今話題の葉酸、妊活について解説していきます


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2020年04月01日(水)
【真面目に妊活の計画を立てているご夫婦は、なにより】
真面目に妊活の計画を立てているご夫婦は、なにより先に産婦人科で検査をしておきましょう。


なぜかというと、検査を受けておけばそもそも妊娠のために十分な体なのか、あるいは先天的な問題が無いのかなどを早期に発見して、治療や処置を施すことが出来ますから、妊活をお考えのご夫婦は、ぜひ不妊検査を受けてください。


しっかりとした検査を受けておけば、安心して妊活に臨めますし、赤ちゃんの健康を考えた上でも大切な検査ですから、検査しないという選択肢は無いでしょう。


妊娠しやすい体づくりのための生活をする妊活ですが、肉体的なアプローチとして行っていただたいものと言えば、骨盤の歪みを矯正することです。


妊活中の体に適した手軽で効果的な体操を教えてくれるような動画もたくさんアップロードされているようです。


妊娠のための重要な器官は骨盤内に納まっています。


ですので、歪んだ骨盤の位置を正常に整えて、血行を良くすることで体の内部から健康になり、妊娠に適した体がつくられるという事になります。


お腹の中で胎児が育つために、欠かせない栄養素の一つが葉酸です。


母体内の胎児にとって葉酸が必要なのは有名ですが、無事に生まれた後も、母子両方に必要な栄養素です。


妊娠初期は胎児の細胞分裂が非常に盛んで、このときに葉酸が多く使われるため、可能ならば、妊娠を考え始めたときから多めに摂るように努めた方が妊娠したときにあわてなくて済むでしょう。


通常時はともかく、妊娠すると食事だけで葉酸の必要量を確保することは難しいため、効率よく摂るためには、サプリなどを上手に使った方が良いのです。


もしも妊活の結果がずっと出ない場合は、精神的、または肉体的に弱くなってしまいがちです。


生殖機能というものはストレスによって弱くなってしまいますので結果として悪循環になってしまう可能性があります。


そういうわけで、思い切って妊活を中断することを決めた方がベターな場合もあるでしょう。


実際に、妊活の休止中に妊娠に成功したという人も多数います。


年齢のタイムリミットを考慮し、医師ともよく話し合って少しだけ休止してみてはどうでしょうか。


友達の話ですが、妊活を頑張っていた頃、薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。


彼女が言うには妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。


漢方だったら安全性が高いのではないでしょうか。


彼女は漢方を続けていたようです。


その効果かどうかはわかりませんが、結果的に赤ちゃんを授かりました。


ずっと頑張っていたので、本当に嬉しいです。


10:54
2020年03月31日(火)
【妊活においては日常生活に様々】
妊活においては日常生活に様々な制限がかかることがありますが、喫煙はその最たるものだと言えます。


もうご存知とは思いますが、煙草を吸う事で人体に有害な作用によって健康な妊娠の支障になるケースがあります。


喫煙による妊娠への影響は女性に限った話ではなく男性にも該当します。


喫煙による影響で言うと、女性の場合は排卵障害、男性に関しては精巣機能が低下するといった報告がされています。


これらのことを考慮して、妊活している方は夫婦で禁煙し、身近な人の副流煙を吸わないよう、周りの協力を仰ぐのが良いでしょう。


妊娠の可能性がある女性にはビタミンの一種である葉酸を摂ることがおすすめです。


それには大きな意味があり、妊娠初期に発生する先天性の障害の危険を低減できるためです。


とは言え、過剰摂取が続くとまた別の問題が起きることが心配されます。


葉酸の過剰摂取によって、出生後、喘息の症状が出ることもあるようです。


たくさん摂取すれば良いのではないことを知っておいてください。


貧血を起こす要因と言えば、鉄分の摂取不足によると一般的には考えられていますが貧血はいろいろな要因によって引き起こされるもので、鉄分が足りないことだけが貧血につながるとも限りません。


良質の赤血球を作るためには、鉄分だけでなく葉酸も欠かせないのでいくら鉄分を摂っても貧血が良くならないケースでは、いろいろな形で葉酸を摂っていくとより早く貧血が改善されたという例もあるのです。


