には1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。


食材だけで摂取することが難しいと考える方は、サプリメントを活用するのも良い選択だと思います。


昨今の日本では、妊活がスムーズにいかないという夫婦も多数いることが予想されます。


少子高齢化が問題視されていますが、子供を作りたくてもできず、四苦八苦している夫婦というのは多くなってきています。


国はもっと総力を結集して、もっと子供が作りやすく育てやすい環境を持った国に変わっていくべきです。


妊娠初期に摂らなければならない栄養素として、葉酸が知られています。


けれどもやみくもに多く摂れば良いというものではなく、過剰摂取すると全身にわたる副作用が起きることもあります。


主な症状は、食欲不振、吐き気、じんましん、発熱などでその人の体質や摂った量によっていろいろな副作用が起きますが、時には子供にまで影響が及んでしまいます。


赤ちゃんと自分のためだと言ってもくれぐれも過剰摂取にならないようにしてどんな栄養補助食品や薬にも標準摂取量があるので、しっかり守らなければなりません。


葉酸サプリは妊娠初期からずっと飲んでいたのですが、問題なく妊娠中期に入った直後にそういえばカルシウムも摂らないといけなかったと思い、今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。


いつのまにか、牛乳が合わない体質になっていたことを知らなかったので、お腹の調子が悪くなってしまいました。


それから、妊娠後期には鉄欠乏性貧血になっていて鉄剤を飲む羽目になりましたが、結果的には、始めからカルシウムや鉄分が入っているマルチサプリメントにしていれば良かったのかもしれないですね。


15:42
2019年09月08日(日)
【妊活の最中はいつにも増して色々と】
妊活の最中はいつにも増して色々と気を使わなければなりません。


一例として、風邪薬を飲むことについては、そんなに大きく影響することはありません。


ですが、子供を授かることになにかよくない影響が出たら、と気になってしまうのなら服用をしても大丈夫かどうか、かかりつけ医に話を聞いてみましょう。


積極的に果物を食べるようにすることは、妊活中の体にも良い効果が期待できます。


とはいっても、ただ摂取するのではなく、さらに妊活に効果が出るような食べ方が出来たらもっと嬉しいと思います。


調べてみてわかったのですが、果物には体を温めて冷えをとってくれる効果が期待できるものも存在するようです。


具体的には、さくらんぼとかりんご、ぶどうにオレンジ、桃などの果物が当てはまるのですが、そのまま食べる事が難しいという場合は、ドライフルーツでも大丈夫です。


どんなビタミンもそうですが、葉酸も人には欠かせないものです。


よほど食生活が偏っていなければ、サプリメントなどの必要はないとされますが妊産婦、とりわけ初期は、胎児の発育にとって葉酸が不可欠のため手段を問わず、十分葉酸を摂取しないとたちまち葉酸不足に陥る可能性もあります。


葉酸を摂るためのサプリメントなどの開始時期は、なるべく、妊娠に気づいたらすぐ服用を始めるのが最も効果があります。


また、妊活中の女性は意識して摂取して欲しいという意見もあることを知っておいてください。


女性にとって、妊娠中に必要な葉酸の摂取量は妊娠していない人より多くなり、倍近くの量である480μgを毎日摂取すると最もよいといわれています。


葉酸の重要性は知られていますが、摂りすぎには十分注意してください。


所要量を大幅に超える葉酸を摂ると、発熱や身体のかゆみと言った症状を引き起こす可能性があるので、たくさん摂れば良いというものでもないのです。


葉酸が多く含まれている野菜についてですが、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜と呼ばれるものが該当します。


赤ちゃんを授かったあと、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、胎児の先天異常を発症させにくくするそうです。


毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。


納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることを勧めたいものです。


15:12
2019年09月07日(土)
【そろそろ赤ちゃんを授かりたくて妊活を開始する女】
そろそろ赤ちゃんを授かりたくて妊活を開始する女性がやるべきことは最初に体の調子を整えて母となる準備をすることですね。


毎日の体の動かし方の癖で特に骨盤にゆがみが出てきます。


体や骨盤の歪みが妊娠の妨げになるともいわれています。


不妊だったりマタニティだったりを重点的に治療している整体院も登場しています。


妊娠しやすくて、胎内で赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整えるため骨盤矯正を行いましょう。


実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。


妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる可能性が高くなるそうなのです。


胎児の栄養は全て母体から賄われています。


胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、普段の食事にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。


どんなビタミンもそうですが、葉酸も人には欠かせないものです。


普段の生活の中では、食事だけで葉酸が十分摂れている方が多いのですが、妊娠初期は、胎児の発育のため特に必要なので必要な量の葉酸が毎日摂れるようでないと葉酸が足りないことになってしまいます。


葉酸を強化して摂るために、サプリメントなどをいつから飲めば良いかとなりますが、極力、妊娠の判明から間を置かずに始めるのが最も効果があります。


理想的には、妊娠を希望したときから摂っていって欲しいという説もあるので、どんなに早く葉酸を摂り始めても問題ありません。


私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。


結婚して3年目くらいまでは、タイミングを見計らって努力しても、出来ない時は出来ないのだと感じました。


親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、焦ったり悲しかったりでした。


病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤が有効というので試してから、早々に妊娠が発覚しました。


薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。


暑い時期が来ると、自然とキンキンに冷えた飲み物を飲みたいと思いがちですが、女性の中でも妊活をしている方はなるべく体の冷えを招く飲み物というのを避けるほうがベターだと言えるでしょう。


逆に、飲み物でも温かいものを飲んでいれば血の巡りがよくなって、妊娠しやすくなれるでしょう。


その他の生活全般においても体を冷やさないように気を付けてください。


14:42

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++