今話題の葉酸、妊活について解説していきます


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年07月27日(木)
【子供は結婚後できるだけ早く欲しか】
子供は結婚後できるだけ早く欲しかったので、何冊かの女性誌の特集記事で葉酸の摂取は、妊娠の前から続けていくと赤ちゃんの発育に良く、先天性障害の危険性を低下させる働きもあると、同じことが書かれていたため、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。


これはいつまで飲んだら良いのか気になって確かめてみましたが、過剰摂取だけ気をつければ赤ちゃんの発育にも母体にも、葉酸はずっと必要だと書いてあったので、無事生まれてくるまでサプリメントを飲むつもりです。


妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。


不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。


妊活中において、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。


ビタミンの一種である葉酸には、貧血を防ぎ、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、他には、精子の染色体異常を軽減し、健全な精子を増やしてくれることが分かっています。


ですので、夫婦どちらに対しても効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。


妊活の最中はいつにも増してさまざまなことに気を付ける必要が出てきます。


風邪薬の服用について言うと、、それほど目立って影響するということはないと言っていいでしょう。


そうはいっても、少しでも妊活に悪影響を及ぼさないか気になると考え出すと止められない場合は、問題はないのかどうかを医師に確認してください。


妊活中に、出来るだけ母体に良い食事をしようと考える方にとって、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。


一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はタンポポ茶やルイボスティーなどの名前が挙がりますね。


これらはノンカフェインなので、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。


中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという事ですので、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。


葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんも多いと思います。


ですが、葉酸というものは熱に弱いため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、総合的な摂取量としては十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。


12:36
2017年07月26日(水)
【最近、葉酸が身体に良いと言われる】
最近、葉酸が身体に良いと言われるようになり、水溶性で身体に蓄積されにくいのなら、いくら摂っても良いと大量摂取に走る方もいそうな気がしますが、所要量を大幅に超える葉酸を摂り続けると体のあちこちで悪い作用をします。


多くは発熱、じんましん、かゆみなどですが、最悪の場合、呼吸障害を起こし、命に関わる大変な事態になることもあります。


葉酸にも摂取の上限があり、成人で1日あたり1000μgとされます。


サプリメントの大量摂取には要注意です。


一度目の妊娠の時、流産してしまいました。


とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、1年くらい経ってまた、妊娠に向けて前向きな気持ちを持てるようになり、妊娠に向けて、準備を始めるようになりました。


身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性を改善するために運動で体の調子を整えることにしました。


結果は、意外とうまくいきました。


新陳代謝が上がったため、基礎体温が高くなったので、冷え性が改善したんです。


お腹の中の赤ちゃんが健康に育つためにも、赤ちゃんがほしいと思っている方も積極的な摂取が叫ばれている葉酸ですが、日常的に葉酸が含まれたサプリを摂取した場合の効能は簡単な血液検査を受ける事で確認することができます。


くわえて、この葉酸以外にも注目すべき成分値にビタミンB12のことを忘れてはいけません。


過剰な葉酸の摂取によって、ビタミンB12が足りなくなっても判断しにくくなってしまう事があります。


データによると半数以上の女性は自分は冷え性だと感じているそうです。


冷えは妊活には禁物で、こういった冷えを改善させることも妊活において最も重要なことの一つです。


ということで、冷えを解消させるのに一役買うのが、腹巻や冷え取り靴下です。


事実、これらの使用により妊娠出来たという人も多く、簡単にできて効果もそれなりにある妊活だと思われます。


なかなか妊娠できないという人は、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。


基礎体温表をつけていくとその変化で、女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠につながる対策を講じることもできるのです。


基礎体温表を作るには、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという注意点もあるので、習慣的に続けていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。


12:00
2017年07月25日(火)
【あなたは「妊活」という言葉を知ってい】
あなたは「妊活」という言葉を知っていますか?これは、そのままの意味で、妊娠するためになされる活動のことです。


