今話題の葉酸、妊活について解説していきます


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2018年01月16日(火)
【妊活とはどういう活動を指すかというと、】
妊活とはどういう活動を指すかというと、そのままの意味で、妊娠するためになされる活動のことです。


当然のことですが、性交すれば必ずしも妊娠できるということではありませんので、新しい家族を授かりたいと思っている二人にとって確率を上げるための活動ということになります。


それのみならず、健康な赤ちゃんが授かるようにするために行われるいろいろな対策のことも含んで使われます。


食材の中で、葉酸が多く含まれるものには、代表的なのはレバーや枝豆ですが、身体に良い効果がある葉酸をたくさん摂りたいという理由だけで、葉酸を多く含む食材にこだわるというのはちょっと考えられない話です。


葉酸を比較的簡単に摂れる方法としてはスムージーはいかがでしょうか。


ごく普通のスムージーの作り方で、ミキサーを使い、葉酸が多い野菜の他にりんごなどの果物、そして水分を入れるだけで、手軽に飲める葉酸強化スムージーができます。


妊婦の方の中でも、葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も少なくないですよね。


しかし、実は葉酸は熱に弱いため調理の際の加熱によってどれだけ大量の葉酸を含んだ食品でも、調理した後は葉酸は避けられません。


葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不足している、という場合もあります。


妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に大変重要な働きをする栄養素が、葉酸です。


母子ともに健康な体でいるためにも、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。


ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。


厚生労働省の発表によりますと1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。


野菜だけで補おうとすると大変だと思います。


葉酸サプリで補給するのが良いと思います。


妊活で大事なことは何かというと、基礎体温をしっかりと測ることです。


基礎体温を測って分かることは身体の状態の把握が可能となり、状態として妊娠しやすいかどうか、その時点での妊娠の可能性や排卵日がいつかなど重要な情報を知ることができるでしょう。


詳しく説明しますと、基礎体温はどういうものかというと、朝起きてすぐに検温することで調べることが出来ます。


02:00
2018年01月15日(月)
【葉酸はビタミンの一種であり、赤ち】
葉酸はビタミンの一種であり、赤ちゃんにはとても大事な栄養素です。


葉酸は赤ちゃんがお腹にいるときに重要となるだけでなく、赤ちゃんが生まれた後も、母子を助ける栄養素なのです。


胎児の細胞分裂は妊娠初期に最も盛んであり、そこで葉酸が重要な役割を果たすので、妊娠したときのために、その前から積極的な葉酸の摂取を心がけておけば望ましいと言えます。


妊娠時に必要な量の葉酸を、食事だけで毎日摂るのは無理があるので自分の生活習慣に合わせて、サプリメントや錠剤などで補うことをすすめます。


他の栄養素に優先して、葉酸は子供のために多めに摂ることを妊娠初期から心がけるべき、重要な栄養素なのです。


どこの製薬会社や健康食品会社からも葉酸が摂れる製品を売り出していますが、購入時に気をつけなくてはならないのは葉酸以外の成分や添加物をよく調べることです。


特に、妊娠初期は身体が敏感になっているので合成添加物や香料を排除した体に害を及ぼさない製品にしましょう。


とりわけ妊娠初期に強化したいと、葉酸という栄養素は広く知られています。


葉酸は何に多く含まれるかを挙げると、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に豊富に含まれます。


意外ですが、納豆も葉酸が豊富です。


また、海藻類や海苔も案外葉酸が豊富です。


日々の食事で、少量でも積極的に食べると葉酸が自然に摂取できます。


果物なら、イチゴに葉酸が比較的多いのでおやつならイチゴが良いでしょう。


妊活中の女性にお薦めしたい食べ物には、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。


鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども妊娠に必須の栄養が多いので、摂取が推奨されます。


全体的にはバランスよく一つの食品群に偏らないことが理想的です。


一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は避けたほうが、妊娠してからも楽になります。


流産や胎児の先天性異常との関係も指摘されており、妊活の必須アイテムとも言われるのが葉酸です。


サプリメントを飲んだ時の効果は簡易的な血液検査で分かります。


くわえて、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分としてビタミンB12があるのです。


なぜなら、葉酸を摂りすぎてしまうと、ビタミンB12の摂取不足がはっきり分からなくなってしまう事があるからです。


01:18
2018年01月13日(土)
【妊活中の方にご一読していただきたい】
妊活中の方にご一読していただきたいのですが、この時期の女性にも厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。


