今話題の葉酸、妊活について解説していきます


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2019年03月22日(金)
【妊活を実践している方にとって、ホルモンバラン】
妊活を実践している方にとって、ホルモンバランスを正常に整えるという事は重要な問題ですよね。


中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。


ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経が整い、ホルモンバランスが改善していくという訳です。


「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、自宅でも行えますし、軽い運動は凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。


心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。


なかなか妊娠できないという人は、とりあえず基礎体温をつけることをお勧めします。


基礎体温は運動などによる変化がありませんから、体の状態というのがよく分かり、不妊対策のファーストステップとして有効なのです。


基礎体温表を作るには、入院患者さんと同じで「起床時」に「毎日」計らなくてはいけないという注意点もあるので、それを守ってつけていくことが大切です。


もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。


妊活時はひときわ、ストレスを溜めないように留意することが肝要です。


その観点から行くと、お風呂でリラックスすることは大切ですが、体への負荷を少なくするということを考えた場合、熱い湯や長風呂は控えた方がいいでしょう。


熱というものは、実は体にとっては負担となります。


最近のことですが、手軽に妊活に役立つ方法としてお灸への注目度が高まってきています。


昔から続く鍼灸療法で体内を妊娠しやすい状態に整えていけて、さらに目立った副作用がないことも魅力です。


体には妊活に効くと言われているツボもたくさんあり、自宅で出来るお灸製品も販売され気軽に試すことができます。


まずは一度、トライしてみませんか。


ビタミンの中でも、葉酸は妊娠中に大事な栄養素とされていますが、効果を期待するあまり、過剰に摂ってしまうと思わぬ副作用があります。


主な症状は、食欲不振、吐き気、じんましん、発熱などで様々な副作用があって場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。


妊娠中は通常のほぼ倍の所要量を摂らなければならないのですが、摂りすぎにも注意を払ってサプリメントにも標準摂取量が示されていますから、それを大幅に超えないようにしましょう。


02:42
2019年03月21日(木)
【葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。】
葉酸はいつ摂ればいいのかと言えば、まず妊娠初期です。


それなら、いつまで多く摂るべきなのかと思うでしょうが、理想的には授乳が終わるまでとされています。


そんなに長い期間と言われそうですが、少なくとも妊娠中期の終わりまでは多めの葉酸を摂り続けて欲しいと思います。


葉酸を摂るのは子供のためだけではありません。


お母さんにとっても重要な栄養素です。


欠乏しないようにがんばって摂るのが望ましいのです。


母体内の胎児を健康に育てるためには、葉酸が栄養素の中でも、特に大事な役割を果たしているということが定着してきましたが、水に溶けやすく、熱に弱いビタミンですから、食材から摂れる葉酸だけでは、必要量の摂取はどうしても難しくなってしまいます。


葉酸の損失を少しでも減らせるような調理法を知っておけば役に立ちますし、補充のためにサプリメントなどを活用することも積極的に考えていきましょう。


冷え性は不妊を招くと言われています。


冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害や子宮の機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。


最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。


血行を良くして、自律神経の働きを促し、体全体をリラックスさせる効果があります。


赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。


熱に弱いという特長がある葉酸は、なかなか食事だけでは必要な量を摂れないので、サプリメントなども飲んでいった方が良いのです。


サプリメントで葉酸を摂る場合、製造中に加熱処理されていないものを選ぶことがとても重要です。


自分の身体を作る栄養素を選ぶのですから、天然の原料を使っていること、必要のない添加物がないことという安全面もよくチェックしてください。


妊娠を望む女性にとって、体が冷えてしまう事は避けたいものですよね。


なぜかというと、体が冷える事によって血行不良になり、子宮や卵巣の機能を不調にさせるかもしれないためです。


冷えは妊活の大敵ですから、冷えを感じるようであれば、靴下を使って冷えを遠ざける「冷えとり健康法」を実施してみるなど、体を冷やさないように工夫して、冷えを改善して血行を良くするようにするのがおススメです。