性交をしさえすれば、必ず妊娠が成立するということはなく、子供を産み育てたいという夫婦にとって、妊娠しやすくするための活動ということになります。


それと同時に、元気な赤ちゃんを産むためにする数々の方法も含まれます。


女性にとって、妊娠中に必要な葉酸の摂取量は妊娠する前に比べて増えます。


妊娠前のおおよそ2倍の480μgを摂り続ければ理想的だとされます。


葉酸は母体にも胎児に重要な栄養素ですが、過剰摂取にならないよう気をつけましょう。


葉酸を過剰に摂ることで熱が出たり、全身がかゆくなったりという症状を起こしてしまうこともあります。


毎日たくさん摂るのも考えものです。


一度目の妊娠の時、流産してしまいました。


とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、しばらく経ってから、やっぱり子供が欲しいと思い、妊活を始めました。


今回の妊活では体づくりにも注意しました。


冷え性がひどく、夏でもカーディガンを手放せなかった私はまず運動で、体を変えてみようと思いました。


結果は、意外とうまくいきました。


新陳代謝が上がったため、基礎体温が高くなったので、悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。


一般的に、妊娠中は当然のこととして、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、普段の生活を送っていると、葉酸の摂取を怠ってしまう場合もあります。


葉酸の摂取不足は妊婦さんに共通する悩みですが、一番おススメしたい解決策は、葉酸サプリです。


葉酸サプリであれば、普段の食事を変えることなく気軽に摂取できるため、継続的な葉酸摂取も容易です。


ですから、食事での葉酸摂取に不安がある方も大丈夫なんですよね。


不妊症から妊活を始めると、妊活も長期化しすぎると、心身ともに耗弱してしまいます。


ですので、あらかじめ期間を決めておいて、徹底的に夫婦で力を合わせて頑張ろうという形で最初に決めておくことが理想的かもしれません。


妊活を続ける期間を決めておけば、夫婦でよく話し合って決めたことだから決して諦めないで、がんばっていこうと前向きに気持ちを持続させることができるはずです。


11:54
2017年07月24日(月)
【妊娠に気づくのが遅かったなどで、後から所要量の葉】
妊娠に気づくのが遅かったなどで、後から所要量の葉酸が摂取できていないとわかったら一日でも早く葉酸摂取を始めてください。


子供がすこやかに発育し、生まれてこれるように葉酸が常に欠かせません。


様々な理由で葉酸がきちんと摂れていなくて、もっと葉酸を摂らなければならないと思ったら、早急にアクションを起こして必要な量の葉酸を摂取するべく、できる手段をとっていきましょう。


栄養素の中でも、葉酸は子供の発育のため、多めに摂ることを妊娠初期から心がけることが大事な栄養素です。


本当にたくさんのメーカーで葉酸を強化した製品が販売されていますが、注意しなければならないのは、買うときに葉酸の他に何が入っているか、確かめることです。


普段なら何でもないようなものにも影響を受けるのが妊娠初期なのでできるだけ無添加無香料の安全性が高い製品を選ぶのが正解です。


神経管閉鎖障害など、胎児が神経系の障害を起こす危険を下げるためには他の栄養素にも増して、葉酸を摂ることが大事です。


女性は妊娠中、葉酸を積極的に摂ることを最近になって厚生労働省でもすすめるようになりました。


毎日きちんと葉酸を摂ろうとすると普通の人の、一般的な食生活では胎児の発育に必要な量の葉酸を確保するのは、相当難しいでしょう。


サプリなどを補助的に使って、葉酸の所要量を確保できるくらい毎日欠かさず摂ってくださいね。


赤ちゃんを授かったという事で産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、地域などで行われる母親学級に参加された方も多いのではないでしょうか。


こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。


一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。


ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。


食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱すると分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。


妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天性神経管異常といった障害を発症させにくくするという効果が科学的な研究によって、明らかになっています。


そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が勧告しています。


実際に葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品に指定されているものもあります。


こうしたものは、安全性と有効性の高さから妊婦に特に利用されているといったこともあるようです。


11:42
2017年07月23日(日)
【妊娠しやすい体づくりのための生活を】
妊娠しやすい体づくりのための生活をする妊活ですが、肉体的なアプローチとして行っていただたいものと言えば、歪んだ骨盤を整える事なんですよね。


妊活中の体に適した簡単な体操などを教えてくれる動画がたくさん見られるようになってきました。


妊娠のための重要な器官は骨盤内に納まっています。


そのため、骨盤の歪みを取って血行を正常に戻してあげれば体の内部から温まり、妊娠しやすくなるということです。


妊娠初期の胎児にとって非常に重要と言われるのが、ビタミンの一種の葉酸です。


葉酸は何に多く含まれるかを挙げると、野菜の中でも、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いとされます。


納豆は加工食品ですが、葉酸が多い食材です。


また、海藻類や海苔も案外葉酸が豊富です。


毎日の献立の中に入れていき、意識的に食べれば、所要量は自ずと満たされます。


果物の中では、イチゴが葉酸を多く含んでいるので他の栄養素を摂るためにも、おやつにおすすめできます。


葉酸の性質として、水に溶けやすいということがあるので空腹時に最も吸収されやすいため、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それはベストなのが食間です。


一日分の摂取量を一度に摂るよりも、何時間かおいて、分けて摂る方が身体に対して良い効果があるとされています。


時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば寝ている間の肝臓の血流量は最も少ないので、就寝前の摂取が最もおすすめの時間帯です。


今の時点で妊活をもうなさっている方はちょっとでも早く赤ちゃんを授かることを望まれていることでしょう。


コツコツと基礎体温の測定や記録、体の冷え防止など基本的に効果のあるものは以前から行っているという人も多いでしょう。


風水の観点から行くと、多くの実を付けるざくろの絵をベッドルームの北の方角に置くと、妊娠しやすくなるそうです。


加えて、寝室そのものも北に位置しているとよりいいと言われています。


女性の場合は妊活中はお酒を飲まないように言われることが普通です。


なぜならば、妊活中であればどの時点でも妊娠している可能性はあると捉え、妊娠に気づく前に、飲酒が胎児に影響を及ぼすことを防ぐという理由です。


また、飲酒が原因でホルモンバランスが乱されたり体を冷やす作用もあるためできるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには避けた方がよいでしょう。


09:12
2017年07月22日(土)
【病院で妊娠の診断が出れば葉酸の摂取がと】
病院で妊娠の診断が出れば葉酸の摂取がとても大事になります。


葉酸が不足しないようにすることで、胎児の発育は促されますし、母体の健康を助けるためにも必要になってくるビタミンです。


他のビタミンもそうですが、葉酸は食事だけでは摂取が難しいものです。


食事だけでは摂りにくい分は補助的にサプリメントや錠剤を使うのも、一つの手です。


妊娠に気づくのが遅かったなどで、後から所要量の葉酸が摂取できていないとわかったら決して遅くはないので、すぐ行動を起こしましょう。


赤ちゃんの発育を助け、健康に生まれてくるために生まれるまで葉酸を摂っていくことが理想的です。


葉酸が十分に摂取できていなくて、葉酸不足の心配があれば、すぐに動き始めて妊娠中に必要な量の葉酸を摂るようできる手段をとっていきましょう。


妊婦が摂取することで胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げるという可能性から、「葉酸」は妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる成分ですよね。


とはいえ、つわりや体調によっては、食べ物から摂るのも難しい時もありますよね。


そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、サプリメントに代表される栄養補助食品を摂取することで適切な量の葉酸を補給できますので、積極的に利用すると良いでしょう。


ビタミンの中でも、葉酸は妊娠中に大事な栄養素とされていますが、やみくもに多く摂れば良いというものではなく、過剰摂取するといろいろな副作用の症状が出てきます。


食欲がなくなる、吐き気が起きる、熱が出るなど様々な出方をしますがまれに胎児の発育にも影響することがあります。


葉酸は水溶性で、体内に蓄積されにくいとはいえ、過ぎたるは及ばざるがごとしなのでそれぞれの薬や栄養補助食品に示された摂取量を厳守しましょう。


葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。


野菜の中では代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。


葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。


それは十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を避けることが出来るという報告があるのです。


理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠を計画している(予定がある)方や、妊娠初期の女性は葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。


