今話題の葉酸、妊活について解説していきます


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年01月18日(水)
【妊活とは何ぞや、というと、額面通り、】
妊活とは何ぞや、というと、額面通り、妊娠をするために行う活動すべてをまとめて表しています。


自明のことですが、性交することで絶対に妊娠するかというとそういう訳ではないので、新しい家族を授かりたいと思っている二人にとってその確率を上昇するためにとられる活動だということができるでしょう。


それと同時に、健康な赤ちゃんが授かるようにするために行われるいろいろな活動も含まれます。


葉酸は妊婦に欠かせない栄養素だとあちこちで聞かれますが、葉酸を妊娠前から意識して摂ると受精する確率と、受精卵が着床する確率も上がるのです。


受精してから完全に着床するまでには活発な細胞分裂を行わなければならないので、多くの葉酸を使わなければなりません。


なので、妊娠を希望する方にも葉酸は欠かせない栄養素で、もちろん胎児の発育にとっても出産まで必要になってくるものですから、妊娠を望んだときから、授乳終了までの間、葉酸の摂取を続けることがベストだと言えます。


妊娠初期に大事なビタミンが葉酸であることは広く知られてきたことですが、実は妊娠初期だけでなく、出産に至るまで葉酸は母子ともに大事な栄養素に他なりません。


葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、お母さんも貧血や妊娠中毒症を防ぐことにつながります。


無事に妊娠初期を乗り切った後も、可能であれば出産後、授乳中まで葉酸を強化して摂っていければベストです。


私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。


不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。


タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、出来ない時は出来ないのだと感じました。


友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、自分はどうなのだろうと不安になりました。


ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の処方を受けると、早々に妊娠が発覚しました。


原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。


胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠初期には葉酸はサプリを活用するのが一番良いですね。


サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。


葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、サプリは食後30分以内に摂るようにしましょう。


食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸の働きが活性化します。


では、空腹時に葉酸サプリを飲んではいけないのでしょうか。


胃に何も入っていない状態で葉酸サプリを飲むと、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、避けた方が無難です。


00:19
2017年01月16日(月)
【赤ちゃんと母体のために、葉酸は欠かせないと言】
赤ちゃんと母体のために、葉酸は欠かせないと言われていますが、過剰摂取に気をつけないと全身にわたる副作用が起きることもあります。


食事がとれなくなったり、吐き気をもよおしたりなど、人によって様々な出方をしますが場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。


いくら良い作用がある栄養素だといっても、過ぎたるは及ばざるがごとしなのでサプリや錠剤を使うなら、決められた摂取量を大幅に超えないようにしましょう。


これから妊娠したいと考えている女性にも、妊娠中の女性にもビタミンの一種である葉酸が特に必要です。


ビタミンの一種として、葉酸には胎児の発育や細胞分裂を進めるのに重要な役割を果たします。


その名の通り、葉物野菜やブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにたくさん含まれますが、市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので野菜不足を気にされている方や野菜を避けてしまう方には自分の生活に合わせて利用することをすすめます。


妊娠しづらい状況を改善するためには、食生活から改めるのも大切だと思います。


精子や卵子を作るのは親となる人の体ですから、乱れた食習慣を続けていては活発な卵子・精子は期待できませんよね。


妊娠を望むなら、まずは体作りです。


健康的な食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。


葉酸が不足するからと言われ、サプリメントは妊娠初期から欠かすことなく飲んでいました。


なんとか妊娠初期を過ぎて、中期に入ってからカルシウムの摂取が足りないのではないかと思い、今まであまり飲んでいなかった牛乳を、たくさん飲み始めました。


妊娠がきっかけだったのか、牛乳が合わない体質になっていたようで吐き気がして、お腹を壊してしまいました。


その後は、血液検査で引っかかり、貧血の診断を受けて鉄剤を飲む羽目になりましたが、妊娠初期のうちからカルシウムや鉄分が摂れるサプリメントを飲めば、苦労しないで済んだのではないでしょうか。


友人は妊娠したいと話していた頃によく粉薬のようなものを飲んでいたので、何かと聞くと漢方だと教えてくれました。


その子の話によると、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。


漢方なら、妊活中でも飲むことに抵抗がありませんね。


彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、みんなでお祝いを計画しています。


23:06
2017年01月15日(日)
【胎児が神経管閉鎖障害などにな】
胎児が神経管閉鎖障害などにならないようにするため、ビタミンB群である葉酸の効果が認められています。