01:36
2019年03月20日(水)
【葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかにな】
葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への摂取が勧められているんですよね。


病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。


しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方も少なくはないと思います。


万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でも青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、食事によっても、多少は葉酸を摂れていたと思います。


一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜に多く含まれています。


妊娠後、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があるという話があります。


とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることを勧めたいものです。


多く摂らなければならないのは妊娠初期と言われるのが、ビタミンの一種の葉酸です。


食材の中で、葉酸が何に多く含まれるかと言うと名前通りで、ほうれん草、モロヘイヤなど青菜に多く含まれています。


納豆は、加工食品の中でも葉酸が多いとされています。


葉酸を含んでいるのは畑の野菜だけでなく、海藻類、海苔などにも含まれるので、毎日の献立の中に入れていき、継続して食べ続けるのが最もよいといわれます。


また、葉酸を含む果物といえばイチゴで、間食にはちょうど良いと言えます。


不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて血液を造る力を強めるという働きがあります。


さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、受精卵が着床しやすいようサポートしてくれ、妊娠しやすくなるのです。


タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。


また、葉酸で血液が増えれば酸素や栄養も運ばれやすくなり、生殖機能そのものが底上げされ、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。


日常の様々なことに気を配る必要のある妊活ですが、積極的に行っていただきたいものは実は、骨盤の歪みの矯正なんです。


体に負担がかからない簡易なストレッチ方法などを紹介する動画がたくさんアップロードされているようです。


妊娠のための重要な器官は骨盤内に納まっています。


歪んだ骨盤を整えて血行を促進してあげれば妊娠しやすい体になるという訳ですね。


01:36
2019年03月19日(火)
【葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビ】
葉酸は体に不可欠な栄養素で、ビタミンB群の一種です。


野菜の中では主にホウレンソウやブロッコリーなどに含有されています。


葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、推奨量の摂取を続けることで、赤ちゃんの健康的な成長を助けたり、流産の危険性を避けることが出来るという報告があるのです。


厚生労働省が推奨するように、受胎前から妊娠初期の方には400μg(一日当たり)の葉酸を摂ることが良いとされていますので、葉酸サプリで摂取するのも良い選択だと思います。


みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。


胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸不足に陥らないようにしてください。


ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。


厚生労働省の発表によりますと1日あたり葉酸0.4mgです。


さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。


野菜だけで十分に摂取できるかというと、大変だと思います。


葉酸サプリで補給するのが良いと思います。


体を妊娠しやすい状態にするために、大変重要なのは質の良い睡眠です。


人間は睡眠が足りない状態が続くと、活性酸素が産生され、その結果、卵子や精子の酸化が進んで、劣化します。


年齢が上がっていくと同時に低下する性機能に、これ以上拍車をかけないよう、妊活時には睡眠不足をさけるようにしましょう。


葉酸を妊娠初期に摂ると、胎児の発育に良いと、いろいろなところで言われています。


けれども、妊娠する1ヶ月くらい前からサプリなどで葉酸を摂っていくと良いと理解していましたか?ですから、妊活を始めようとしたときが生活の中で葉酸の摂取を心がけて欲しい時期だと思ってください。


さて妊活を、と思ったらまず葉酸の摂取からですね。


妊娠初期に特に多く摂りたいと言われるのが、ビタミンの一種の葉酸です。


さて、葉酸を多く含む食品というと野菜の中でも、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いとされます。


納豆は、加工食品の中でも葉酸が多いとされています。


また、海藻類や海苔も案外葉酸が豊富です。


食生活の中に上手に取り入れ、意識して食べることをおすすめします。


イチゴは葉酸を豊富に含んだ食材なので、間食に取り入れて欲しいものです。


01:36
2019年03月18日(月)
【ほんの少しでも早い時期に妊娠したいと妊活を行っ】
ほんの少しでも早い時期に妊娠したいと妊活を行っているのなら、栄養をしっかりと取ることは重要です。


