今話題の葉酸、妊活について解説していきます


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年11月21日(木)
【効率よく葉酸を摂るためには、食事】
効率よく葉酸を摂るためには、食事からの摂取に限定せず、サプリや強化食品、錠剤などを使って補っても効果に変わりはありません。


そして、妊産婦や授乳中の女性などでより多くの葉酸摂取が必要なのに摂取できる葉酸の量が、食事だけでは所要量に満たないとき、あるいは簡単に改善されない貧血を治療するため、鉄分補給と併用される手段としてスポット的に注射で投与することもあるようです。


体温を上げる事や代謝の改善をはかることで妊娠しやすい体になっていきます。


あまり運動はしないという妊活中の女性は可能な限り身体を動かすようにしてください、身体に負担のかかる運動でなくストレッチあるいはヨガなど、緩やかな動きのものがいいでしょう。


ここ最近では妊活ヨガというヨガのコースがあるスタジオもあり、関心が寄せられています。


お腹の中に赤ちゃんがいるとわかった直後からサプリメントで葉酸を摂り始めました。


病院では、妊娠がわかったらできるだけ早く飲みなさいと急がされましたが、いつまでサプリメントを飲めば良いのかについては言われた記憶がありません。


1袋空いたところで良いかと思い、次を買いませんでした。


最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、葉酸サプリをまた飲むようになったのです。


妊活を出来るだけ効率的に進めたいという場合は、まずは産婦人科等で必要な検査を済ましておくのが良いでしょう。


検査結果に問題が無くてもその道のプロから妊活が捗るようなアドバイスを貰えますし、排卵周期からちょうど妊娠しやすい性生活をもつタイミングの指導をしてもらえますので、安心です。


実際に妊娠する前から産婦人科に行って検査を受けてくださいね。


夫婦そろって本気で妊活をしようとする場合、婦人科や専門の医療機関で不妊検査をしておくべきでしょう。


検査を受ける事で妊娠するために相応しい体の状態なのか、妊娠に関わる器官に問題が無いかなどが確認できますから、不妊検査はぜひ行っていただきたいですね。


検査によって異常がないことが分かれば安心して妊活に専念できますし、授かった赤ちゃんの健康にも影響しますから、必要不可欠という理由も分かると思います。


12:06
2019年11月20日(水)
【簡単に妊活と言っても、赤ちゃんを授かるという命】
簡単に妊活と言っても、赤ちゃんを授かるという命の仕組みを何とかしようというものなのでいつか必ず成果が表れるものではありません。


それゆえ、途中でやめてしまう方も多くいるのですが、それは大変残念なことだと感じます。


妊娠する確率はアップしているはずですから、そこまで落ち込まずに、自分のペースで続けてください。


体温を上げる事や代謝の改善をはかることで妊娠しやすい体づくりに繋がります。


普段から「運動はしません」という妊活中の女性は、自発的に運動をしてください。


ハードである必要はありませんから、ヨガとかストレッチといった緩やかな運動がお勧めです。


昨今では、妊活ヨガというヨガのコースがあるスタジオもあり、話題になっているそうです。


子供を産みたいと妊活を継続している方は、思い切ってお守りの力を借りてはどうですか。


一例として、長谷寺という鎌倉のお寺は子宝と縁があり、こちらで販売されているお守りは、何かとつらい妊活時の気分を落ち着かせて安心につながります。


その他、妊活関連のお守りとしては、パワーストーンなども出ていますので、さまざまなアイテムを使ってみるのもいいかもしれません。


妊娠してから時間をおいて、葉酸摂取の重要性に気づいたとすれば、葉酸摂取を早急に始めなければなりません。


胎児が母体内で順調に育ち、無事生まれてくるにはとても重要な役割を果たすのが葉酸です。


それまで摂取していた葉酸が十分な量ではなく、しっかり葉酸を摂らなければと考えるならばできるだけ早く不足分を補う量の葉酸を摂るようにできる手段をとっていきましょう。


