今話題の葉酸、妊活について解説していきます


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年05月27日(土)
【妊娠しやすい体を作る食べ物は、大豆食品(】
妊娠しやすい体を作る食べ物は、大豆食品(豆腐・豆乳・納豆)とお魚が挙げられます。


卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。


全体的にはバランスよく偏らない食事にするのが理想であることは間違いありません。


また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けるようにしましょう。


大抵の場合、妊活と言いますと、ママとなるはずの女性の活動だと考えられることが往々にしてありますが、本来、夫婦であるならば妊活は男女ともども行うものといえます。


では、男性が出来る妊活の一つ、食事の改善について考えてみます。


栄養素のうち、男性の妊活に貢献するものと言えば、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などがあります。


こういった栄養素を多く含んでいるものを食生活に取り入れて、さらに妊活の効果を上げていきましょう。


先天性奇形は、現在の日本ではどのくらいの確率で見られるかというと全体の約4%というのが平均的な数値です。


考えられる要因は、高齢出産、ウイルス感染などですが奇形の防止に効果が認められるビタミンと言えば葉酸だといえます。


特に、胎児の細胞分裂が最も盛んな初期から中期にかけて必要な量を摂取しなければならないので、葉酸はあらゆる妊婦にとって最も強化しなければならないビタミンだと言っても言いすぎることはありません。


多くの効果が認められている葉酸ですが、その一方で過剰摂取による副作用の報告もあります。


それは吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。


妊娠初期の神経質な時期には葉酸を摂りすぎる場合がありますので、気を付けてください。


葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのかすぐに分かりますから、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には大変便利だと思います。


皆さんお分かりのこととは思いますが、妊活中に体が元気であるということはもちろん必須事項です。


その実現のために重要なのは食べ物に留意し、体もある程度動かすということです。


肥満防止という目的もありますが血行を良くして、栄養分が素早く運ばれるようにすることも目的の一つです。


例えば、きつくない程度のウォーキング等が最適です。


06:36
2017年05月26日(金)
【葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味】
葉酸は妊婦にとって様々な効果をもたらしてくれる心強い味方です。


とりわけて葉酸の十分な摂取によって、赤ちゃんの先天的脳障害発症のリスクが低減する点は重要な効果です。


ですから、妊娠を計画をしている方は、葉酸を十分に摂ることがおススメです。


とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。


サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取が簡単です。


簡単に葉酸を摂取したい方には是非試してみてください。


妊娠初期に摂らなければならない栄養素として、葉酸が知られています。


けれども効果を期待するあまり、過剰に摂ってしまうと思わぬ副作用があります。


主な症状は、食欲不振、吐き気、じんましん、発熱などでどこに副作用が現れるかはいろいろですが、場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。


少しでも多く摂りたい気持ちはわかりますが過剰摂取にも害はあるのでどんな栄養補助食品や薬にも標準摂取量があるので、必ず守っていってください。


妊活中の友達と話していた時、自然と葉酸のサプリの話題が上ったのですが、使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが良いんじゃないかと考えているようでした。


葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いと雑誌で読んだことがあったので、その友達に教えてあげました。


やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと願っています。


受精卵の正常な細胞分裂に寄与し、妊活においても必要不可欠な栄養素であるのが葉酸で、サプリメントを飲んだ時の効果は病院などで血液検査を受ければ分かると思います。


それに、葉酸以外で気にかけておく栄養素にビタミンB12があるのです。


なぜなら、ビタミンB12は葉酸と関係があって、葉酸の過剰摂取のせいで、ビタミンB12の摂取不足がはっきり分からなくなってしまう事があるからです。


ここ数年、妊活に効くものとして、世間ではお灸が注目され始めているようです。


伝統のある鍼灸療法により体のコンディションを妊娠しやすくしていくことが出来、それにプラスして特に副作用もないということが利点です。


妊活に効果的なツボは多く存在していて、家で自分で出来るお灸なんてのも売っており、気軽に試すことができます。


是非ともトライしてみませんか。


04:24
2017年05月25日(木)
【真面目に妊活の計画を立てているご夫婦は、婦人科や】
真面目に妊活の計画を立てているご夫婦は、婦人科や専門の医療機関で不妊検査をしておくべきでしょう。


