今話題の葉酸、妊活について解説していきます


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年03月24日(金)
【流産や胎児の先天性異常との関係も】
流産や胎児の先天性異常との関係も指摘されており、妊活の必須アイテムとも言われるのが葉酸です。


日常的に葉酸が含まれたサプリを摂取した場合の効能は病院などで血液検査を受ければ分かると思います。


さらに、葉酸以外で気にかけておく栄養素にビタミンB12があるのです。


なぜなら、葉酸の過剰摂取の結果、ビタミンB12の摂取不足が目立ちにくいといったケースがあるようですから、ビタミンB12のチェックも怠らないようにしましょう。


近頃は多くの方が知っていることですが、妊娠中に葉酸をたくさん摂るだけでなく、授乳が終わるまできちんと摂って欲しいのです。


お腹の中にいる間はもちろん、生まれてきた赤ちゃんも体中至るところで活発な細胞分裂を行うことで、発育発達が急速に進んでいきます。


そこでは葉酸の助けを借りなければなりません。


さらに、葉酸は産後の母体回復や授乳にも重要な役割を果たしており母子双方にたくさんの葉酸が必要となってくるため、妊娠前から授乳が終わるまでしっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。


妊活とは何ぞや、というと、言葉のとおり、妊娠をするために行う活動全般のことを指していいます。


当然のことですが、性交すれば絶対に妊娠するかというとそういう訳ではないので、新しい家族を授かりたいと思っている二人にとって確率を上げるための活動ということになります。


加えて、健康な赤ちゃんが授かるようにするために行われるいろいろな活動も含まれます。


パッと見では何の関係もなさそうなのですが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、強いかかわりがあるということが明らかになっています。


最近の研究からわかってきたのですが、自覚なく多くの人が罹病している歯周病の影響によって早産であったり、低体重児であったりの危険性を上げるそうです。


妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。


今、妊活中の方で、ずっと歯医者さんに行っていないという方は今のうちに診てもらうことをおすすめします。


妊娠した女性にとって順調に赤ちゃんが育つようにするため摂取を心がけたいのが「葉酸」といえます。


「葉」がつくくらいですから、キャベツ、レタスなどの葉物野菜を食べれば摂取できるように思われがちですが、果物にも案外豊富に含まれ、イチゴ100gで、葉酸が90μg摂取できます。


普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないので豊富に含まれる食材は何か、調べておいて毎食、確実に摂れると良いですね。


19:36
2017年03月23日(木)
【とりわけ妊活中は、出来るだけストレスを】
とりわけ妊活中は、出来るだけストレスを溜めこまないことが必要です。


なので、お風呂でリラックスするということはいいことではありますが、過度の負担は避けるべきだという観点から行くとお湯の温度が高すぎたり、入浴時間が長くなりすぎるのを控えた方がいいでしょう。


熱は意外と、良くない影響を体に与えます。


妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。


食べ物から摂取しようと葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーを食べるようになったという妊婦さんも少なくないですよね。


しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。


ですから調理のために加熱することで大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。


結果的に、摂取量が足りないという事もあるので、注意が必要です。


妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。


例えば、葉酸です。


妊活中の時から葉酸を摂るように、厚生労働省が勧告していると読んでいる雑誌で特集が組まれていました。


胎児が健やかに育つために必要不可欠な栄養素だと書いてありました。


野菜を十分に摂れない時は、サプリを利用すればお勧めだそうです。


調べてみるといろいろな葉酸サプリが売られている事が分かりました。


安全性が高くて自分に合ったサプリを見つけて、妊活を続けていきたいと思っています。


妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。


とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが一番良いですね。


効率的な摂取のタイミングは、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。


通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。


それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃が荒れるという報告もありますから、必ず胃に何か入った状態でサプリを摂取してください。


日頃食べるものに気を遣ったり、運動を心がけたりなどの妊活を継続して行っていると、やがてくたびれてくる方も居るであろうことが予想されます。


そんな時には気晴らしのためにも子宝にご利益があるという神社に参拝に行ってみては?物は試しで、神頼みしてみることもポジティブに考えられるようになる契機になると思います。