手軽に摂るならば葉酸のサプリを利用するのが良いと思います。


08:48
2017年07月21日(金)
【暑い時期が来ると、うっかりよく冷えた飲み物が欲し】
暑い時期が来ると、うっかりよく冷えた飲み物が欲しくなりますが、女性の中でも妊活をしている方は出来る限り体を冷やす飲み物は避けた方が無難でしょう。


その逆に、温かくしてある飲み物を飲むと妊活にもプラスになります。


生活全般で体を冷やさないように気を付けてください。


サプリメントで葉酸を摂取するのは、妊娠初期からずっと続けていましたが、なんとか妊娠初期を過ぎて、中期に入ってからそういえばカルシウムも摂らないといけなかったと思い、牛乳を毎日大量に飲んだのです。


自分の身体には大量の牛乳が合わなかったようで、吐き気がして、お腹を壊してしまいました。


そして、妊娠後期に入ると、鉄欠乏性貧血ということで鉄分を摂るために薬を飲みましたが、後から考えれば、カルシウムや鉄分が妊娠初期から摂れるようなサプリを探して飲むべきでしたね。


心と体のバランスを整えてくれるアロマは、この頃は妊活にも役立てられています。


待合室にアロマを使っているような病院さえあるぐらいです。


妊活をしている女性の間では、ローズのアロマが人気です。


ホルモンバランスの乱れを整え、ストレスを解消してくれるという効果が期待できます。


同じくストレスや不安な気持ちをなくして、女性ホルモンの分泌を活発にするというイランイランも試してみるといいかもしれません。


多く摂らなければならないのは妊娠初期と、葉酸は有名になっています。


食材の中で、葉酸が何に多く含まれるかと言うと野菜の中でも、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いとされます。


加工食品の中では、納豆に多く含まれます。


葉酸を含んでいるのは畑の野菜だけでなく、海藻類、海苔などにも含まれるので、毎日、少しずつでも欠かさず食べられると理想的です。


また、葉酸を含む果物といえばイチゴで、間食で果物を食べたければ、イチゴにしましょう。


妊活中に黒豆茶を飲むことについてですが、実際、合理的な選択だと言えます。


なぜかというと、黒豆茶はカフェインが入っていないので、妊活中であっても問題なく飲むことができますよね。


それに、黒豆茶に含有しているイソフラボンが妊婦に不可欠な女性ホルモンと似通った成分だからです。


ご存知のように、イソフラボンは十分に摂取することで肉体的にも精神的にも、バランスを図ってくれますので、毎日欠かさずあたたかい黒豆茶を飲むようにしましょう。


07:48
2017年07月20日(木)
【友人は妊活中に漢方を欠かさず服用して】
友人は妊活中に漢方を欠かさず服用していたようでした。


彼女の話では、漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。


妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安心感があると思います。


彼女は漢方を続けていたようです。


その効果かどうかはわかりませんが、結果的に命を授かることが出来ました。


彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、みんなでお祝いを計画しています。


近い将来、赤ちゃんを授かりたくて妊活を開始する女性がやるべきことは最初に体の調子を整えて母となる準備をすることですね。


日頃の体の動き方の繰り返しで体の中でも、特に骨盤がゆがみ始めます。


そういった歪みによって妊娠しにくくなることもあるのです。


不妊やマタニティに関しての整体治療院が多くなってきています。


妊娠しやすく、なおかつ赤ちゃんがお腹の中で過ごしやすくするために骨盤矯正を受けてください。


妊活中には食事の内容にも気を配りますが、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。


妊活中におススメなお茶では、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。


これらはカフェインが含有されていませんので、妊娠する可能性の高い女性にとっても、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。


中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があると報告されていますから、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。