葉酸はビタミンの一種であり、赤ちゃんにはとても大事な栄養素です。


母体内の胎児にとって葉酸が必要なのは有名ですが、生まれた赤ちゃんと授乳中のお母さんに欠かせない栄養素の一つでもあります。


葉酸は、細胞分裂が最も盛んな妊娠初期にたくさん必要になってくるので、妊娠したいと思うならば、その時から葉酸を積極的に摂り続けるとより効果は上がると言えます。


妊娠時には葉酸の所要量が増えて、それを食事だけで摂ろうとするとなかなか大変ですから、効率よく摂るためには、サプリなどを上手に使った方が良いのです。


妊婦と赤ちゃんのために必要な栄養素である葉酸は、ゴーヤーにも多く含まれているのはご存じでしょうか。


葉酸摂取のために、妊婦がゴーヤーを献立に取り入れるのは良いとされますが、一度にたくさん食べないよう注意してください。


どんなに身体に良いものであっても、過剰に食べると胃もたれや下痢と言った身体の不調が起きることもあります。


妊娠して様々な変化が起こっている身体に、不調が起きると胎児にとってもストレスになるでしょう。


05:42
2020年03月30日(月)
【妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、】
妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。


鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に欠かせない栄養素を含むので、毎日の食事でとっていきたいものです。


ただ、過食は毒にもなりますので、バランス良く多くの食材から栄養をとるのが理想であることは間違いありません。


一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は産後までは我慢したほうが良いですね。


妊活中には食事の内容にも気を配りますが、普段から飲んでいるお茶の栄養も気になりますよね。


普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。


これらはノンカフェインなので、妊活中の女性にも胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。


実は、ルイボスティーには、貧血を予防するという効果があるという事ですので、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。


妊活が長くなってくると、精神的にも肉体的にも落ちてしまいやすいです。


ストレスは生殖機能に悪影響でそのままでは悪循環に陥ってしまう恐れがあります。


それ故、いっそのこと妊活を休むのもいいかもしれません。





現実に、妊活休止後、間もなくして妊娠することが出来たという人はよくいます。


年齢的な制限を考えながらお医者さんにも相談を行って、一時的に休んでみることもいいかもしれません。


必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと他の栄養素と同様、妊娠していない人より多く、倍近い480μgの摂取が不足にも過剰にもならない量です。


しかし、どんなに重要な栄養素であっても、葉酸の過剰摂取にならないよう気をつけましょう。


所要量を大幅に超える葉酸を摂ると、全身の症状として、発熱やかゆみなどを起こす危険もあるとされるので、サプリメントや錠剤の服用も、過剰摂取にならないよう注意すべきです。


近頃、妊活に効果的な方法としてお灸が関心を集めています。


伝統のある鍼灸療法により体のコンディションを妊娠しやすくしていくことが出来、それにプラスして副作用を持たないという点もいいですね。


体には妊活に効くと言われているツボもたくさんあり、ご家庭でも可能なお灸なども登場し気軽に試すことができます。


是非ともやってみてはどうでしょう。


03:12
2020年03月29日(日)
【あなたは布ナプキンを知ってい】
あなたは布ナプキンを知っていますか?布ナプキンと聞くと、洗濯の手間や、漏れの心配などがありなかなか使う気になれないという人も多いのではないでしょうか。


ですが、布ナプキンというものは下着と同じで、布でできているので、不快なムレやかゆみが減り、温かさを保つことができるのです。


そういったことから、生理によるストレスや冷えから体を守るという女の人(妊活中に限らず)にはとても大事である子宮環境の向上に一役買います。


不妊の要因としては、子宮着床障害のほかに排卵障害といった婦人科面での要素と、精子の運動量が低下したり数が少なかったり、あるいは性機能障害等の男性の方の要因が挙げられると思います。


しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。


ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男性、女性、両方が早めに検査を受けると解決への糸口となるでしょう。