肥満は問題ですが、美容のためのダイエットはいったん中止して、栄養摂取を確実に行うよう努めてください。


おやつを食べることも栄養補給の一環と考えて度を超えて食べることをしなければストレスを緩和するのにも有効です。


時々聞く話ですが、妊娠してから体質が変わって便秘しやすくなったという方が意外に多く見られます。


大腸がしっかり動くようにし、便秘を解消するためにも腸内環境が正常でないとあらゆる栄養素が腸から吸収されなくなります。


どの栄養素も、腸内で細菌が働くことにより身体への取り込みが正常に行われるので、栄養を摂ることと同じくらい、腸内環境を整えることも考えた方がいいでしょう。


体温を上げる事や代謝の改善をはかることで妊娠しやすさが変わっていきます。


普段から「運動はしません」という妊活中の女性は、努めて身体を動かすよう意識しましょう。


ハードである必要はありませんから、ヨガとかストレッチといった緩やかな運動がお勧めです。


昨今では、妊活のためのヨガのコースが設置されているスタジオも登場しており注目を集めています。


葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。


葉酸を食べ物から摂取しようと葉酸が豊富なホウレンソウや貝類、あるいはレバーを、意識して摂るようにしている方も大勢居ます。


ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。


そのため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。


結果的に、摂取量が足りないという事もあるので、注意が必要です。


他のビタミンB群と同じく、葉酸も水に溶けやすいのが特長なので、大量に摂取したときも小腸から吸収される以前に尿や便として身体の外に出てしまうこともあるのです。


そのことを踏まえ、葉酸サプリや錠剤も、一日量を一度に全部飲まずに、小分けにして飲んだ方が効果が上がるという点を意識するべきでしょう。


食事だけで葉酸の所要量を毎日摂ることはなかなか難しいため、強化して摂りたいなら特に、できるだけ効率よく栄養素として使われるように頭を使うべきです。


01:30
2019年03月17日(日)
【私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分け】
私の話なのですが、妊活をしていた当時、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。


上の子が男の子でしたから、女の子が欲しいと主人と話していたからです。


本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けに挑戦してみました。


妊娠が発覚した後、性別が判明する時までは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。


妹が出来た、と家族で喜んでいます。


赤ちゃんを授かったらすぐに、葉酸が必要になるという話はほとんど常識になっています。


赤ちゃんが順調に発育するために必要になるだけでなく、母体の健康を保つという観点からも欠かすことのできない栄養素なのです。


どの時期に、葉酸が最も必要になるかわからなくなってしまうかもしれません。


妊娠直後が、葉酸を最も必要とする時期です。


そして、授乳するときも意外と多くの葉酸が使われるので、授乳している間は積極的に摂ることをすすめます。


妊娠初期には葉酸が不足しがちと、広く知られていますね。


けれども、妊娠する1ヶ月くらい前から多めに葉酸を摂っていく方がベターだとあなたは聞いたことがありますか?ですから、妊活を始めようとしたときが意識して毎日葉酸を摂り始めたい時期だと思ってください。


妊娠に向けてがんばりたい、と思うなら葉酸の摂取は欠かせませんよ。


妊娠中の女性は、望ましい葉酸の摂取量が妊娠前と比べて増加します。


倍近い480μgの摂取が最もよいといわれています。


栄養素としての葉酸は、水溶性で体内に蓄積しにくいのですが摂りすぎにならないよう気をつけることも必要です。


上限を超える葉酸の摂取が続くと発熱や身体のかゆみと言った症状を引き起こした例も報告されており、サプリメントや錠剤の服用も、過剰摂取にならないよう注意すべきです。


妊活をしている方は体を温めるようなものを食べるようにしてください。


大根、ごぼう、人参といったような土の下に根を生やしているような野菜類は、体を温めるには適しています。


一方、身体を冷やす効果がある野菜は、きゅうりやなす、トマトなど夏が旬である野菜に多く存在しています。


果物もデザートに控えめに食べるのは良いですが、ミキサーなどでジュースにすると多めに飲んでしまいがちで体を冷やすことになりかねないのであたたかい飲み物がベターです。