19:18
2017年03月22日(水)
【妊娠中に葉酸が不足すると胎児に異常や障害が起こる原】
妊娠中に葉酸が不足すると胎児に異常や障害が起こる原因となる心配があるのです。


ことに神経管閉鎖障害という異常を招いてしまうこともあり重い障害の例では無脳症となって、流産、死産という結果をもたらします。


そのような障害を引き起こすリスクを低下させるため、妊婦になったら、一日でも早く葉酸を十分に摂らなければなりません。


他の栄養素に優先して、葉酸は子供のために妊娠初期から多めに摂っていくことが大事な栄養素です。


サプリメントやビタミン剤を扱うほとんどのメーカーで葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、必ず行って欲しいのは、購入時に全ての成分をチェックすることです。


妊娠初期は様々な添加物の影響を受けやすいのでできるだけ無添加無香料の身体に余計な負担のない製品を選ぶべきです。


早くお母さんになりたかった私は、どの本や雑誌を読んでも葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると子供が健康に育ち、母体の健康を保つのにも良いという点がみんな同じだったので、妊娠したときあわてないように、毎日サプリメントを飲みました。


後で、妊娠何週目まで葉酸を摂った方が良いのか確認しました。


摂りすぎに注意していれば赤ちゃんの発育にも母体にも、葉酸はずっと必要だと書いてあったので、葉酸サプリメントは無事に出産できるまで飲み続けます。


妊娠がわかった直後から葉酸サプリを飲み続けていました。


なんとか妊娠初期を過ぎて、中期に入ってからカルシウムの摂取が足りないのではないかと思い、牛乳を飲む量を、今までの倍にしました。


妊娠がきっかけだったのか、牛乳が合わない体質になっていたようでお腹がごろごろして、下痢を起こしてしまったのです。


妊娠後期には、今度は貧血と診断されて鉄剤のお世話になりましたが、だとすれば、始めからカルシウムや鉄分も配合されたサプリを探して飲むべきでしたね。


妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居るのではないでしょうか。


しかし、実は葉酸は熱に弱いため調理のために加熱することで葉酸が溶け出てしまっていることもあります。


葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不足している、という場合もあります。


19:18
2017年03月21日(火)
【食品の中でも、葉酸を強化したものには目立つとこ】
食品の中でも、葉酸を強化したものには目立つところに特定保健用食品のマークがあるはずです。


これは消費者庁認可のマークで、食品について申請に基づいて審査をして認可した食品に限定して、マークで表示することを認めているのです。


食品に特定保健用食品のマークがあれば、一定の基準を満たし、認可を得ているという保証がされているので、できれば葉酸の多い食品が良いという場合も判断の目安として役立つものです。


先天性奇形は、現在の日本ではどのくらいの確率で見られるかというと出生数に対して、およそ4%です。


高齢出産などがその要因に挙げられますが奇形のリスク低下に役立つと言われる栄養素こそ葉酸だということが知られるようになってきました。


ことに最も胎児の細胞分裂が盛んな時期、妊娠初期の間に摂取することが最も重要で、妊娠している女性には、葉酸が絶対欠かせない栄養素と言っても言いすぎることはありません。


実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。


葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが増加するという報告があるのです。


受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普段の食事にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。


サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。


果物と野菜の両方の特長を併せ持ったクリーミーな味わいが持ち味のアボカドは、他の果物や野菜と比べても、葉酸が多く含まれる食材です。


人の身体にとって、葉酸は皆さんの予想以上に有用なものです。


貧血防止効果の他、赤ちゃんがお腹にいるときは栄養が十分行き渡るようにして発育を促すなど、いつでも誰でも摂らなければならないビタミンなのです。


妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、不妊との関係も指摘されている鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。


普段の食事で得られる量ではなかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。


葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも売られていますので、こうしたサプリを選べば負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。