妊娠したら葉酸を多めに摂ることを推奨しているのが厚生労働省です。


葉酸は水溶性で熱に弱いので普通の食材を普通に調理しているならば葉酸をたくさん摂ることはかなり難しいと言うべきです。


サプリメントなどで不足分を補うようにして妊娠中の葉酸所要量を満たせるくらいは継続して摂取することが望ましいです。


市販されている食品のうち、葉酸を多く摂れるのものは必ず特定保健用食品のマークがついています。


消費者庁の認可を受けていることを示すマークで、それぞれきちんと審査を行い、認可した食品に限定して、マークで表示することを認めているのです。


特定保健用食品のマークを探して、それがどこかにあれば消費者庁の認可を受けていることの保証がされているので、できれば葉酸の多い食品が良いという場合も選択の目安として知っておくと便利です。


暑くなってくるにつれ、自然とキンキンに冷えた飲み物を飲みたいと思いがちですが、妊活の最中は、いつにも増してなるべく体の冷えを招く飲み物というのを避けた方が無難でしょう。


反対に、温まる飲み物を飲むと血液循環が改善して、妊娠に重要な役目を果たすホルモンの働きもよくなります。


その他の生活全般においても体を冷やさないように気を付けてください。


毎日葉酸を摂取するといっても様々な方法を挙げることができます。


いつでも誰でもできそうなのは葉酸が豊富な食材を、毎日食べることです。


現実には、葉酸は熱に弱いのが特長のため特に妊産婦の所要量を食事の中で満たすのは毎日続けるのはかなり困難だと言えます。


葉酸の摂取量を確保するためにも、サプリメントなどを上手く活用したいものです。


食事の後に服用できれば、最も効果的だといわれています。


真剣な妊活を計画するならば、なにより先に産婦人科で検査をしておきましょう。


なぜかというと、検査を受けておけばそもそも妊娠のために十分な体なのか、問題がないのかなどが早い段階から確認しておくことが出来ますから、不妊検査はぜひ行っていただきたいですね。


しっかりとした検査を受けておけば、安心して妊活に臨めますし、胎児の健全な成長にも関わってきますので、検査しないという選択肢は無いでしょう。


21:48
2017年01月14日(土)
【妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に忘れてはならない大】
妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に忘れてはならない大切な栄養素が、葉酸ですよね。


胎内で元気な赤ちゃんを健やかに育てるために、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。


ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。


厚生労働省の発表によりますと1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。


これだけの葉酸を野菜だけで摂ろうとすると葉酸不足の心配もあります。


ですのでサプリを活用してみるのが良いと思います。


お腹の赤ちゃんに神経系障害が起きるリスクを下げるために、妊娠中は葉酸を多めに摂取する必要があります。


妊娠したら葉酸を多めに摂ることを以前から厚生労働省が推奨しています。


葉酸の性質から考えても平均的な食生活を送っているだけでは妊娠している女性の所要量は満たせません。


葉酸を強化した食品やサプリメントを摂ることも考えて妊娠中の女性に十分な量の葉酸を継続して摂取することが望ましいです。


金銭的負担が大きい不妊治療ですが、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。


市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、40歳程度を基準にして給付する回数を減らすことが一般的に行われているようです。


その年で諦めろということでしょうか。


むしろ40だからこそ、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。


実は私自身もすでにアラフォーですので、常に急かされているような気がして、落ち込むことが多くなりました。


妊娠がわかってから、妻は葉酸のサプリを飲むようになりました。


本当にサプリメントが効くのかと思ってみていましたが、男性が飲んでも効き目があるのかと妻に聞いてみたら、「男の人にはもっと良いサプリがあるんじゃないの」と却下されました。


それでも、試しに飲んだらどうなるかと思ってこっそりサプリメントを飲み始めました。


劇的な変化はありませんが、飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、悩んでいた口内炎ができにくくなったと思います。