受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。


そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。


細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。


この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。


女性にとって、妊娠初期に強化したい栄養素が葉酸だということは広く知られてきたことですが、本当のところ、妊娠中期や後期になっても葉酸は母子ともに大事な栄養素に他なりません。


葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、母体にとっても貧血や妊娠中毒症を防ぐ働きがあります。


ですから、妊娠初期に限らず、出産後、授乳が終わるまで葉酸を多めに摂ることを心がけて欲しいのです。


アロマは心身の調子を整えてくれますので、妊活の場面でも役立っています。


そのため、待合室にアロマを活用している病院まであるぐらいです。


特にローズは妊活中の女性に人気のあるアロマです。


ホルモンバランスを適正に保ち、ストレスを解消してくれるという効果が期待できます。


不安な気持ちを軽減し、女性ホルモンを分泌させる作用があるイランイランも妊活中の女性に人気です。


不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。


ストレスは体内のホルモン合成を妨げ、不妊につながる冷えや血行不順、排卵障害などを招きます。


また、周囲の期待感や気遣い、焦りといった感情が不妊治療に通ううちに重積してくることもあり、悪循環から抜け出せない人もいます。


周囲も本人もおおらかな気持ちを持つことが赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。


2人目妊娠を気長に待ち続けて気付けば3年後、まだ妊娠していなかったので、自分または主人の健康状態が大丈夫なのか心配になりました。


1人目の子供を育て上げるためにも元気である必要がありますから、この際だから細かく検査をしてもらい、問題なしであれば妊活に入りましょうと夫婦間で合意したのですが、思い返してみると、この話し合いが私が妊活をはじめたきっかけでした。


23:36
2018年01月12日(金)
【妊婦にとって葉酸は重要な働きをする栄養素】
妊婦にとって葉酸は重要な働きをする栄養素なのですが、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。


実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。


そのため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害を発症する要因になると報告されています。


また、ダウン症予防の有効性も認められているので、葉酸の摂取が十分に行えるよう、気を付けてみてください。


ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。


例えば、フルーツで言うと、イチゴ、ライチに多いことが知られていますね。


それ以外では、アセロラや柿、キウイフルーツもそうですね。


あるいは柑橘類も葉酸を多く含有しています。


簡単に葉酸を摂取したい場合は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良い方法だと言えますね。


初めての妊娠に気づいたときから赤ちゃんのために身体を大事にしました。


妊娠初期は身体の変化が大きいので、特に気をつけた方が良いと母も医師も異口同音に言っていました。


様々なネットのサイトや雑誌などで妊娠初期から葉酸を多く摂らなければならないと書かれていたので、思い立ったとき、すぐにサプリメントを買いました。


ほとんど食事ができないくらいつわりがひどいときもありましたが、そんなときもサプリメントは飲めたので空腹でも飲めたのがありがたかったです。


ビタミンB群の一つである葉酸は、他のビタミンBと同様に水に溶け出る性質があるため、一日の所要量を一度に摂っても消化管から吸収されるよりも先に尿や便として身体の外に出てしまうこともあるのです。


従って、葉酸をサプリなどで摂るときも、時間をおいて分けて飲んだ方が効果があるということに気をつけてください。


食事から必要量の葉酸を毎日摂ろうとすると、かなり気を遣うので、強化して摂りたいなら特に、できるだけ効率よく体内で使われるようにしたいものです。


女性にとって、妊娠は生活や気持ちの持ち方が変わる要因となるため意識する、しないにかかわらず変化はストレスとなり、自律神経が普段と違う働きをすることもあるでしょう。


妊娠によって起こるホルモンバランスの変化や毒素の排除で、つわりが生じるというのが定説ですが、自律神経のバランスが崩れて起こるケースもあるとされています。


母体にとっての葉酸は、神経系の働きを調整する役割を果たしています。


そのため結果的につわりを軽くする効果があるとされます。


23:12
2018年01月11日(木)
【妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意さ】
妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。