妊娠してから時間をおいて、そういえば葉酸が十分摂れていないと気づいたとすれば手遅れと言うことはありません。


早急に手を打ってください。


母体内での胎児の発育を促し、無事生まれるようにするには妊娠期間中ずっと、葉酸を摂り続けることが望ましいのです。


それまで摂取していた葉酸が十分な量ではなく、葉酸不足の心配があれば、できるだけ早く不足分を補う量の葉酸を摂るように必要な手を打っていくことが求められます。


サプリメントの一つに、マカというものがあります。


これは何かというと、効果として、男性のスタミナアップが挙げられるのですが、それだけではありません。


妊活中の女性の、血行促進作用があるため、体をより妊娠しやすい状態に近づけることが出来ます。


そして、ホルモンのバランスを整えてくれるという嬉しい効果もあるため、基礎体温も正常な変化を示すようになり、体内環境を改善することに寄与します。


ビタミンの中でも、水溶性ビタミンに分類される葉酸は水に溶けやすい特長があります。


加えて、熱に弱いという特徴も持っているため、どのように調理するかによって半分以下の量しか摂れないこともあるわけです。


とはいえ、加熱しない野菜などをたくさん食べ続けるのは実際にはとても無理です。


そう考えていくと、調理する上で長い時間ゆでずに、湯通しで済ませるなど考えていくことが効率よく葉酸を摂りたいと思うなら、ぜひ実行して欲しいことです。


02:30
2020年03月28日(土)
【妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸です】
妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。


吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。


特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。


葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。


葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。


ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。


そうした場合、葉酸サプリを活用すれば、摂取量も一目瞭然ですので、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には良いですよね。


葉酸は、妊娠初期に摂ると良い栄養素だということは今や常識でしょう。


実のところ、妊娠1ヶ月前から少しずつ葉酸を摂ることがおすすめだと耳にしたことはありますか?ですから、妊活を始めようとしたときが葉酸サプリなどの摂取をおすすめするときだと言うべきでしょう。


妊娠に向けてがんばりたい、と思うならまず葉酸の摂取からですね。


葉酸の含有量が多い食材としては代表的なのはレバーや枝豆ですが、いくら葉酸をたくさん摂りたいといっても、ある食材ばかり食べ続けるのもとうてい現実的ではありません。


葉酸を比較的簡単に摂れる方法としてはスムージーがオススメです。


普通のスムージーと同じ作り方で、ミキサーの中に葉酸を含む野菜の他、りんごなどの果物、そして水分を入れるだけで、手軽に飲める葉酸強化スムージーができます。


水に溶けやすいビタミンの葉酸は、胃に食べ物がないときに最も良く吸収されるため、もし葉酸を摂るタイミングを選べるなら胃に何も入っていない食間なのです。


一度にたくさん摂って一日分の量を満たそうとするより、何時間かおいて、分けて摂る方が効果を発揮できるといわれています。


一日の中でいつが一番良いかというと、肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが葉酸を効かせるためには最も良いでしょう。


赤ちゃんはおなかの中で細胞分裂を繰り返しながら成長するのですが、この時に葉酸が大変重要な働きをするのです。


必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。


ですので、総合サプリメントで栄養を補給するのが一番だと思います。


でも、様々な成分を含有している総合サプリの中でも、何が入っていれば効果に期待を持てるのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。


総合サプリの選び方で悩まれている方は、粉ミルクの成分と照らし合わせて、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。


01:48
2020年03月26日(木)
【妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が】
妊娠と言えばすぐに葉酸の名前が浮かぶように、この「妊娠」と「葉酸」はとても関わり合いの深いものですよね。


なぜかと言うと、妊娠初期に葉酸が不足すると、胎児の先天的異常の可能性が高まると言われているためなんですよね。


もちろん、妊活中の女性にとっても、最も重要な栄養素であることは間違いありません。


実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。


ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事を心掛けてください。


出来るだけ早く赤ちゃんを持ちたくて妊活をするのなら適切に栄養を摂ることは不可欠です。


太ってしまってはだめですが、美容のためのダイエットはいったん中止して、栄養摂取をしっかりと行いましょう。


間食は栄養を摂る目的と捉え、度を超えて食べることをしなければストレスを解消するという意味でも有効です。


食事や運動などの生活習慣の改善など具体的な妊活を頑張っていると、日に日に疲労感が増してくる方も居るであろうことが予想されます。


その様な場合にはストレス解消のために子宝神社参りがおすすめです。


ためしに神様に頼んでみることも気持ちを上手く切り替えるチャンスになるのではないでしょうか。


人間にとって、葉酸は他のビタミンと同様、欠かすことができない栄養素です。


普通の食生活ができていればサプリメントなどで補う必要もありませんが、妊娠初期は、胎児の発育のため特に必要なので葉酸をきちんと摂取できるようにしないとすぐ葉酸不足になってしまうのです。