19:06
2017年03月20日(月)
【妊娠しづらいように感じ始めたら、基礎】
妊娠しづらいように感じ始めたら、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。


たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、ホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。


さて、基礎体温表を作るにあたっては、変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといった注意点もあるので、習慣的に続けていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。


皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。


一般的な生活で摂取できる分では適切な量の摂取が難しいとされています。


ですから栄養補助食品(サプリメントなど)を利用するのが良いでしょう。


葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも売られていますので、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。


真剣な妊活を計画するならば、先にしっかりと専門の医療機関で検査を行いましょう。


なぜかというと、検査を受けておけばそもそも妊娠のために十分な体なのか、妊娠に関わる器官に問題が無いかなどが確認できますから、妊活をお考えのご夫婦は、ぜひ不妊検査を受けてください。


医療機関のお墨付きがあるのと無いとでは、妊娠に対する安心感が全く違いますし、より健康的な赤ちゃんを授かる可能性も上がりますので、必要不可欠という理由も分かると思います。


葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜系の葉菜が多いようです。


病院の検査で妊娠が分かってから、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。


葉酸の摂取で、胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるという話があります。


とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。


そんな時には他の食材で補っても構いません。


例えば納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをおススメします。


妊娠によって日常生活も心理状態も変わるので意識する、しないにかかわらず変化はストレスとなり、ストレスが自律神経に影響することもあります。


妊娠によって起こるホルモンバランスの変化や毒素の排除で、つわりが起きるというのが一般的な説ですが、ストレスによる自律神経の不調が原因となることも考えられます。


母体にとっての葉酸は、神経系の働きを調整するために役立っており、つわりの症状を抑えるのにも有効だと考えてください。


18:54
2017年03月19日(日)
【妊活というものは、妊娠という大変重要な神秘に包まれた現】
妊活というものは、妊娠という大変重要な神秘に包まれた現象をコントロールするものでいつか必ず良い結果が得られるわけではないのです。


そういうわけで、途中でやめてしまうこともあるようですが、とてももったいないことだと感じます。


成功確率は上昇していると言えますからそこまで落ち込まずに、マイペースに続けてみることが大切です。


妊娠しやすい体づくりのための生活をする妊活ですが、ぜひ普段から実践していただきたいものが、骨盤の歪みを矯正することです。


近年は、妊活ブームもあってか体への負担が極力少なくて済むお手軽なストレッチを紹介する動画も増えているようです。


直接的に妊娠に繋がる子宮や卵巣は全部骨盤に納められていると言えます。


歪んでしまった骨盤を正常に戻して血液が十分に流れるようにすれば妊娠に適した体になるという訳ですから、妊活中の骨盤矯正の重要性が分かると思います。


妊娠によって日常生活も心理状態も変わるので意識する、しないにかかわらず変化はストレスとなり、ストレスが自律神経に影響することもあります。


ホルモンバランスが変動することや、毒素を排除しようとすることによって、つわりは起こるとされていますが、自律神経の働きが影響していることも考えられます。


母体にとっての葉酸は、神経系の働きを調整する重要な働きをしているので結果的につわりを軽くする効果があるとされます。


子供を授かりたいと思うならば栄養不足にならないよう注意したいものですが、細胞分裂が活発に行われる妊娠初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんが先天性障害を負う危険性が高まります。


葉酸はビタミンB群なので、水に溶けやすく体内に蓄積されるものではなく、日々摂取しなければならない性質を持った栄養素なのです。


例えばモロヘイヤやほうれん草などの葉物、そしてレバーなどからもたくさん摂取できるため、葉酸の多い食材を、毎日意識して食べましょう。


妊娠する前も妊娠中も同様に可能な限り体にとって有害なものを取り除いていかねばなりません。


なので、たばこを吸わないよう心掛けましょう。


タバコは「嗜好品としてのリラックス効果」というものはあっても、体に悪いものです。


喫煙習慣のある方は、禁煙のスタートも妊活に繋がるはずです。


18:36
2017年03月18日(土)
【葉酸とは、赤ちゃんが育つため】
葉酸とは、赤ちゃんが育つために重要な役割を果たす栄養素の一つです。


妊娠成立から出生前の赤ちゃんにとって葉酸が必要なだけでなく、出産後の母子双方にも必要なものです。


細胞分裂が最も盛んなのは妊娠初期であり、そのとき葉酸は多く使われるため、妊娠を望んでいる女性ならば、できる限り意識して葉酸を摂るようにすると妊娠したときにあわてなくて済むでしょう。


