今話題の葉酸、妊活について解説していきます


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年07月17日(水)
【重要な葉酸の役割として、血液の滞りを防ぎ、血行を良】
重要な葉酸の役割として、血液の滞りを防ぎ、血行を良くすることは従来から挙げられています。


末梢に血液が行きわたらないといろいろな不調を引き起こすもので、腰や肩が痛い、凝るという局部症状の他、冷え性や不妊といった全身症状にもつながると言われるのでそういう悩みをお持ちの方は葉酸の摂取量を増やすことを考えてみると少しずつ良くなってくるかもしれません。


このとき、ビタミンEも摂るようにすると血行改善の効果はさらに高くなります。


葉酸は加熱によって失われやすいため、葉酸摂取を目的とした調理において、注意してください。


出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱が必要な食材やメニューの場合、長時間の加熱は避けて、サッと熱を通す程度にした方が良いです。


いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、葉酸のサプリメントを活用するのが一番簡単だと言えますね。


妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたらしてくれます。


中でも特に適切な葉酸摂取が、胎児の先天的脳障害のリスクを下げる事に繋がるという点は最も注目したい効果です。


ですから、妊娠を計画をしている方は、葉酸の効果を十分に発揮するためにも、定期的な葉酸を摂取することが大切です。


毎日の葉酸摂取を手軽に行いたい、と考えている方には、葉酸サプリをおススメします。


サプリでしたら定期的な葉酸摂取が難しくないですから良い方法ではないでしょうか。


葉酸が多く含まれている野菜についてですが、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。


病院の検査で妊娠が分かってから、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の先天異常を発症させにくくするそうです。


とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを勧めたいものです。


女性にとって、妊娠は生活や気持ちの持ち方が変わる要因となるため変化で身体がストレスを感じ、自律神経がバランスよく働かないこともありえます。


いわゆるつわりは、妊娠初期のホルモンバランスの変動、もしくは毒素の排除によって引き起こされるのですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じる場合も少なくありません。


葉酸は、ストレスへの耐性を高める働きがあり、そのことで結果的につわりを軽くする効果があるとされます。


16:30
2019年07月16日(火)
【黒豆茶をご存知ですか?黒豆茶を妊活中に飲むこ】
黒豆茶をご存知ですか?黒豆茶を妊活中に飲むことはとても合理的なものだと言えます。


理由は、黒豆茶がノンカフェインなので、妊活中の女性には嬉しい飲み物であることは間違いありませんし、黒豆茶に含有しているイソフラボンが妊活に必要な女性ホルモンに似た作用をするからなのです。


イソフラボンを十分に摂っておくとホルモンバランスを正常に整えてくれる作用がありますので、積極的にホットにした黒豆茶を飲むのが良いと思います。


ありがたいことに、最近はかなり一般的になりましたが、妊娠中に葉酸をたくさん摂るだけでなく、授乳が終わるまできちんと摂って欲しいのです。


生後間もない赤ちゃんは、言うまでもなく盛んに細胞分裂を進めながら急速に発達していくのです。


いうまでもなく、そこで葉酸が必要になるのです。


さらに、葉酸は産後の母体回復や授乳にも重要な役割を果たしており母子どちらからも求められる栄養素なので、妊娠を希望したときから、赤ちゃんがミルクや離乳食で栄養を摂れるようになるまでの間、ぜひ葉酸を摂り続けて欲しいと思います。


女性は、妊娠によって生活や精神状態に変化が起こります。


そのため変化がストレスとなって感じられ自律神経のバランスを崩すこともあると考えられます。


妊娠初期から中期にかけて起こるつわりは、ホルモンバランスが変化することや、身体が毒素を排除しようとすることで生じるというのが定説ですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じるものでもあるようです。


母体にとっての葉酸は、神経系の働きを調整する役割を果たしています。


そのため副次的につわりの軽減も果たせるのです。


妊娠したら葉酸を多く摂った方が良いとあちこちで聞かれますが、葉酸を妊娠前から意識して摂ると受精率と着床率のアップにつながることが判明しています。


受精から着床を終えるまでの間に細胞分裂が盛んに行われるため、このときこそ葉酸が必要とされるのです。


ということは、妊娠の成立にも葉酸は必要になりますし、もちろん胎児の発育にとっても出産まで必要になってくるものですから、妊娠を望んだときから、授乳終了までの間、葉酸の摂取を続けることがベストだと言えます。


妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。


妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に適切に葉酸が補給されないと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれるリスクが高くなるという話があります。


こうした事を踏まえ、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。


16:24
2019年07月15日(月)
【赤ちゃんがお腹にいる女性なら、順調に赤ちゃんが】
赤ちゃんがお腹にいる女性なら、順調に赤ちゃんが育つようにするため欠かせない栄養素が「葉酸」でしょう。


名前の「葉」から連想してキャベツ、レタスなどの葉物野菜を食べれば摂取できるように思われがちですが、果物にも案外豊富に含まれ、例えば、イチゴには100gあたり90μgの葉酸が含まれます。


妊娠中の葉酸所要量は通常のほぼ倍なので、豊富に含まれる食材は何か、調べておいて毎日の献立の中に上手く取り入れてください。


近年の日本における先天性奇形の発生率は出生数全体の約4%とされています。


奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、そのリスクを低くできる栄養素が葉酸だということが知られるようになってきました。


とりわけ、胎児が細胞分裂を盛んに行っている妊娠初期の葉酸摂取はとても大事であり、妊娠している女性には、葉酸が必ず摂取しなければならないビタミンだと言い切っても全くオーバーではないのです。


なぜ貧血が起こるかと言えば摂取よりも消費される鉄分が多いからだと思われがちですが、実際は様々な原因による貧血があり、いつでも鉄分不足だけが原因とは言い切れないのです。


良質の赤血球を作るためには、鉄分だけでなく葉酸も欠かせないので鉄分を強化して摂っても貧血が改善しない場合、葉酸の摂取も試してみるとより早く貧血が改善されたという例もあるのです。


適切な葉酸の摂取の結果、お腹の中の赤ちゃんの先天的な神経管障害が発症しにくくなることが明らかになりました。


そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が勧告しています。


実際に葉酸サプリや補助食品の充実も、葉酸の効果を裏付けているものだと言えますね。


また、こうした食品の中には特定保健用食品に指定されているものもあります。


こうしたものは、安全性と有効性の高さから私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースがあるようです。


ご夫婦で妊娠を考え始めた際、葉酸の効果が注目されています。


葉酸はもともとビタミンB群の一つとされてきましたが、近年はビタミンMと呼ばれることもあります。


赤血球を作るのに役立つだけでなく、細胞分裂を盛んにするためにもなくてはならないビタミンなので、ご夫婦で摂ることが大事になってくるのです。


葉酸には子宮内膜をしっかり作る効果もあり、受精卵が着床しやすくなり、妊娠する確率が高くなります。


14:12
2019年07月14日(日)
【難しいことでもありますが、妊活中に】
難しいことでもありますが、妊活中に、心がけたいことといえば、ストレスを避けることです。


ストレスが原因となって筋肉は緊張し、血流が悪くなってしまいます。


その結果、妊娠に重要な役割を果たす卵巣や子宮の機能が落ちます。


あなたが仕事をしている女性でストレスを強く感じており、生活習慣の乱れもあるなら、仕事を休ませてもらうことも考えてみた方がいいのではないでしょうか。


私も好きなのですが、妊活中でも、コーヒーのようにカフェインが入ったものが好きで、「よく飲んでいますよ」という方は用心しておいてください。


コーヒーに含有されているカフェインという物質は体を冷やす作用があります。


体が冷えることによって血液循環が悪くなると、子供が出来る時に大事な役目を果たす子宮の機能も下がってしまいます。


コーヒーが好きな人もいるかもしれませんが、摂取は控えめにした方がいいでしょう。


葉酸が豊富な食材というと可食部あたりの含有量で言えば、レバーや枝豆が豊富ですが、身体に良い効果がある葉酸をたくさん摂りたいという理由だけで、葉酸の多い食材にこだわって食べるのもとうてい現実的ではありません。