サプリなどはいつから飲めば良いかというと、お腹に赤ちゃんがいることがわかったらすぐ始めれば胎児の発育のためには良いでしょう。


理想的には、妊娠を希望したときから摂っていって欲しいなどと言われることもあり、まだ葉酸の摂取には早い、とは言えないのです。


妊娠したいと考えている女性なら葉酸というビタミンの摂取が欠かせません。


最大の理由は、子供に起こる先天性障害の可能性を低減できるためです。


けれども、いくら摂っても良いわけではないことが考慮されなければなりません。


葉酸の過剰摂取によって、出生後、喘息の症状が出ることもあるようです。


ですから、過剰摂取にならないよう気をつけてください。


23:54
2020年03月25日(水)
【身体に良いといわれるビタミンの一つが葉酸で、】
身体に良いといわれるビタミンの一つが葉酸で、とにかくたくさん摂れば良いと大量摂取に走る方ももしかしたらいるのではないでしょうか。


葉酸を一度に多量に摂ると身体には害になります。


症状は人によって異なりますが、発熱、じんましん、かゆみなどです。


呼吸障害が起きる重篤なケースも見られます。


成人の場合、1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限なので、摂りすぎにならないよう、栄養補助食品やサプリメントの服用には気をつけましょう。


貧血になってしまうのは鉄分の不足によるものだと一般的には考えられていますが実は、貧血の原因は多様でどんな場合でも鉄分が足りないことが原因だとするのは間違いです。


良質の赤血球を作るためには、鉄分だけでなく葉酸も欠かせないので鉄剤などで鉄分を摂っても、症状が良くならない場合は意識的に葉酸を摂るようにするとより早く貧血が改善されたという例もあるのです。


不妊体質を改善するために、食生活から改めるのも重要なことだと思います。


精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、乱れた食習慣を続けていては充分な活動量を持つ精子や卵子は、期待しにくいでしょう。


妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。


栄養バランスの良い食生活を大事にしていくといいでしょう。


赤ちゃんがお腹にいる女性なら、赤ちゃんが問題なく育つために栄養素の中でも特に重要なのが「葉酸」です。


「葉」の「酸」なので、野菜の中でも葉物野菜に多く含まれているのかと思い込んでしまいますが供給源として重要なのが果物で、100gのイチゴを食べると、90μgも葉酸を摂れるのです。


葉酸の所要量は、妊娠中には普段のほぼ2倍となります。


葉酸が豊富な食材について調べ、毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。


食材から葉酸を多く摂ろうとすると、レバーや枝豆など、いろいろありますが、たくさん葉酸を摂るための目的で、葉酸を多く含む食材にこだわるというのは長続きしそうにない話です。


葉酸を比較的簡単に摂れる方法としてはスムージーはおすすめできます。


ごく普通のスムージーの作り方で、ミキサーを使い、葉酸が多い野菜の他にりんごなどの果物、そして水分を入れるだけで、誰でも簡単に作って飲めるのです。


23:36
2020年03月24日(火)
【葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方】
葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。


一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが推奨されています。


ところで、妊娠後期の妊婦には葉酸が無くても良いのでしょうか。


妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、それは違います。


葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという話では、妊娠3ヶ月までの期間が大切な期間という訳です。


なのでお腹に赤ちゃんがいる間でも、特に妊娠3ヶ月までの葉酸摂取が、強く勧告されているという事です。


実際問題として、たくさん葉酸を摂ろうと思えばいろいろあるわけです。


誰でもすぐひらめくのは食事から葉酸を摂ることでしょう。


けれども、葉酸は熱に弱いので特に妊産婦の所要量を食事の中で満たすのは妊娠中ずっとと考えると、実に大変なことです。


必要な葉酸を確実に摂りたいならば、補助的にサプリなどを使うのがおすすめです。


食事の後に服用できれば、最も効果的だといわれています。


葉酸のサプリメントを、妊娠した妻が飲み始めました。


正直、自分には関係ない話だと思っていましたが男性が飲んでも効き目があるのかと妻に聞いてみたら、「男の人にはもっと良いサプリがあるんじゃないの」とあっさり言われました。


そうは言われましたが、男性も多めに摂った方が良いのではないかと思ってこっそりサプリメントを飲み始めました。


劇的な変化はありませんが、二日酔いの症状が軽くなって、口内炎が悪化しにくくなったのは確かです。


他のビタミンB群と同じく、葉酸も水に溶け出る性質があるため、一日の所要量を一度に摂っても消化管から吸収されるよりも先に身体の外に、尿や便とともに出て行ってしまう可能性もあります。


そのことを考えれば、葉酸サプリメントは一日の中で何回かに分けて飲んだ方がいいということに気をつけてください。


食事だけで葉酸の所要量を毎日摂ることはなかなか難しいため、尿とともに排出される分を少しでも減らすようにして、効率よく栄養素としての役割を果たすようにしたいですね。