妊娠時には葉酸の所要量が増えて、それを食事だけで摂ろうとするとなかなか大変ですから、効率よく摂るためには、サプリなどを上手に使った方が良いのです。


栄養的な面から見ても、妊活中の女性が果物を摂取することは大変良いことは、ご存知かと思います。


とはいっても、ただ摂取するのではなく、もっと妊活の助けになるような摂り方が出来るのが理想的だと思いませんか?あまり知られていないのですが、果物によっては冷えをとってくれるものが存在します。


ぶどうやオレンジ、桃やさくらんぼ、リンゴなどが該当するのですが、生の状態でももちろん、ドライフルーツでも大丈夫です。


葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。


ですが、「いつまで葉酸を摂取すればいいのか」という疑問を持つ方も多いと思います。


葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも構いません。


とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。


葉酸は不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。


ですから赤ちゃんを無事出産した後にも、定期的に摂取する事で日々の生活を健康的に過ごす手助けになると思います。


真剣な妊活を計画するならば、先にしっかりと専門の医療機関で検査を行いましょう。


こうすれば、もともと妊娠しやすい体なのか、何らかの異常の有無を確認できますから、不妊検査はぜひ行っていただきたいですね。


医療機関のお墨付きがあるのと無いとでは、妊娠に対する安心感が全く違いますし、より健康的な赤ちゃんを授かる可能性も上がりますので、検査を受けない理由はないと思います。


マカというものがあります。


これは、とりわけ男性のスタミナアップという部分にばかり注目されるサプリですが、それだけではありません。


赤ちゃんを妊娠しようと、妊活をしている女性の、体内の血液循環を改善する作用を持ち、体をより妊娠しやすい状態に近づけることが出来ます。


それのみならず、ホルモンのバランスを整えてくれるという働きもあり、基礎体温の波形も正常になって、体の中をより安定した状態にすることに役立ってくれるサプリです。


18:06
2017年03月17日(金)
【水溶性ビタミンである葉酸は吸収率のピークが空腹時な】
水溶性ビタミンである葉酸は吸収率のピークが空腹時なので、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それはベストなのが食間です。


一度にたくさん摂って一日分の量を満たそうとするより、何回かに分けて摂っていくと効果はあるとされます。


一番効果的な摂取のタイミングを挙げれば、就寝中に肝臓の血流が減るので、その前に飲むのがベストとされるのです。


胎児の成長に欠かせず、妊活においても必要不可欠な栄養素であるのが葉酸で、サプリメントによって葉酸を摂取した場合の影響は簡易的な血液検査で分かります。


さらに言えば、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分としてビタミンの一種であるビタミンB12があります。


葉酸を摂りすぎてしまうと、ビタミンB12の摂取不足がはっきり分からなくなってしまう事があるからです。


上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。


できれば夫婦そろって病院で診てもらいたかったものの、言えば不機嫌になりそうだったので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。


月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、妊娠できなくて、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。


それが功を奏したのか、全部飲み切らないうちに、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。


表面的には何もかかわりがなさそうですが、「妊娠」そして「歯の健康」という二つの事柄の間に、大変深い関係性があるのです。


昨今の研究で、歯周病は早産や低体重児出産の発生の確率を高めているのです。


妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。


妊活をしている女性の中で長い間歯科を受診していない方は、なるべく早く治療を受けた方がいいと思います。


妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。


冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、代謝が落ちて、ホルモンのバランスが崩れたり生殖機能が低下して妊娠しづらくなるのです。