「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。


果物では、イチゴが代表的ですね。


あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると知られていますね。


他の果物では、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。


葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースで補給するのも良いですね。


私は結婚後、早く赤ちゃんが欲しいと思い、どの本や雑誌を読んでもサプリメントなどで、葉酸を妊娠する前から摂っていくことが赤ちゃんの順調な発育を助けるという点がみんな同じだったので、さっそく葉酸サプリを飲み始めたのです。


妊娠できた後、いつまで続けたら良いのかと思って調べてみると、一度にたくさん摂らなければ母子双方に葉酸は必要だということだったので、今のサプリメントを出産まで飲もうと思っています。


07:42
2017年07月19日(水)
【葉酸を摂ろうと思うと、レバーの他、ほうれん】
葉酸を摂ろうと思うと、レバーの他、ほうれん草などに豊富だとされますが、毎日、毎食食べると考えればかなりの負担になりちょっとのことで摂取不足になってしまいます。


とすれば、葉酸を摂るための一つの考え方としては食事からの摂取のみで十分な量の確保はできないので、栄養補助食品や薬も上手く活用することです。


葉酸を摂るためにどうしたらいいか、最適な方法を考えて葉酸が不足しないように行動を起こしましょう。


妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。


副作用として体にあらわれる症状としては、例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。


妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。


ですが、それでかえって「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。


葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。


一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。


そうした時におススメなのは、葉酸サプリの活用です。


サプリであれば、一日の摂取量がすぐに分かりますから、きちんと葉酸をとろう、と考えている方には大変便利だと思います。


妊娠後、赤ちゃんのために葉酸を摂取している方へのアドバイスなのですが、葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居るのではないでしょうか。


実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、熱を加えてしまいますと大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。


総合的な摂取量としては足りないという事もあるので、注意が必要です。


葉酸の所要量は、妊娠中の女性の場合、妊娠前と比べて増加します。


倍近い480μgの摂取が最もよいといわれています。


栄養素としての葉酸は、水溶性で体内に蓄積しにくいのですが摂りすぎにならないよう気をつけることも必要です。


葉酸を過剰に摂ることで熱が出たり、全身がかゆくなったりという症状を生じる危険性もあるため毎日たくさん摂るのも考えものです。


不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。


生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、子宮や卵巣の機能が低下することがあります。


また、周囲の期待感や気遣い、時間的制約による焦りが不妊治療中のストレスとなるケースもしばしば見られ、相当悩んでいる人もいるのです。


自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。


07:00
2017年07月18日(火)
【妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄】
妊娠を望む方や妊娠初期の妊婦にとって、重要な栄養素の一つとされている葉酸や、不妊との関係も指摘されている鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。


一般的な生活で摂取できる分では摂取量が足りません。


ですのでサプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。


最近は、こうした不足しがちな成分をすべて含有しているサプリが売られていますので、こうしたものを利用することで、不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。


葉酸の所要量を妊娠中の女性で考えると、妊娠前と比べて増加します。


ほぼ倍にあたる480μgを摂取すると不足にも過剰にもならない量です。


ただし、葉酸が大事な栄養素だといっても、過剰摂取も問題があります。


大量の葉酸を摂り続けると全身の症状として、発熱やかゆみなどを生じる危険性もあるためサプリメントや錠剤の服用も、過剰摂取にならないよう注意すべきです。


なんとなく不妊を疑いはじめたら、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。


平均体温と基礎体温は違います。


基礎体温を見ると体内のホルモンバランスの変化や状態が分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。


基礎体温表は5分もあればつけられますが、毎日、起床時に体温を測るというお約束がありますから、きちんと守っていくことが肝心です。


いまはアプリもあるので気軽にできますね。


葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。


産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。


厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。


ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も多いと思います。


もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。


葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。


ですから、食事によっても、ある程度は摂取できるのです。


妊活は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。


しかし、男性にも出来る妊活があるんです。


それが葉酸の摂取です。


不妊などの原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。


原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。


質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。


06:36

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++