妊活中にもかかわらず、好んで飲むのがコーヒーなどで、止められないという方に知っておいてほしいことがあります。


コーヒーにカフェインが含まれていることはよく知られていると思いますが、このカフェインは、その作用の一つに「体を冷やす」というものがあります。


冷えると血のめぐりが悪くなり、妊娠を成立させるのに重要な役割を果たす子宮の動きが悪くなってしまいます。


たとえ好きな飲み物がコーヒー系の飲料でも、カフェインの過剰摂取には注意しましょう。


21:36
2017年01月13日(金)
【少子化が一つの原因となって、中にはいわ】
少子化が一つの原因となって、中にはいわゆる「産み分け」を意識する夫婦も増えつつあるようです。


しかし、日本の医療技術において、今のところ100%の産み分け方法はないとされています。


そういった現状を分かった上でそれでもなお「挑戦したい」というならば、確実ではありませんが次の方法を試してほしいと思います。


それはどういう事かというと、男の子がいいなら排卵日の当日に、女の子がいいなら排卵日の2,3日前、性交するという方法で可能かもしれません。


一般的に、妊娠してから栄養指導を受けたり、母親学級で指導された方も多いと思います。


このような場で、葉酸が赤ちゃんに与える働きと、葉酸が多く含まれる食べ物についての紹介もされた方が多いのではないでしょうか。


葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。


ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。


普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、熱によって分解してしまい、体内での吸収率が悪いという性質を理解して、葉酸の摂取量を考えていただけたらと思います。


お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、精神的な疲労も相当なものです。


市町村に申請すると助成金が得られるとはいえ、40歳の年齢を境目に給付回数に制限がつく自治体が多いですね。


その年で諦めろということでしょうか。


むしろ40だからこそ、給付回数は減らすべきでないと思うんです。


今年で40歳になる私ですが、色々なものに追い詰められているようで、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。


妊活と一言で言っても、妊娠という生命の神秘をコントロールしようというものなので、当然、必ずいい結果に至るとは限らないのです。


そういうわけで、途中でやめてしまう方も多くいるのですが、とてももったいないことだと感じます。


成功確率は上昇していると言えますからあまり重く考えずゆっくりと続けてみましょう。


先天性の神経管閉鎖障害などの神経系障害が、胎児に起こるリスクを軽減するため他の栄養素にも増して、葉酸を摂ることが大事です。


女性は妊娠中、葉酸を積極的に摂ることを近年は厚生労働省も推奨しているのです。


毎日きちんと葉酸を摂ろうとすると普通の食材を普通に調理しているならば妊娠している女性の所要量は満たせません。


サプリメントなどで不足分を補うようにして妊娠中の女性に十分な量の葉酸を摂れるようにしていきましょう。


20:24
2017年01月12日(木)
【多くの女性が自分のことを冷え性だと思っている】
多くの女性が自分のことを冷え性だと思っているという調査結果があります。


冷えは妊活時にはタブーで、体を冷やさないようにすることも、妊活で大切なことです。


そんな時、腹巻や冷え取り靴下をおすすめします。


これらは冷えの解消に効果があります。


実際に、このようなものを使ってから、妊娠出来たという人も多く、気軽にできて、さらに効果ももたらしてくれる妊活と言ってよいと思います。


葉酸は人の体内で様々な働きをしますが、その一つ全身の血液循環をよくすることは有名でしょう。


血行が悪くなると身体各部に悪影響があるもので、腰痛や肩こりの原因となるのはもちろん、冷え性や不妊を引き起こすともされているのでそういう悩みをお持ちの方は意識して葉酸を多く摂るようにすると症状が軽くなることもあるとされます。


また、ビタミンEを同時に摂るとさらに血行を良くする効果があります。


不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。


この効果は不妊改善にも有効で、子宮に受精卵が着床しやすくなり、それだけで妊娠確率が上がることが期待できます。


そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。


近頃は多くの方が知っていることですが、妊娠中の女性だけでなく、授乳中のお母さんにも葉酸はとても重要です。


生まれたばかりの赤ちゃんは、生まれる前と同じくらい全身の細胞分裂が活発に行われる中で外界に適応するべく成長するのです。


その過程でたくさんの葉酸が必要になります。


そして、出産から授乳まで、母体が変わる過程でも葉酸が使われ、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、子供を授かりたいと望んだときから、母乳を与えるのが終わるまでしっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。


葉酸の性質として、水に溶けやすいということがあるので胃に食べ物がないときに最も良く吸収されるため、効果的に葉酸を摂りたいと思ったら、タイミングとしては食間が一番良いとされています。