こうすれば、妊娠できる体なのか、妊娠に関わる器官に問題が無いかなどが早めに確認できるので、不妊検査はぜひ行っていただきたいですね。


検査の結果が問題なければ、安心して妊活に取り組むことが出来るでしょうし、より健康的な赤ちゃんを授かる可能性も上がりますので、いいこと尽くしですよね。


もし、妊活をしているのなら、色々と気を使わなければなりません。


風邪薬の服用については、心配するほどの大きく影響することはありません。


そうはいっても、わずかでも妊娠に悪影響が及んでしまったらいけないと心配ならば、服用をしても大丈夫かどうか、担当医とも相談してみることをおすすめします。


二児の母です。


妊活をしていた時、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。


長男が生まれていましたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。


本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けに挑戦してみました。


その後、無事に妊娠し、性別が確認されるまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。


産み分けのおかげだと思っています。


妊活をしている時は体を温めるものを選んで食べるようにしましょう。


大根やゴボウ、人参のような土に埋まっている野菜には体を温めるには適しています。


一方、身体を冷やしてしまうとされる野菜は、キュウリやナスやトマトといった夏に穫れる野菜が多いです。


果物に関していうと、デザートとして少ない量を食べるだけならまだしもスムージなどで大量に飲むとやはり体を冷やすので温かい飲み物がよいと思います。


お腹の中で、胎児は目覚ましいスピードで細胞分裂を繰り返しながら成長します。


葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。


葉酸は一般的な食品にも含有している栄養素なのですが、単体では吸収されにくいという特徴を持っているため、総合サプリメントを選ぶと良いでしょう。


ですが、総合サプリに多くの成分が含有していたとしても、その中でどんな栄養素が必要であるのか分からず、不安だという妊婦さんのお話もよく耳にします。


そのような場合は、信頼できる粉ミルクの成分分析表と照らし合わせながら、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。


03:54
2017年05月24日(水)
【妊娠している全ての女性が順調に赤ちゃんが育つ】
妊娠している全ての女性が順調に赤ちゃんが育つようにするため栄養素の中でも特に重要なのが「葉酸」です。


何といっても「葉」なので野菜の中でも葉物野菜に多く含まれているのかと思い込んでしまいますが意外な供給源は果物で、とりわけ豊富なイチゴからは、100gあたり90μgの葉酸が摂取できます。


普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないのでどんな食材に多く含まれているかを知って、毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。


妊活で大事なことは基礎体温の測定です。


基礎体温を測って分かることは自分の身体の状態がどうであるか把握でき、妊娠しやすい状態か否か、妊娠の可能性の有無や、排卵日の大体の予測など妊活中に知っておかなくてはいけないことがわかるでしょう。


詳しく説明しますと、基礎体温は起床直後の体温を測れば調べることが出来ます。


上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。


夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、言えば不機嫌になりそうだったので、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。


月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、なかなか妊娠には至らないものですね。


それで、ちょっと出費でしたが葉酸サプリを導入。


私はラッキーだったのか、それからしばらくしたら、下の子を授かりました。


妊活中のカフェインの摂取は避けたいものです。


そんな時には、よく飲まれる飲み物としてハーブティーが挙げられます。


その一つの理由は、体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。


例を挙げると、冷え性の症状や生理不順の状態を改善することです。


また、リラックス効果を得ることにも役立ちます。


ストレスは妊活している人にとって最も避けるべきものの一つですが、それを発散する効果があるそうです。


食材としては、レバーやほうれん草に葉酸がたくさん含有されていますがそればかり毎日食べるのもあり得ないことで、どうしても摂取が不足してしまいます。


きちんと葉酸を摂り続けるためには、食べ物だけで必要な量の葉酸を摂ろうと思わず、補助的にサプリメントや薬を使っていけば良いのです。


自分に合った方法を早く見つけ、葉酸が不足しないように行動を起こしましょう。


03:48
2017年05月23日(火)
【赤ちゃんを待っている方は葉酸というビタミンの摂取が欠】
赤ちゃんを待っている方は葉酸というビタミンの摂取が欠かせません。