葉酸を摂ろうと思うと、レバーの他、ほうれん草などにたくさん含有されていますがそればかり毎日食べるのもあり得ないことで、どうしても摂取が不足してしまいます。


とすれば、葉酸を摂るための一つの考え方としては食事から摂れる葉酸だけで毎日しっかり摂ろうと考えるのを止めて、補助的にサプリメントや薬を使っていけば良いのです。


葉酸を摂るためにどうしたらいいか、最適な方法を考えて葉酸が不足しない生活習慣を作れると良いですね。


10:42
2019年11月19日(火)
【妊娠を希望している方や、計画されている方に向】
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、葉酸の摂取が、厚生労働省により勧告されている事をご存知ですか?受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。


そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが高くなるという話があります。


細胞分裂は、一般的に妊娠に気付きにくい受胎時から既に始まっています。


この時の細胞分裂が正常になされるようにするためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。


葉酸はビタミンの一種であり、赤ちゃんにはとても大事な栄養素です。


母体内の胎児にとって葉酸が必要なのは有名ですが、生まれた赤ちゃんと授乳中のお母さんに欠かせない栄養素の一つでもあります。


最も細胞分裂が活発に行われる妊娠初期こそ、葉酸が最も盛んに使われることになりますから、可能ならば、妊娠を考え始めたときから多めに摂るように努めた方が赤ちゃんの健やかな成長に役立つでしょう。


食事だけで、妊婦の所要量を満たすことは案外難しいので、必要な量を摂るために、サプリメントなどを活用していくのが賢明です。


妊娠しやすくなるために、心がけるべきなのが良質な睡眠をとることです。


人間は睡眠が足りない状態が続くと、体内の活性酸素が増加し、その影響で生殖にかかわる細胞が酸化され、劣化が進みます。


歳をとるごとに衰退していく性機能の低下を食い止めるためにもがんばって妊活をしている時は十分に睡眠をとるようにしましょう。


妊活なんて聞くと、女性がやるものだという印象が強いかと思います。


ですが、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。


それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。


流産や不妊におけるリスク要因は女性にあるとは限らず、夫に問題があったという話も良く耳にします。


特に注意すべきは精子の染色体異常です。


受精卵の着床率に影響がある為、染色体異常率を軽減する必要があります。


葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。


そのため、葉酸を十分に意識して摂取してみてください。


ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。


生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。


妊娠を望む家族の声や、焦りといった感情が不妊治療中のストレスとなるケースもあり、ますます追い詰められるという繰り返しも、ないわけではありません。


治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが大切です。


07:06
2019年11月18日(月)
【二人目が欲しかったのですが、なか】
二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。


長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、一度言ったら気が乗らないふうだったので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。


月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、そう簡単には妊娠できず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。


それが功を奏したのか、全部飲み切らないうちに、赤ちゃんを授かることができて、これ以上待たなくて良いのだと思ったら気が楽になりました。


布ナプキンと聞いて思い浮かぶことといえば、使った後、洗濯が面倒くさいし、漏れないか気になる、と使うことに戸惑いを感じる人がかなりいると思われます。


ですが、布ナプキンは下着と同様に布製なので、ムレ、またはかゆみのような不快感が減少しますし、冷えからも守ってくれます。


そういうわけなので、生理中のストレスが改善され、体の冷えを防止するという妊活の最中の女の方には一番重要となる子宮環境を良くすることに役立つのです。


葉酸は様々な食品に含まれている天然の栄養素です。


青菜系の野菜に多く含まれている事が有名ですが、果物に限った話では、代表的なものにイチゴやライチがあると有名です。


他の果物では、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。


葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、オレンジジュースを飲んで葉酸を補給するのも良いですね。


葉酸は人の体内で様々な働きをしますが、その一つ全身の血行促進が従来から挙げられています。


血行が悪くなるのはあらゆる不調の原因で、腰や肩が痛い、凝るという局部症状の他、冷え性や不妊といった全身症状にもつながると言われるのでそうした症状を改善したい場合は葉酸を多めに摂るようにしてみると少しずつ良くなってくるかもしれません。


ビタミンEを、葉酸と同時に服用することで血行改善の効果はさらに高くなります。


葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。


野菜の中ではほうれん草やブロッコリーに多く含有する栄養素として知られています。


葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。


それは適切な摂取によって、胎児の先天的な障害を負うリスクを下げて健康な成長を促す効果がある為です。


また、流産といった危険性を下げる効果が認められています。


厚生労働省が推奨するように、受胎前から妊娠初期の方には一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。


また、厚生労働省が推奨するように葉酸のサプリを利用するのが良いと思います。


03:48
2019年11月17日(日)
【みなさんご存知のように、妊娠初期の女性】
みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。