一日の中で、必要な量を一度に摂ろうとするより何回かに分けて摂っていくと身体に対して良い効果があるとされています。


一日の中でいつが一番良いかというと、夜寝ていると、肝臓の血流量は減少するため、寝る前に摂るのが効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。


19:36
2017年01月11日(水)
【みなさんはどのようにして葉酸を摂取し】
みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは普段の食生活で摂れたら良いですよね。


葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、夏が旬のモロヘイヤですとか、小松菜、菜の花などを挙げることが出来るでしょう。


また、他にも枝豆、納豆、ホタテなどの食品です。


幾つかの食品を紹介しましたが、こうしたものを毎日ちゃんと食べることが困難な方も多いと思います。


普段の生活や体調によっては無理をせずに、是非、サプリメントを利用してみてください。


サプリは厚生労働省によって推奨されている葉酸の摂取法ですから安心です。


サプリを活用すれば、毎日の食事での摂取の負担なく、葉酸を済ますことが出来ます。


人間にとって、葉酸は他のビタミンと同様、欠かすことができない栄養素です。


よほど食生活が偏っていなければ、サプリメントなどの必要はないとされますが妊娠初期の女性にとって、赤ちゃんの発育を促すために葉酸がどうしても必要ですから手段を問わず、十分葉酸を摂取しないと葉酸が足りないことになってしまいます。


葉酸を摂るためのサプリメントなどの開始時期は、妊娠したとわかったときから、すぐ始めるのが最善だと言えます。


あるいは、妊娠を考え始めたときから摂り始めれば最も良いという説もあるので、どんなに早く葉酸を摂り始めても問題ありません。


妊活中の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。


上の子が男の子でしたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。


排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けを実践していました。


妊娠した時は、産み分けの事がありましたから赤ちゃんの性別が分かるまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。


結果は女の子でしたから、主人もとても喜びました。


産み分けをして良かったと思っています。


妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。


とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、葉酸が不足しがちな妊娠前から妊娠初期は、サプリメントでの葉酸摂取が良いでしょう。


サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。


葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。


普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸の働きが活性化します。


逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、空腹時の葉酸サプリの摂取は止めておきましょう。


妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫婦の共同作業の成果であるということが言えると思います。


それはどういう事かといいますと、男性の協力が妊活においては大きなウェイトを占めているということです。


実際に出産をするのは女性ですから、一歩間違うと女性のみががんばることだというイメージがあるかもしれませんが、男性の頑張りが足りなければ赤ちゃんを授かる可能性は落ちてしまうかもしれません。


17:48
2017年01月10日(火)
【少子化と同時に赤ちゃんの性別を産み分けるという】
少子化と同時に赤ちゃんの性別を産み分けるということを考える夫婦も増加しているようですが日本の医学の現状では、まだ確実に産み分けが出来る方法は見つかっていません。


それが分かっており、それでもなお挑戦してみたいという事であれば、次の方法を行ってみてください。


どういう方法かというと、排卵日を基準に男の子がよければ当日、女の子がよければその2、3日前に子作りを行うという方法により、実現できるかもしれません。


ビタミンの中でも、サプリメントなどで手軽に摂れる葉酸は意識して妊娠初期に摂取することで胎児の細胞分裂を順調にするなど順調な発育を促す作用があるのは一般に知られています。


ブロッコリー、アスパラ、ほうれん草、枝豆などの食材に、葉酸が多く含有されていますが、上手な摂取のためには様々なサプリメントもあるので、妊娠前から妊娠中の、全ての女性が毎日摂り続けてほしいものです。


少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時にサプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。


友達はベルタから出ているサプリが良いんじゃないかと考えているようでした。


友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いと以前教えてもらったことがあったので、彼女に伝えました。


友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと応援しています。


妊娠しやすい体づくりのために、欠かせないのが質の良い睡眠です。


人間は睡眠が足りない状態が続くと、体の中で活性酸素が作られてそのことが原因で、卵子であったり精子であったりが酸化されてしまい、劣化します。


年齢と共に低下する性機能に、これ以上拍車をかけないよう、妊活の最中は十分に睡眠をとるようにしましょう。


皆さんご存知のように、妊活中にコーヒーを飲むことはあまりお勧めできません。


というのも、体を冷やす成分であるカフェインを含んだコーヒーは、体の冷えを取り除く必要のある妊活では飲まないようにした方が良いと言えます。


とはいえ、コーヒー好きで我慢できないという人は、ストレスが妊活に悪影響を与えないように、過剰摂取にならない1日3杯程度までを楽しんだ方が、健康のためには良いと思います。