不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。


妊活中において、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。


葉酸が持つ効果としては、貧血を予防する効果がありますし、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。


他には、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。


赤ちゃんを望む夫婦どちらにも非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。


妊活をしている方は食べ物にも気を付け、体を温めるものを選んでください。


大根、ごぼう、人参といったような土の下に根を生やしているような野菜類は、体を温めてくれる作用があるので、いいでしょう。


反対に、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの旬が夏の野菜が挙げられます。


フルーツはデザートとして少しだけ摂るのはいいですが、ジュースとしてたくさん飲んでしまうと体を冷やしてしまうのであたたかい飲み物がベターです。


身体に良いといわれるビタミンの一つが葉酸で、不足するよりは多く摂った方が良いとサプリメントなどを標準量の何倍も飲む方もいてもおかしくありませんが、葉酸を一度に多量に摂ると体のあちこちで悪い作用をします。


大抵は一時的な発熱やじんましんなどの症状ですが、人によっては呼吸障害を起こす大変な事態になることもあります。


葉酸は1日あたり1000μgが摂取の上限なので、サプリメントの大量摂取には要注意です。


妊娠したら、葉酸を初期のうちにしっかり摂っておきたいというのは多くの人が知っていますが、実は妊娠初期だけでなく、出産に至るまで葉酸は母子ともに大事な栄養素に他なりません。


葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、お母さんも貧血や妊娠中毒症を防ぐことにつながります。


ですから、妊娠初期に限らず、葉酸は妊娠中から授乳中にわたって継続して摂っていくべきです。


栄養状態の改善や、適切な運動の励行といった実際の妊活を継続していると、そのうち中には疲れてくる方も出てくるでしょう。


そのような時は気持ちの切り替えもかねて有名な子宝神社を参拝してみてはどうでしょうか。


たまには神様に頼んでみることもプラス思考に転換できるいい機会になると思います。


22:54
2018年01月10日(水)
【葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特】
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜です。


赤ちゃんを授かったあと、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の先天異常を発症させにくくすると知られています。


十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。


そんな時には納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをお勧めします。


葉酸は様々な食品に含まれていますから、自分に合ったものから補給するようにしましょう。


これから妊娠したいと思っている方はビタミンの一種である葉酸を摂ることがおすすめです。


なぜかというと、子供に先天性の障害が起きる確率を下げることが期待できるからです。


とは言え、過剰摂取が続くとまた別の問題が起きることが気がかりな点です。


子供に起きる問題としては、将来、喘息などが起きやすくなるという説もあります。


ですから、過剰摂取にならないよう気をつけてください。


クリニックでの不妊治療を経て、ようやく第一子を授かることができました。


結婚して3年目くらいまでは、タイミングを見計らって努力しても、授かることができず、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、自分はどうなのだろうと不安になりました。


病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤が有効というので試してから、二周期ほどで妊娠できました。


ストレスも原因だったのかなと思います。


早めに受診するべきでしたね。


妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。


もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。


ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活中から妊娠3か月の期間、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。


冷え性は不妊を招くと言われています。


体温低下で血行不順になると栄養素が体のすみずみに至らなくなり、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ちるといった報告があります。


このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。


血行を良くして、自然な代謝を促進し、ストレスを和らげる効果もあります。


赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。


21:36
2018年01月09日(火)
【子供を持とうと妊活を継続している方は、ぜひお守りを持】
子供を持とうと妊活を継続している方は、ぜひお守りを持つことをお勧めします。