ママの体も赤ちゃんも、共に元気であるように、母体に負担にならない方法(葉酸サプリメントなど)で積極的に葉酸を摂取して、葉酸不足に陥らないようにしてください。


ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。


厚生労働省の発表によりますと一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。


これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとすると難しいと思いますから、葉酸サプリで補給するのが良いと思います。


皆さんご存知のように、妊活中にコーヒーを飲むことはあまりお勧めできません。


というのも、よく知られているように、コーヒーにはカフェインが含まれています。


このカフェインが体を冷やしてしまう為、体の冷えを取り除く必要のある妊活では飲まないようにした方が良いと言えます。


とはいえ、今までコーヒーをいつでも飲んでいて飲まないとストレスを感じるような方もいるのではないでしょうか。


そんな人はストレスが妊活に悪影響を与えないように、過剰摂取にならない1日3杯程度までを飲むことは大きな問題にはなりませんので、こちらを選ぶようにしましょう。


妊娠する前も妊娠中も同様に出来る限り体にとって有害なものを取り除いていかねばなりません。


そういう意味でも、たばこを吸わないよう心掛けましょう。


煙草というものは嗜好品としてリラックスをもたらすという効果を持ってはいますが、健康を損ねる恐れがあります。


現時点で喫煙をする人は妊活のみならず禁煙も行うべきでしょう。


葉酸は妊婦が積極的に摂るべき栄養素だと広く知られていますが、やみくもに多く摂れば良いというものではなく、過剰摂取すると全身にわたる副作用が起きることもあります。


食欲がなくなる、吐き気が起きる、熱が出るなどその人の体質や摂った量によっていろいろな副作用が起きますが、最悪の場合、胎児に副作用がおきることもあるようです。


妊娠中は通常のほぼ倍の所要量を摂らなければならないのですが、過ぎたるは及ばざるがごとしなのでそれぞれの薬や栄養補助食品に示された摂取量をしっかり守らなければなりません。


妊活中には、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。


妊活中におススメなお茶では、タンポポ茶ですとか、ルイボスティーが良いようです。


これらのお茶はカフェインが入っていません。


妊活中の女性にも赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。


中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があるという事ですので、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。


03:48
2019年11月16日(土)
【一見すると無関係なように感じま】
一見すると無関係なように感じますが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、とても深い関連があるということが判明しています。


最近の研究からわかってきたのですが、殆どの人が発症しているといっても過言ではない歯周病が早産や低体重児出産に関与し、可能性を引き上げるということが判明しています。


治療の中には、妊娠中には避けた方がよい方法もあります。


現在、妊活中で長らく歯科医に診てもらっていないなという心当たりのある方は、なるべく早く受診するのがベターです。


友人は妊娠したいと話していた頃に薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。


彼女によると体質から変えたい、と考えているようでした。


漢方だったら安心感があると思います。


漢方の効果かはよく分かりませんが、彼女は赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、みんなでお祝いを計画しています。


葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。


しかし、いかに大切な栄養素であっても、摂取する量には気を配ってください。


サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。


ですがサプリには普段の食事で摂取できる葉酸に比べて、遥かに多くの葉酸が含まれています。


それゆえ、簡単に大量摂取してしまう危険性がある為、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。


葉酸が過剰に体に蓄積されることで、胃腸が影響を受けるために、主に食欲不振や吐き気といった副作用があらわれることがあります。


それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。


妊娠してから栄養指導を受けたり、地域が主催する、母親学級を受けに行った方は多いと思います。


こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。


皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。


あるいは、野菜も代表の一つですね。


実際に食材から葉酸を摂取しようと考えた場合、いくつかの注意点があります。


葉酸は調理の際の加熱で分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、食材を調理するようにしましょう。


葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。


ですので、調理法にちょっとしたコツがあります。


葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、加熱調理が避けられない場合には短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、早めの加熱調理で終わらせた方が良いでしょう。


こうした調理や食事が負担だと考える方は、葉酸のサプリメントを活用するのが手間がかからず良いと思います。


03:00
2019年11月15日(金)
【女性は妊娠前も妊娠している間も可】
女性は妊娠前も妊娠している間も可能な限り健康に良くないものを排除する方が賢明です。