妊活中のカフェインの摂取は避けたいものです。


そんな時には、よく飲まれる飲み物としてハーブティーが挙げられます。


その一つの理由は、体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。


代表的なものを挙げると、冷え性の症状や生理不順の状態を改善することです。


他にも、リラックス効果を得ることにも役立ちます。


ストレスは妊活している人にとって最も避けるべきものの一つですが、それを発散する効果があるそうです。


23:18
2020年03月23日(月)
【葉酸は妊娠初期に多く摂らなければならな】
葉酸は妊娠初期に多く摂らなければならないというのはずいぶん知られるようになりましたが、本当のところ、妊娠中期や後期になっても赤ちゃんにも母体にも葉酸がとても大事な栄養素なのです。


胎児の発育を順調に進めるためにも、出産まで葉酸が必要で、母体にとっても貧血や妊娠中毒症を防ぐ働きがあります。


このことを考えれば、妊娠初期にとどまらず、葉酸は妊娠中から授乳中にわたって必要量は確保して欲しいと思います。


皆さんお分かりのこととは思いますが、妊活にとって全身状態が健康であるということは絶対条件です。


その目的のために心がけることは、栄養が偏らないようにすることと、適度に運動することの二つです。


体重が増えすぎることを防ぐ意図もあるのですが、体内の血液循環を良くして、栄養の流れが体内でスムーズにいくということも大きいです。


例えば、簡単なウォーキング等が適しています。


妊活をするにあたっては、まずは産婦人科等で一通りの検査を受けるようにしましょう。


特に異常が発見されなくても医師や専門家から妊活に適したアドバイスもしてもらえますし、排卵周期を整え、妊娠しやすい時期に性生活を持つようなアドバイスもしてもらえますから、妊活を始めるにあたっては産婦人科に行って検査を受けてくださいね。


妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。


それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも妊娠に必須の栄養が多いので、意識して食べたい食品に入ります。


ただ、総合的に言えば、さまざまな食材をとるのが健康維持にもつながるのも事実です。


また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けたほうが、妊娠してからも楽になります。


葉酸は、胎児が母体内で順調に発育するために所要量を毎日摂取したいビタミンだということが定着してきましたが、元々の性質が、熱に弱く、水に溶けやすいので食事から所要量を確保するのは大変なことが多いようです。


水や熱によって失われる葉酸を減らせるような調理法をぜひ学んで欲しいと思いますし、不足する量をサプリなどで補充するのも多くの場合は必要になるでしょう。


23:18
2020年03月22日(日)
【妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂】
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が判明しました。


そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、トクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。


葉酸の摂取によって赤ちゃんの先天的な障害の発症リスクを減少させるということが分かってから、葉酸は妊娠を計画する女性や妊娠初期の女性が摂取を心がけるように推奨されている栄養素のひとつであると知られています。


普段の食事で摂取できるならば良いのですが、体調が悪い時やつわりがある場合には、食べ物から摂るのも辛い時もありますよね。


そんな時には、無理に食べ物から摂取せず、サプリメントなどの栄養補助食品を飲めば不足しがちな葉酸もちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。


赤ちゃんが出来る確率を上げるための対策である妊活は、妊娠が成立する機序を知り、出来る限りそれを利用してコントロールするものともいえます。


また、最優先すべきもの、それは栄養であるということが分かると思います。


しかしながら、栄養素全てを、バランスよく適度な量を摂取するということは並大抵のことではありません。


その様な時にはサプリメントがお勧めです。


昨今では妊娠のために作られた、妊活サプリも作られました。


人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず全身に血液が良く行きわたるようにすることが従来から挙げられています。


血行が悪くなるのはあらゆる不調の原因で、腰痛や肩こりの他、冷え性や不妊の原因とも言われているので、そうした症状を改善したい場合は意識して葉酸を多く摂るようにすると症状が軽くなることもあるとされます。


その際、ビタミンEの摂取も行うと血行改善の効果はさらに高くなります。


「妊活」、それは命の神秘である妊娠というものをどうにか管理しようというものですから、当然、必ず成果が表れるものではありません。


なので、断念してしまうこともあるのですがとてももったいないことだと感じます。


成功の可能性は高くなっていますのでそう深く考えないで、ゆっくりと続けてみましょう。


23:18

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++