17:30
2017年01月09日(月)
【特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生】
特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生のリスクを下げる大事なビタミンだと、妊娠した女性には葉酸の重要性がだいぶ浸透しています。


ただ、葉酸の摂取は妊娠に気づいたときでは遅いというような厳しい意見もあります。


と言うのも、妊娠に気づく前から継続して葉酸を多く摂っておくことが胎児の身体諸器官を形成するために大事だからです。


それを考慮すると、妊娠の可能性があるときから葉酸をしっかり摂取することが子供のためには良いのです。


友達のところもそうですが、うちも二人目不妊でクリニックに通い始めました。


本当は夫婦一緒に不妊検査と治療をと願っていたのですが、話を切り出しづらくて、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。


月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、それでも妊娠に至らず、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。


相乗効果なのか、ほどなくして二人目の妊娠が判明。


やったぁ!と思いました。


嬉しかったです。


実際に妊娠してからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。


ここで疑問なのは「いつまで摂取を続けるべきなのか」という事ですよね。


葉酸は胎児の健康にも影響を与えますが、赤ちゃんの事だけを考えるのならば、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも良いと思います。


とはいえ、葉酸は妊娠中の母子にだけ必要な栄養素かというと、決してそうではありません。


葉酸は体のバランスを整えてくれるなど、人体にとって必要な栄養素でもありますから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで毎日を健康的に過ごすことが出来ますので、出産後も葉酸を意識して摂取するのをお勧めします。


皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。


妊活中の方をサポートし、体調管理をするのに適したサプリと言えば、やはり、葉酸を含んだサプリは欠かせません。


葉酸の成分には、貧血を予防してくれる効果が認められていますし、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、それから、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。


赤ちゃんを計画しているご夫婦にとって多くの効果が見込めるサプリだという事です。


何とかして女の子を授かろうと思い、男女産み分けについて、本もサイトも全部調べ上げました。


草食で女の子、肉食で男の子など、決定的な方法はないみたいですが自分たちでできることは全て試しましたね。


産み分けを実行している途中で赤ちゃんがお腹にいることがわかり、重いつわりで食べられなかったときも必要な量の葉酸を摂るように努めたのが良かったのか、待ちに待った女の子の誕生を迎えることができました。


16:42
2017年01月08日(日)
【妊活時にひときわ、心がけたいことと】
妊活時にひときわ、心がけたいことといえば、ストレスを避けることです。


ストレスが原因となって筋肉は緊張し、血流を悪化させます。


その結果、卵巣や子宮のような、妊娠に関与する組織の働きが低下してしまうでしょう。


仕事を続けていてストレスを強く感じており、生活習慣の乱れもあるなら、仕事を休ませてもらうことも考えてみてはどうですか。


他のビタミンB群と同じく、葉酸もどうしても水に溶けやすく、一時的に過剰摂取になったとしても体内に吸収されて、作用する前に身体の外に、尿や便とともに出て行ってしまう可能性もあります。


葉酸をサプリメントなどから摂取する場合も、その性質を考えて、一度に大量に飲むのではなく時間をおいて飲んだ方が良いということに気をつけてください。


毎日の食事だけで必要な量を摂ろうとすると、かなり難しいのが葉酸の特長なので、たくさん摂取するだけでなく、少しでも排出されないようにして、十分に体内で使われるようにしたいものです。


葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。


しかし、いかに大切な栄養素であっても、摂取する量には気を配ってください。


これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、普段の食事で摂取できる葉酸に比べて、遥かに多くの葉酸が含まれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですよね。


ですから、過剰摂取に陥らないよう、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。


どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。


それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。


皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。


葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。


それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。


妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、妊娠3か月までだと言われていますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においてもとても大事な栄養成分ですから、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳終了まで普段の食事とサプリによる葉酸摂取を続けるのが良いでしょう。


赤ちゃんを授かったという事で専門家による栄養指導を学んだり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。


実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。


皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。


はかには、野菜もそうですね。


普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、加熱によって失われやすいというリスクを理解し、葉酸摂取の計画を立てましょう。


16:42

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++