そういうわけで、妊活を行っている間は喫煙を控えましょう。


煙草というものは嗜好品としてリラックスをもたらすという効果を持ってはいますが、体にとっては有害です。


現時点で喫煙をする人は妊活と同時に禁煙もおすすめします。


女性にとって、妊娠は生活や気持ちの持ち方が変わる要因となるため変化で身体がストレスを感じ、自律神経のバランスを崩すこともあると考えられます。


妊娠初期から中期にかけて起こるつわりは、ホルモンバランスが変化することや、身体が毒素を排除しようとすることで引き起こされるのですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じる症状でもあるのです。


ビタミンとしての葉酸は、神経系の働きを整える役割を果たしています。


そのためつわりの軽減も期待できるわけです。


葉酸というビタミンは、赤ちゃんの健康のため妊娠期間中、毎日コツコツと摂取していく必要があるくらい大事なものです。


多くの製薬会社や健康食品会社で主成分の中に葉酸が含まれる製品を売っていますが、必ず行って欲しいのは、購入時に葉酸以外の成分や添加物をよく調べることです。


妊娠初期は様々な添加物の影響を受けやすいのでできるだけ無添加無香料の体に害を及ぼさない製品にしましょう。


葉酸は妊婦に欠かせない栄養素だというのはもはや常識ですが、葉酸の摂取を妊娠前に行うことで受精率と着床率のアップにつながることが判明しています。


無事に着床して、妊娠が成立するまでの間は細胞分裂が活発なので、葉酸の役割が重要になってきます。


ですから、妊娠するまでの間にも葉酸はたくさん必要であり、もちろん胎児の発育にとっても葉酸を欠かすことはできないので、妊活中から、出産後まで葉酸を摂るのが理想的でしょう。


葉酸が妊娠初期に不足した場合、胎児の発育が阻害される心配があるのです。


神経管閉鎖障害は先天性障害の一種ですが、その異常を引き起こすことがあって、これが重篤だと無脳症になるため最終的には流産や死産になるのです。


発育を阻害する要因を取り除くためにも葉酸は妊娠の判明後すぐに十分に摂らなければなりません。


01:54
2019年11月14日(木)
【少しずつ暑さが増してくると知らず知らずのうちに「】
少しずつ暑さが増してくると知らず知らずのうちに「冷たいものが飲みたい!」と思ってしまうことが多いですが普段はもちろん、妊活している時にはなるべく体の冷えを招く飲み物というのを控えた方がいいでしょう。


それとは逆に、温かい物を飲むようにすれば妊活にもプラスになります。


飲み物のみならず、生活全体を通して常に体を温めることを意識しましょう。


ここ数年で、赤ちゃんができたら葉酸をしっかり摂らなければならないということが広く知られるようになりました。


お腹の中で赤ちゃんが発育するために必要なのは当然のこと、母体の貧血や妊娠中毒症を防ぐためにも摂取したい栄養素として、葉酸の重要性が高まっています。


だとすれば、最も必要になるのはいつか疑問を抱く方もいるでしょう。


赤ちゃんが葉酸を一番必要とするのは妊娠直後です。


しかも、授乳中も葉酸が不足しがちですから、授乳している間は積極的に摂ることをすすめます。


妊娠しやすい体づくりのために、大変重要なのは質の良い睡眠です。


満足に眠れていないと、人間は体の中で活性酸素が作られてその結果、卵子や精子の酸化が進んで、劣化します。


年齢が上がるにつれ、衰退していく性機能の低下を食い止めるためにも妊活の最中は睡眠をたくさんとるよう心掛けてください。


ビタミンの中でも、妊娠中に特に重要な葉酸が、ゴーヤーに多いとされています。


葉酸だけでなく、他の栄養素も豊富なのでゴーヤーを積極的に食べるのは良いことですが、一度にたくさん食べないよう注意してください。


極端なゴーヤーの摂取によって、何となく胃がもたれる、下痢を起こしてしまうなど、思わぬ不調が出てくることもあるようです。


そうした消化器系の不調は結果的には胎児にも良くないのです。


ちょっとでも早く赤ちゃんを持ちたくて妊活をするのならしっかりと栄養を摂るということは欠かせません。


肥満はよくないですがダイエットはひとまず控え、体に必要な栄養を摂りましょう。


おやつは「栄養補給のため」と考えて、過剰摂取に気を付ければストレスから解放されるためにも効果的です。


01:12
2019年11月13日(水)
【とりわけ女性に関しては、どんな形であ】
とりわけ女性に関しては、どんな形であれ妊活をしている間は、お酒を飲まないように指導されることが普通です。