葉酸が多い食材をまとめて食べるためには、スムージーはいかがでしょうか。


普通のスムージーと同じ作り方で、ミキサーの中に葉酸を含む野菜の他、味を調えるための果物と水分を入れるだけで、あっという間に仕上がってしまうのです。


お腹の赤ちゃんに神経系障害が起きるリスクを下げるために、他の栄養素にも増して、葉酸を摂ることが大事です。


妊娠している女性は、葉酸を強化して摂取することを近年は厚生労働省も推奨しているのです。


葉酸は水溶性で熱に弱いのでごく当たり前の食事をとっている限り妊婦に求められる量の葉酸は摂取できないでしょう。


足りない分はサプリなどを飲んで妊娠中の葉酸所要量を満たせるくらいは摂るように努めてください。


葉酸サプリは妊娠初期からずっと飲んでいたのですが、なんとか妊娠初期を過ぎて、中期に入ってからカルシウムの摂取が足りないのではないかと思い、毎日たくさんの牛乳を飲みました。


今までそんなことはなかったのですが、牛乳が合わなくなっていて吐き気がして、お腹を壊してしまいました。


そして、妊娠後期に入ると、鉄欠乏性貧血ということで鉄剤のお世話になりましたが、妊娠初期のうちからカルシウムや鉄分が摂れるサプリを探して飲むべきでしたね。


13:42
2019年07月13日(土)
【パッと見では何の関係もなさそうなのですが、実は妊娠と歯】
パッと見では何の関係もなさそうなのですが、実は妊娠と歯の健康とには強いかかわりがあるということが明らかになっています。


近年の研究により、自覚なく多くの人が罹病している歯周病の影響によって早産であったり、低体重児であったりの危険性を上げるそうです。


妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。


妊活をしていて、かつ、しばらく歯科にかかっていないという方は出来るだけ早く、行って診てもらいましょう。


葉酸の摂取については、赤ちゃんを授かった事が分かってから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。


ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。


例えば、赤ちゃんのためだけに葉酸を摂取している方は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも構いません。


でも、葉酸には様々に活躍してくれます。


例えば、体のバランスを整えるために葉酸は不可欠の栄養素ですので、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。


妊活中は極力、体を冷やすことを避けたいものだと思います。


冷えは血行不良を引き起こしますので、妊娠のために必要不可欠な子宮や卵巣の機能を低下させているおそれがあります。


冷えは体の末端から始まりますので、もし、冷えを感じているならば、「冷えとり健康法」などの簡単な方法で体を温めて、冷え性を改善するようにしましょう。


このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸が注目されている事をご存知ですか?葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、適切に摂取を続けることで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。


具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。


赤ちゃんの健やかな成長を促すために、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、葉酸の摂取を心がけてみてください。


妊婦には葉酸と聞いて、積極的に摂ろうとしている方もけっこう見受けられます。


誰もが知りたいのは、どんな食材から葉酸がたくさん摂れるのか、ですよね。


名前が「葉」の「酸」なので、確かにほうれん草などの葉物に多く含まれます。


意外なところでは、マンゴーからも多くの葉酸が摂れます。


私の場合、妊娠に気づいたのは夏だったので、マンゴーが安くお医者さんにも勧められて食べていました。


食物繊維もたくさん摂れるので、便秘にも良いようです。


13:36
2019年07月12日(金)
【胎児が先天性の神経系障害を起こす危】
胎児が先天性の神経系障害を起こす危険性を低くするためにビタミンB群である葉酸の効果が認められています。


女性は妊娠中、葉酸を積極的に摂ることを厚生労働省もすすめているくらいです。


葉酸は水溶性で熱に弱いのでごく当たり前の食事をとっている限り妊娠している女性の所要量は満たせません。


サプリメントなどで不足分を補うようにしてリスク低減ができるくらいの葉酸を毎日欠かさず摂ってくださいね。


野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜の野菜です。


病院の検査で妊娠が分かってから、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。


葉酸の摂取で、先天異常の発症リスクが抑えられるという報告があります。


ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取をおススメします。


妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。


中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。


ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。


「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。


少し息が上がる程度に体に負担をかける事で、凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。


心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、ぜひ実践してみてください。


妊娠して、葉酸をたくさん摂らなければと思っている方が多いのではないでしょうか。


当然知らなければならないのは、食材の中で、葉酸をたくさん摂れるのは何なのかでしょう。


葉酸という名から考えても、確かにほうれん草などの葉物に多く含まれます。


意外なところでは、マンゴーからも多くの葉酸が摂れます。


私の妊娠がわかったのは、マンゴーの旬である夏だったのでお医者さんにも勧められて食べていました。


食物繊維も豊富なので、便秘予防にもなりますよ。


一度流産を経験しました。


しばらく経ってから、また、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、妊活について調べるようになりました。