例を挙げると、長谷寺は鎌倉にあるお寺で、ここは子宝と縁があるお寺です。


そこで売っているお守りは、大変な妊活の緊張を和らげて落ち着かせてくれます。


それ以外にも、パワーストーンなども妊活のお守りとして使われていますから、試しに色々なアイテムを持つこともいいと思います。


意外に思われるかもしれませんが、妊活にあたって積極的に行っていただきたいものは実は、骨盤の歪みの矯正なんです。


妊活中の体に適した簡易なストレッチ方法などを紹介する動画がアップされています。


体の器官の中でも、妊娠に関する大切なものは骨盤が支えているのです。


歪んでしまった骨盤を正常に戻して血液が十分に流れるようにすれば妊娠しやすくなりますから、妊活にぴったりの方法だと言えますね。


何とかして女の子を授かろうと思い、どうやったら産み分けができるのか、本やサイトを丹念に調べて実行しました。


野菜をたくさん食べると女の子を授かる、お肉をたくさん食べると男の子等々、どこまで本当かと言いたくなりますが、自分たちでできることは全て試しましたね。


そうしているうちに赤ちゃんが来て、つわりがひどいときもありましたが、葉酸サプリをきちんと飲んでいたためか待望の女の子を授かりました。


あなたは「妊活」という言葉を知っていますか?これは、額面通り、妊娠をするために行う活動すべてをまとめて表しています。


もちろん、子作りさえすれば、絶対に妊娠するかというとそういう訳ではないので、赤ちゃんを授かりたいと考えている夫婦にとっては妊娠しやすくするための手段といえます。


それだけではなく、健康な赤ちゃんが授かるようにするために行われる種々の方法のことも指していいます。


妊活で大切なこと、それは基礎体温の測定です。


基礎体温を測っていれば、身体の状態の把握が可能となり、現在、妊娠しやすいのかそうでないのか、妊娠をしているかどうかや、排卵日の予測など知っておきたいことがわかります。


ついでにいっておきますと、基礎体温とは、朝起きてすぐ体温測定を行うことでわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。


20:48
2018年01月08日(月)
【葉酸は体に不可欠な栄養素で、】
葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。


野菜の中では代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。


葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。


なぜなら十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を避けることが出来るという報告があるのです。


厚生労働省の発表によりますと、妊娠初期の場合は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。


そのような場合は葉酸のサプリを利用するのが良いと思います。


妊活中には食事の内容にも気を配りますが、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。


妊活中におススメなお茶では、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。


これらはノンカフェインなので、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。


中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという事ですので、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。


妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。


この妊活は主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。


しかし、男性側にも実践していただきたい妊活があります。


それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。


不妊などの原因は母体にあるばかりでなく、意外にも男性側の問題だというケースもあります。


特に注目したいのは、精子の染色体異常です。


これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。


質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。


妊娠中の女性がしっかり摂らなければならない栄養素が葉酸ですが、効果を期待するあまり、過剰に摂ってしまうと身体に良くない作用をすることがあります。


症状としては、食欲がなくなったり、吐き気が起きたりするなど様々な出方をしますがまれに胎児の発育にも影響することがあります。


少しでも多く摂りたい気持ちはわかりますが過ぎたるは及ばざるがごとしなのでサプリや錠剤を使うなら、決められた摂取量を大幅に超えないようにしましょう。


妊活というものはつらいことも多々あるため心も体もダメージに弱くなっています。


結果が長らく出なければ、中にはうつ症状が出る人もいます。


妊娠の最も妨げになるものはストレスとも言われています。


実際に不妊治療を中断してストレスがなくなりすぐ妊娠できたという場合も多いです。


必死に妊活をすることで、心配事を増やしてしまう事がないように息抜きをしながら続けていきましょう。


20:48
2018年01月07日(日)
【どの時期に妊活をスタートすべきか中には】
どの時期に妊活をスタートすべきか中には気になっていらっしゃる女性もたくさんいるでしょう。


それに答えるとするならば、結婚している人もしていない人も、将来妊娠を希望している女性であれば、常日頃から行うべきものと言うこともできます。


妊活というものは、すぐに妊娠するために行われるものだけを意味しているのではなくて、体をより妊娠しやすい状態に近づけるために行う活動を言うのです。


なので、たとえいつ始めたとしても、早いということはないと思います。


そろそろ本格的な妊活の計画を立てているご夫婦は、先にしっかりと専門の医療機関で検査を行いましょう。


なぜかというと、検査を受けておけば妊娠に相応しい体ができあがっているのか、あるいは先天的な問題が無いのかなどを早期に発見して、治療や処置を施すことが出来ますから、妊活を始めるにあたっては、不妊検査は必要不可欠なものなのです。