どうして必要なのかといえば子供に起こる先天性障害の可能性を低減できるためです。


しかし、過剰に摂るとどうなるのか悩ましいところです。


子供に起きる問題としては、将来、喘息の症状が出ることもあるようです。


過剰摂取にはくれぐれも気をつけて欲しいものです。


妊活と言えば、女性が主体的に行うことと考えられがちですが、本来、夫婦であるならば男女が協力して妊活を行うべきです。


ですので、男性のすべき妊活である、食事の改善について考えてみます。


妊活中の男性が摂るべき栄養素として、挙げられるものとしては、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などといったものがあります。


毎日の食事にこういったものを導入することを意識して、さらに妊娠しやすい体づくりを目指すことをおすすめします。


妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。


ところで、ヨガがホルモンバランスを整えるのに効果的だという事をご存知ですか?ヨガは深い息遣いとストレッチによって、リラックス効果があると言われています。


ヨガを行う事で自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。


ネットにはヨガの動画がたくさん紹介されています。


こうした動画を活用すれば、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽い運動は凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。


心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。


ビタミンの一種として、葉酸は人間が毎日摂らなければならないものです。


普通の食生活ができていればサプリメントなどで補う必要もありませんが、妊娠初期の女性にとって、赤ちゃんの発育を促すために葉酸がどうしても必要ですから葉酸をきちんと摂取できるようにしないと油断すればすぐに葉酸が欠乏します。


葉酸を強化して摂るために、サプリメントなどをいつから飲めば良いかとなりますが、妊娠判明と同時に開始するのが一番良いとされます。


あるいは、妊娠を考え始めたときから摂り始めれば最も良いなどと言われることもあり、まだ葉酸の摂取には早い、とは言えないのです。


葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。


野菜の中ではほうれん草あるいはブロッコリーなどに含まれている事で有名ですね。


妊娠初期の妊婦にとって、葉酸は大変重要な役割をもっている栄養素です。


十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を減らす効果があります。


理想的な葉酸の摂取量について、厚生労働省が発表したところによると、妊娠初期の場合は400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸サプリで摂取するのも問題ありません。


03:36
2017年05月22日(月)
【赤ちゃんを待っている方、そして赤ちゃんがお腹にいる方に】
赤ちゃんを待っている方、そして赤ちゃんがお腹にいる方には葉酸の摂取が必要です。


最近知られてきましたが、葉酸は胎児の発育や細胞分裂を順調に進める役割をします。


その名の通り、葉物野菜やブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにたくさん含まれますが、いろいろな種類のサプリメントもあるので日頃から野菜不足を感じている方やどうしても野菜が好きになれない方には自分の生活に合わせて利用することをすすめます。


母体内の胎児を健康に育てるためには、葉酸が必要量を確保しなければならない栄養素という知識が定着したようですが、ビタミンB群の特長として、熱分解されやすいので、葉酸を十分に摂ろうと思ったら、食事のみだと毎日のことですから、けっこう大変でしょう。


調理の際に失われる葉酸を最小限にする工夫を知ることも大事だと思いますし、サプリメントや錠剤などで計画的に補うことも積極的に考えて欲しいです。


とりわけ妊娠初期に強化したいと、葉酸という栄養素は広く知られています。


葉酸は何に多く含まれるかを挙げると、その名の通り、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いのです。


納豆は加工食品ですが、葉酸が多い食材です。


海藻類や海苔なども葉酸が含まれているので日々の食事で、少量でも継続して食べ続けるのが最もよいといわれます。


また、葉酸を含む果物といえばイチゴで、間食に取り入れて欲しいものです。


妊活をしている方は体を温めるものを選んで食べるようにしましょう。


大根、ごぼう、人参といったような土の下に根を生やしているような野菜類は、体を温める作用があります。


一方、身体を冷やしてしまうとされる野菜は、キュウリやナスやトマトといった旬となる時期が主に夏の野菜です。


フルーツはデザートとして少しだけ摂るのはいいですが、ジュースにして飲むとついついたくさん飲んでしまい、体の冷えに繋がるので、温かい飲み物がよいと思います。


妊婦さんや、妊活中の女性に一度は試して頂きたいのが、ピジョンが発売している葉酸サプリです。


こちらの葉酸サプリはいくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。


殆どの葉酸サプリにカルシウムや鉄分、ビタミンなど、不足しがちな成分が詰め込まれていますから、一錠で多くの栄養素を摂取できるんですよね。


こうした複数の成分を配合した葉酸サプリを使えば、何錠もサプリを飲む必要がなく、楽に栄養が摂れるので嬉しいですね。


ピジョンの葉酸サプリは、葉酸以外に含有した成分に特徴があるので、ご自身の生活や状況に照らし合わせ、不足しやすい栄養素を補給できるサプリを選択するとより効果が高いです。