古くからあるお灸は冷え性の改善に有効です。


血行不順を緩和して自律神経の働きを促し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。


冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。


15:06
2017年03月16日(木)
【妊活をしている間はつらさを感じることも多いので、心も】
妊活をしている間はつらさを感じることも多いので、心も体もダメージに弱くなっています。


長い間結果が出ないと、うつ状態になってしまう場合もあります。


ストレスを失くすことが妊娠の成立にとって最も重要でしょう。


不妊治療をしなくなったら、ストレスから解放され、間もなく赤ちゃんが出来たという話はよく耳にします。


逆に妊活を行うことが重荷にならないよう大事なことはストレスを上手く解消しつつ続けることです。


妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。


自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も大勢居るのではないでしょうか。


しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。


ですから加熱調理してしまうと、熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。


総合的な摂取量としては不十分かもしれませんので、気を付けてください。


今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性はご家庭での普段通りの食事に加え、充分な量の葉酸を摂取するように厚生労働省が推奨しているのをご存知ですか。


葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。


もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は赤ちゃんに悪影響が無いように、天然素材の葉酸サプリメントにすることが忘れないようにしてください。


赤ちゃんが欲しいというご夫婦から、注目される栄養素の一つが葉酸です。


葉酸はビタミンB群の一つですが、最近ではビタミンMとも言われます。


良質の赤血球を作るために必要なビタミンですが、全身の細胞が盛んに細胞分裂を行うためには葉酸が必要不可欠のため、妊娠のためのビタミンと言われているのです。


さらに、子宮内膜を厚くふかふかにするためにも葉酸は大事な役割を果たし、子宮内膜が厚いほど受精卵がしっかり守られ、着床から妊娠成立まで進みやすくなるのです。


葉酸の効果が知られれば知られるほど、とにかくたくさん摂れば良いといろいろな方法で大量に摂取する方もいてもおかしくありませんが、いくら葉酸は水溶性で尿中に排出されると言っても、上限を超えて大量に摂ると思わぬ落とし穴があります。


多くは発熱、じんましん、かゆみなどですが、最悪の場合、呼吸障害を起こし、命に関わる重篤な例もあります。


成人の場合、1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限なので、摂りすぎにならないよう、栄養補助食品やサプリメントの服用には気をつけましょう。


13:12
2017年03月15日(水)
【治療段階で判明する不妊の原因というと、受精卵が着床し】
治療段階で判明する不妊の原因というと、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった婦人科面での要素と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側に原因があることとが考えられるでしょう。


もし不妊の原因が何か分かっていても、それだけが原因とは言い切れません。


きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、両親ともに受診して検査を受けることが必要です。


妊活中の女性には葉酸というビタミンの摂取が欠かせません。


どうして必要なのかといえば妊娠初期に先天性の障害が起きる危険性を下げられるからです。


しかし、過剰に摂るとどうなるのか悩ましいところです。


葉酸は過剰摂取すると、子供に喘息の発症を招くことがあります。


摂りすぎも害になることを忘れないでおきましょう。


妊娠を希望する人は、妊活中に葉酸を摂取するように、と雑誌に書いてありました。


どうやら、葉酸は赤ちゃんが大きくなるために必要不可欠な栄養素だと書いてありました。


野菜を十分に摂れない時は、サプリを使うのも良い、とも書いてありました。


葉酸サプリはたくさんの種類があるようなので、安心して服用できるものを見つけて、元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。


妊娠を希望する方や計画している方が、重要視する事と言えば、食べ物の事ではないでしょうか。


普段から妊活を頑張っている方は、すぐに赤ちゃんを授かっても不思議ではありませんので、妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。


妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。


妊娠とは、妊娠検査薬によって発覚するより前から妊娠はすでに始まっているのですから、出来るだけ早く十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。


少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。


使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが気になっているようでした。


葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと知っていたので、その友達に教えてあげました。


友達には悲しんで欲しくないですし、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと思っているんです。


13:00

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++