身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私は運動することを思いつきました。


結果は、意外とうまくいきました。


新陳代謝が上がったため、基礎体温があがって、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。


12:18
2019年07月11日(木)
【身体に良いといわれるビタミンの一つが葉酸で、できる限】
身体に良いといわれるビタミンの一つが葉酸で、できる限りたくさん摂取しようとサプリメントなどを標準量の何倍も飲む方もひょっとしたら身近にいませんか。


過剰に葉酸を摂取することが続くと体のあちこちで悪い作用をします。


症状は人によって異なりますが、発熱、じんましん、かゆみなどです。


呼吸障害が起きる重篤な例もあります。


1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限です。


摂りすぎにならないよう、栄養補助食品やサプリメントの服用には気をつけましょう。


毎日あわただしく過ごしている妊活中の女の人に妊活のアプリが人気を集めています。


基礎体温を記録することが出来たり、大体の排卵日の予想までしてくれたりと上手くアプリを活用することで妊活に役立てることが可能です。


女性向けばかりではなく、中には男性向けに作られたアプリも登場しています。


妊娠する可能性が高い日を教えてくれるものもあり、子作りのタイミングを自然に男性の方に分かってもらえるでしょう。


妊活を行っている時は普段以上にストレスを溜めないように留意することが重要です。


そういった意味から、入浴中のリラックスは大事ですが、体に負荷をかけない方が無難だという立場から言うとお湯の温度が高すぎたり、入浴時間が長くなりすぎるのを避けた方がよいでしょう。


意外ですが熱は、悪い影響を与えてしまうのです。


多く摂らなければならないのは妊娠初期と、葉酸は有名になっています。


葉酸は何に多く含まれるかを挙げると、野菜、特にほうれん草、モロヘイヤなどの青菜が多く含んでいます。


加工食品の中では、納豆に多く含まれます。


海藻類や海苔なども葉酸が含まれているので毎日、少しずつでも欠かさず食べられると理想的です。


また、葉酸を含む果物といえばイチゴで、間食にはちょうど良いと言えます。


出来るだけ早く子供を授かりたくて妊活を行う時、適切に栄養を摂ることは不可欠です。


肥満はよくないですがダイエットという考え方は一度忘れ、体に必要な栄養を摂りましょう。


間食は栄養を摂る目的と捉え、食べ過ぎに気を付ければ、ストレスを解消するという意味でも適しているでしょう。


11:54
2019年07月10日(水)
【データによると半数以上の女性】
データによると半数以上の女性は自分は冷え性だと感じているそうです。


冷えは妊活には禁物で、体を冷やさないようにすることも、大事な妊活の一環です。


そんな時、腹巻とか冷え取り靴下などが冷えの解消の手助けになります。


こういったものを使って以来、本当に妊娠することが出来たという声もあり、容易にできてしかも効果もありそうな妊活だと考えられます。


不妊の一因は冷え性だともいわれています。


体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害や子宮の機能が低下して妊娠しづらくなるのです。


このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。


血行を良くして、自然な代謝を促進し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。


冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。


葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって重要な働きをする栄養素なのですが、もし葉酸が不足したら、どのようなリスクがあるのでしょうか。


実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。


そのため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天性の障害などを発症するリスクが高まるという研究結果が報告されました。


それだけでなく、葉酸の摂取はダウン症になるリスクを低減してくれるため、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。


真剣に妊娠を計画している方は、まずは産婦人科等で不妊検査を受けましょう。


体に問題が発見されない場合でもその道のプロから妊活が捗るようなアドバイスを貰えますし、基礎体温を測ることで排卵の周期を測ってタイミングのよい性生活の指導もしてもらえます。


妊娠が発覚する前段階で自発的に産婦人科を利用し、効率的な妊活をすすめてみましょう。


葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんも少なくないですよね。


実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、熱を加えてしまいますとどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。


葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。


11:00
2019年07月09日(火)
【妊娠初期こそ、葉酸を多めにとって欲しい時期】
妊娠初期こそ、葉酸を多めにとって欲しい時期です。


だとすれば、多く摂る期限はいつまでかとなりますが、授乳が終わるまで多めに摂取できればベストです。


そんなに長い期間と言われそうですが、最短でも、妊娠中期までの間は葉酸を多く摂るよう心がけてください。


葉酸を摂るのは子供のためだけではありません。


母体を健康に保つためにも重要な栄養素であり、欠乏しないように絶えず注意を払ってください。


お腹の赤ちゃんのために葉酸をしっかり摂らなければならないと思う方も増えているようです。


頭に入れておいて欲しいのは、葉酸を多く含んでいる食材は何かということです。


葉酸という名から考えても、確かにほうれん草などの葉物に多く含まれます。


それから、マンゴーからも葉酸が多く摂れるので、妊娠の診断を受けたのが夏だったため、産院のお医者さんにも食べることをすすめられました。


便秘予防効果もあるそうで、それも良かったと思います。


 妊活の最中は飲み物にも注意しましょう。


カフェイン入りの飲料は着床を妨げたり、体を冷やす要因にもなるので避けた方がよいです。


体を温めてくれるような効果を持つお茶のうちノンカフェインのものが適しています。


具体的には、ミネラル分をたくさん含むルイボスティーや、漢方薬でもあるたんぽぽ茶などは適しているでしょう。


葉酸の摂取期間についてお話しします。


皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において必須です。


では、妊娠後期の妊婦には葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。


しかし、そうではないのです。


胎児が先天的な障害を発症する可能性を減少させるという有効性に限った話では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が最も注意する期間ですから、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。


妊活をしている時は食べるものも体を温めるものを選択しましょう。


大根、ごぼう、人参といったような土の下に根を生やしているような野菜類は、積極的にとりいれると、体を温めてくれるでしょう。


それとは逆に、身体を冷やす効果がある野菜は、きゅうりやなす、トマトなど夏に穫れる野菜が多いです。


果物に関していうと、デザートとして少ない量を食べるだけならまだしもジュースの場合はたくさん飲んで体を冷やしてしまいやすいですから、温かい飲み物がよいと思います。


08:48
2019年07月08日(月)
【女の子を授かることを目指し、どうやったら産み分けが】
女の子を授かることを目指し、どうやったら産み分けができるのか、本やサイトを全部調べ上げました。


野菜中心の食事で女の子だとか、肉食だと男の子だなどと本当に産み分けができるかは何とも言えないようですが、可能な限りの方法を試してみました。


あれこれ試している中で新しい命を授かって、つわりでかなり辛かったときも必要な量の葉酸を摂るように努めたのが良かったのか、待ちに待った女の子の誕生を迎えることができました。


ビタミンとしての葉酸は、食事から摂取するだけでなく、サプリや強化食品、錠剤などを使って毎日所要量が摂れるようにした方が良いのです。


また、妊娠中から授乳が終わるまでの女性など通常よりも多くの葉酸を摂らなければならないにもかかわらず食事だけでは葉酸の摂取量が所要量に満たないとき、あるいはかなり悪性の貧血を改善するために鉄分とともに、良質の赤血球を増やす目的で筋肉注射で補う場合もあります。


暑い時期が来ると、うっかり「冷たいものが飲みたい!」と思ってしまうことが多いですが普段はもちろん、妊活している時には可能な限り体を冷やしてしまう飲み物を避けるほうがベターだと言えるでしょう。


それに対して、ホットな飲み物をとることは血行が改善し、妊娠に必要なホルモンの働きも活発になります。


飲む物に関してもそうですが、それ以外にも生活全般において体を冷やさないように気を付けてください。


神経管閉鎖障害など、胎児が神経系の障害を起こす危険を下げるためには母体は葉酸を摂らなければなりません。


女性は妊娠中、葉酸を積極的に摂ることを推奨しているのが厚生労働省です。


葉酸は水溶性で熱に弱いのでよほど毎食毎食意識しないと妊婦の所要量を摂り続けることはとうてい困難です。


サプリメントなどで不足分を補うようにして所要量を満たせるだけの葉酸を摂れるようにしていきましょう。


人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず全身の血行促進が有名でしょう。


末梢に血液が行きわたらないといろいろな不調を引き起こすもので、腰痛、肩こり、冷え性、不妊なども血液循環が原因とされているので、なかなかそれらの症状がよくならないというなら、意識して葉酸を多く摂るようにすると少しずつ良くなってくるかもしれません。


その際、ビタミンEの摂取も行うと血行改善効果は相乗的に高まると言われます。


03:30

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++