医療機関のお墨付きがあるのと無いとでは、妊娠に対する安心感が全く違いますし、授かった赤ちゃんの健康にも影響しますから、検査を受けない理由はないと思います。


なんとなく不妊を疑いはじめたら、まず、自分の基礎体温を知ることから対策しましょう。


平均体温と基礎体温は違います。


基礎体温を見ると女性のホルモンバランスの変化が推測できて、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。


基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。


入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという決まりがあるので、それに従って毎日続けるのが大事です。


一日忘れても根気よく続けていきましょう。


健康な赤ちゃんを産みたいなら、妊娠前であっても、妊娠中であっても可能な限り体に悪い影響をもたらすものを避けなくてはなりません。


そういう観点から、妊活中はたばこを吸うのはやめましょう。


リラックスさせる作用も喫煙にはありますが、健康を損ねる恐れがあります。


現時点で喫煙をする人は禁煙のスタートも妊活に繋がるはずです。


2人目の赤ちゃんが出来ることをのんびりと希望して3年経過しても妊娠しなかったので、自分または主人の健康状態が大丈夫なのか心配になりました。


第一子を育て上げるためにも長生きしなければいけないので、この際だからしっかりと調べてもらって、異常がなければ妊活をスタートしようと二人で話し合って決断したのですが、今思ってみればこの話し合いが妊活スタートの直接のきっかけですね。


20:12
2018年01月05日(金)
【お腹に赤ちゃんがいることを知ってからしば】
お腹に赤ちゃんがいることを知ってからしばらく経って、十分な量の葉酸が摂れていないと感じたならすぐに葉酸を摂るようにしましょう。


赤ちゃんの発育を助け、健康に生まれてくるために葉酸が常に欠かせません。


様々な理由で葉酸がきちんと摂れていなくて、これまでより多くの葉酸を摂る必要を感じたら気がついたら早急に不足分を補う量の葉酸を摂るようにできる手段をとっていきましょう。


葉酸というビタミンは、赤ちゃんの健康のため妊娠期間中、毎日コツコツと摂取していくべき、重要な栄養素なのです。


数え切れないくらいのメーカーで主成分の中に葉酸が含まれる製品を売っていますが、肝心なことは、選ぶときに葉酸以外の成分や添加物をよく調べることです。


妊娠初期に口にするものは気をつけなければならないので添加物や香料が最小限に抑えられた、できれば無添加の安心して摂れる製品を選んでください。


子供を授かりやすくするための活動である妊活はどんな時に妊娠が成立するのかを分かった上で、その仕組みに沿った措置を可能な限り講じていくものだともいえます。


それから、最も重要なものといえば、栄養であるということが分かると思います。


そうは言っても、栄養素全てを、バランスよく適度な量を摂取するということは困難なことだと思います。


その様な時にはサプリメントがお勧めです。


最近は、サプリの中でも妊活用のものというのも出てきています。


栄養素の中でも、妊婦には葉酸が必要だということがほとんど常識になっています。


赤ちゃんが順調に発育するために必要になるだけでなく、妊娠中の女性の健康を維持するためにも必要な栄養素として認識されています。


それでは、いつ必要になるのかとわからなくなってしまうかもしれません。


葉酸の需要は、妊娠直後がピークだと言えます。


それから、授乳中も葉酸は欠かせない栄養素であるため、授乳が終わるまで多めに摂り続けて欲しいのです。


お腹の中で胎児が育つために、欠かせない栄養素の一つが葉酸です。


妊娠中、母子ともに葉酸がたくさん必要なのはもちろんですが、無事に生まれた後も、母子両方に必要な栄養素です。


細胞分裂が最も盛んなのは妊娠初期であり、そのとき葉酸は多く使われるため、妊娠を望んでいる女性ならば、できる限り積極的な葉酸の摂取を心がけておけば望ましいと言えます。


妊娠時に必要な量の葉酸を、食事だけで毎日摂るのは無理があるのでサプリメントや錠剤、特定保健用食品を適切に使っていきましょう。


14:54

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++