03:12
2017年05月21日(日)
【栄養不足が不安だという妊婦さんの頼もしい味方】
栄養不足が不安だという妊婦さんの頼もしい味方と言えば、育児や赤ちゃん製品で有名なピジョンのサプリでしょう。


ピジョンの葉酸サプリは数種類の葉酸サプリが売られていますが、殆どの製品が葉酸だけでなくカルシウムや鉄分、ビタミンなど、不足しがちな成分がまとめられています。


こうした複数の成分を配合した葉酸サプリを使えば、何錠もサプリを飲む必要がなく、簡単に一日分の栄養素を補給できますから、ぜひ活用するのをお勧めします。


ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。


受精卵の正常な細胞分裂に寄与し、赤ちゃんがほしいと思っている方も積極的な摂取が叫ばれている葉酸ですが、サプリメントを飲んだ時の効果は血液検査で容易に調べられます。


それに、この葉酸以外にも注目すべき成分値にビタミンB12を挙げることができます。


なぜかと言うと、過剰な葉酸の摂取によって、ビタミンB12不足がはっきり分からなくなってしまう事があるからです。


このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。


葉酸とは、ビタミンB群に属する栄養素で、適切な量をきちんと摂取することで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。


具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。


胎児の健康を考えて、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。


適切な葉酸の摂取の結果、胎児の先天的な神経管障害が発症しにくくなることが認められています。


こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生省が推奨しているんです。


今では葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、トクホ(特定保健用食品)に指定され、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もあるようです。


赤ちゃんがお腹にいる女性なら、順調に赤ちゃんが育つようにするため欠かせない栄養素が「葉酸」でしょう。


何といっても「葉」なのでキャベツとかレタスのような葉物野菜に豊富だという印象を持たれますが、本当は果物からもたくさん摂取できるもので、例えば、イチゴには100gあたり90μgの葉酸が含まれます。


葉酸は妊娠中、通常の倍近い量を摂らなければならないためどんな食材に多く含まれているかを知って、効率よく摂取することが大事です。


03:06
2017年05月20日(土)
【妊娠したら、葉酸を初期のうちにし】
妊娠したら、葉酸を初期のうちにしっかり摂っておきたいというのはずいぶん知られるようになりましたが、実際は妊娠の全期間にわたって葉酸こそ、子供と母体の両方に本当に必要な栄養素だといえます。


妊娠後期まで葉酸を摂ることで、赤ちゃんは発育が促され、母体にとっても貧血や妊娠中毒症を防ぐ働きがあります。


無事に妊娠初期を乗り切った後も、可能であれば出産後、授乳中まで葉酸を多めに摂ることを心がけて欲しいのです。


二児の母です。


妊活をしていた時、本を買って「産み分け」について学びました。


長男を出産した後でしたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。


本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジしたという訳です。


妊娠が発覚した後、性別が判明するまで期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。


妊娠の可能性がある方や、妊娠中の方はビタミンの中でも、葉酸を多めに摂りましょう。


葉酸といえば、胎児がすこやかに育つのを助け、細胞分裂を促進する効果があるのです。


ブロッコリーや芽キャベツ、枝豆などの他、葉物の野菜にも豊富に含まれています。


サプリメントで摂取しても問題はないので日頃から野菜不足を感じている方や野菜を避けてしまう方には自分の生活に合わせて利用することをすすめます。


カフェイン入りの飲み物を飲みたくない妊活中は、ハーブティーで代用という方が多いです。


何故かというと、まず一つは体にとっていい効果があるためです。


例を挙げると、不妊の原因でもある冷え性の改善や、生理周期の乱れを整えることです。


さらには、リラックス効果を得ることにも役立ちます。


妊活の最中はストレスを溜めてしまわないよう意識する必要がありますがその解消が期待できます。


そろそろ子供を妊娠するために妊活し始める女性がすべきことは第一に、母親になるために体内の状態を調整して準備しておくことなのです。


常日頃からの動作の繰り返しによって特に骨盤にゆがみが出てきます。


体や骨盤の歪みが妊娠の妨げになるともいわれています。


整体院のうち不妊やマタニティを専門に行うような治療院も増加中です。


妊娠しやすくて、胎内で赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整えるため歪んだ骨盤を適切な位置に矯正しましょう。