なぜならば、いつ妊娠しているのか分かりませんので妊娠に気づく前に、飲酒が胎児に影響を及ぼすことを防ぐという理由です。


それから、お酒の作用にはホルモンバランスを乱したり、冷えを引き起こす原因となるため、妊娠しやすい状態であるためには飲まない方が賢明です。


女性は妊娠前も妊娠している間も可能な限り体にとって有害なものを避ける必要があります。


そういう観点から、たばこを吸わないよう心掛けましょう。


煙草というものは嗜好品としてリラックスをもたらすという効果を持ってはいますが、体にとっては有害です。


現時点で喫煙をする人は禁煙も妊活の一環として開始しましょう。


今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は食事で摂取できる葉酸の値を意識してみてください。


通常の食事での摂取とは別に、葉酸を補給することを厚生労働省によって勧告されています。


葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負うリスクを低減してくれるという話があるのです。


サプリメントによる補給もおススメですが、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。


ですから無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。


結婚したら、できるだけ早く妊娠したかったのですが、どの本や雑誌を読んでも葉酸の摂取は、妊娠の前から続けていくと障害の発生予防や発育の促進に役立つと、共通して書かれていたため、すぐに妊娠に備えてサプリメントを飲み始めました。


妊娠できた後、いつまで続けたら良いのかと思って調べてみると、過剰摂取だけ気をつければ授乳が終わるまで飲み続けるのが理想だとされていたので、出産まで葉酸を摂ることに決めました。


あなたは布ナプキンを知っていますか?布ナプキンと聞くと、洗うことが面倒だったり、漏れるんじゃないかなど、不安に思う人が結構いると思います。


そうはいっても、布ナプキンはその名の通り布でできているので、不快なムレやかゆみが減り、温かさを保つことができるのです。


このことから、ストレスが減り、体を冷えから守るという妊活中の女性にはとても大事である子宮環境の向上に一役買います。


00:12
2019年11月12日(火)
【妊活というものは、妊娠という大変重要な神】
妊活というものは、妊娠という大変重要な神秘に包まれた現象をコントロールするもので当たり前のように結果が表れるものとは言えません。


そういうわけで、ギブアップする人も少なくありませんが、残念なことだと言えます。


妊娠の可能性は上昇しているはずなのでそこまで落ち込まずに、焦らずに継続してみましょう。


葉酸はビタミンの一種であり、赤ちゃんにはとても大事な栄養素です。


葉酸は赤ちゃんがお腹にいるときに重要となるだけでなく、生まれた赤ちゃんと授乳中のお母さんに欠かせない栄養素の一つでもあります。


最も細胞分裂が活発に行われる妊娠初期こそ、葉酸がたくさん必要になってくるので、妊娠したときのために、その前から葉酸を積極的に摂り続けると赤ちゃんのためには良いでしょう。


妊娠時には葉酸の所要量が増えて、それを食事だけで摂ろうとするとなかなか大変ですから、効率よく摂るためには、サプリなどを上手に使った方が良いのです。


妊娠の確率を上げるために大事なことは質の良い睡眠をとるということです。


ヒトは寝不足続きだと、活性酸素が増えてしまい、そのことが原因で、卵子であったり精子であったりが酸化されてしまい、劣化します。


加齢に伴って低下する性機能に、これ以上拍車をかけないよう、がんばって妊活をしている時は十分に睡眠をとるようにしましょう。


妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。


また、葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、もし、サプリを利用して葉酸の摂取を考えている方は、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが25種類前後入っているものを選べば必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。


こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。


ですから妊活中の女性もサプリの摂取をお勧めします。


妊活においては、実際に妊娠する女性ががんばることだというイメージがあるかもしれませんが、本来、夫婦であるならば男女が協力して妊活を行うべきです。


そういうことで、男性の妊活として食事の改善について考えてみます。


男性が妊活のために摂取すべき栄養素と言えば、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などがあります。


この様な栄養素を毎日摂取するよう努めて、さらに妊活の効果を上げていきましょう。


00:06

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++