02:18
2017年05月19日(金)
【真面目に妊活の計画を立てているご夫婦は、な】
真面目に妊活の計画を立てているご夫婦は、なにより先に産婦人科で検査をしておきましょう。


そうすることで、妊娠に相応しい体ができあがっているのか、何らかの異常の有無を早期発見し、早めの処置や対策をとれるので、不妊検査はぜひ行っていただきたいですね。


医療機関のお墨付きがあるのと無いとでは、妊娠に対する安心感が全く違いますし、元気な赤ちゃんを授かるうえでも欠かせないものですから、検査を受けない理由はないと思います。


受精卵の正常な細胞分裂に寄与し、子作りの計画段階にも摂取が推奨されている葉酸ですが、サプリを利用した摂取効果は血液検査をすれば明らかになります。


さらに言えば、この葉酸以外にも注目すべき成分値にビタミンB12を挙げることができます。


なぜかと言うと、過剰な葉酸の摂取によって、ビタミンB12が欠乏してもはっきり分からなくなってしまう事があるからです。


これから妊娠したいと思っている方は葉酸を欠かさず摂ることが必要です。


その重要な理由としては、妊娠初期に先天性の障害が起きる危険性を下げることが期待できるからです。


とは言え、過剰摂取が続くとまた別の問題が起きることが気になってきます。


葉酸は過剰摂取すると、子供に喘息の発症を招くことがあります。


たくさん摂取すれば良いのではないことを知っておいてください。


一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。


体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、生殖機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。


冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。


お灸は緊張をほぐして血行を良くして新陳代謝を促し、ストレスを和らげる効果もあります。


冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を作りましょう。


最近、妊娠したら葉酸を摂るという話がよく聞かれるようになっています。


子供が健康に育つために必要なのはもちろん、お母さんが健康に過ごし、無事出産できるようにするためにも摂取したい栄養素として、葉酸の重要性が高まっています。


一番必要なのはいつなのかと聞かれるとなかなかわからないものです。


実のところ、妊娠直後に葉酸が最も多く使われるのです。


それから、授乳中も葉酸は欠かせない栄養素であるため、妊娠中と同じくらいの量を摂るようにしましょう。


01:42
2017年05月18日(木)
【妊活時はひときわ、ストレスを】
妊活時はひときわ、ストレスを溜めないように留意することが必要です。


その観点から行くと、入浴中のリラックスは大事ですが、体への負荷を少なくするということを考えた場合、熱いお湯であったり、長時間湯に浸かるということを控えた方がいいでしょう。


熱は意外と、悪い影響を与えてしまうのです。


葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。


ですが、葉酸だけを摂っても不十分です。


葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリの利用を考える時には、葉酸以外の栄養素が25種類前後入っているものを選べば栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。


妊娠しやすい体になるために、「まだ妊娠はしていなけれど、もうそろそろ授かりたい」とお考えの妊活中の方も今から飲んでおくと安心です。


生食だけでなく、料理の素材としても使われる独特のクリーミーな食感を持ったアボカドは、ビタミンB群の一つ、葉酸がたくさん摂れます。


人の身体にとって、葉酸は皆さんの予想以上に有用なものです。


鉄分とともに摂取することで貧血を防止する、その他、子供がお腹の中にいる間、子供に必要な栄養が行き届くようにするなど、人生の各ライフステージで必要な栄養素といっても過言ではありません。


自明のことですが、妊娠や出産は、旦那さんと奥さんの頑張りの結果であると言えます。


これは何を意味するかというと、妊活における男性の役割は大変重要だということを表しています。


女性にしか出産はできませんので、ともすると女性が頑張るしかないと思う方も中にはいるかもしれないですが、男性の頑張りが足りなければ妊活成功の可能性が落ちてしまうかもしれません。


不妊の要因になるものといえば、排卵障害や着床障害といった女性側要因と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側の原因とが挙げられるでしょう。


原因といってもこのように複数あり、男女どちらかのせいにするのは非現実的です。


ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、男性、女性、両方が早めに検査を受けると確実ですし、時間を無駄にすることもありません。


00:18

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++