01:18
2019年03月16日(土)
【実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚】
実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省から、葉酸の摂取を推奨する勧告が出されています。


葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。


そのため、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれるリスクが増加するという報告があるのです。


もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。


ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊活の段階から妊娠初期の、葉酸が不足しやすい時期には、日常的な食事以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。


胎児の発育を促し、先天性の障害が起こりにくくなるビタミンと言うことで、葉酸は妊婦さんに広く知られています。


妊娠がわかってからでは、葉酸の摂取は遅いのではないかというやや厳しい指摘があります。


どうしてかというと、判定が出る前のごく初期から葉酸が必要とされるので、その時から摂取していることが胎児の身体諸器官を形成するために大事だからです。


そのためには、赤ちゃんが欲しいと思ったら葉酸を摂り始めることが摂取による効果を考えると大事でしょう。


今現在、妊活真っ只中という人は少しでも早い時期に妊娠したいと思っておられるのではないかと思います。


毎朝、基礎体温を記録したり、体を冷やさないようにするといった一般的にされるようなことは「とっくにやっているよ」と言われるかもしれません。


風水の観点から行くと、多くの実を付けるざくろの絵を寝室の北側へ飾ることが妊娠に効果があるとされています。


できることなら、寝室が北側の部屋だったらますます効果的だということです。


不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。


生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。


早く赤ちゃんを望む周囲の期待や過度な緊張感が不妊治療に通ううちに高じてくるというケースもしばしば見られ、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。


穏やかな気持ちで治療を続けることは不妊治療には大いに助けになると思います。


葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居ます。


ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。


そのため多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、足りないという事もあるので、注意が必要です。


01:06
2019年03月15日(金)
【以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃん】
以前妊娠した時は、流産と言う形で赤ちゃんを失ってしまいました。


1年くらい経ってもう一度、チャレンジしてみようと妊活について調べるようになりました。


妊娠しやすい体になることを目的に、以前から冷え症に悩まされていた私は、苦手だった運動を始めました。


結果は、意外とうまくいきました。


新陳代謝が上がったため、基礎体温があがって、悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。


赤ちゃんがお腹にいる女性なら、胎児の発育を促進し、障害の発生を抑えるために摂取を心がけたいのが「葉酸」といえます。


「葉」の「酸」なので、葉物野菜、例えばキャベツやレタスから多量に摂取できると考えられますが、供給源として重要なのが果物で、100gのイチゴを食べると、90μgも葉酸を摂れるのです。


普段の倍くらいの葉酸を、妊娠中は毎日摂取しなければならないのでどんな食材に多く含まれているかを知って、毎食、確実に摂れると良いですね。


妊活時には色々と気を使わなければなりません。


一例として、風邪薬を飲むことについては、それほどまでに大きな影響をおよぼすということはないです。


しかしながら、少しでも妊活に悪影響を及ぼさないか気になると気になってしまうのなら風邪薬を飲むことの影響について、かかりつけ医に話を聞いてみましょう。


難しいことでもありますが、妊活中に、気にかけるべきなのはストレスへの対処です。


心身のストレスによって筋肉の緊張を招き、血流が障害されます。


そうなると当然、卵巣や子宮のような、妊娠に関与する組織の働きが低下してしまうでしょう。


仕事を持つ方でストレスは大きいし、かつ生活習慣も乱れがちだ、という場合は、いっそのこと休職を申し出ることも考慮してみましょう。


妊活時に漢方を服用する人も増えています。


漢方による体質改善効果で身体を妊娠しやすくすることが出来るのです。


今日ではドラッグストアでも買うことができ、手軽に買うことが出来るようになっています。


いくらぐらいかかるか心配だという場合は、不妊治療に漢方を処方している病院の受診をおすすめします。


まず診察が必要となりますが、保険を使った支払いとなります。


01:06
2019年03月14日(木)
【妊娠初期に摂らなければならない栄養素】
妊娠初期に摂らなければならない栄養素として、葉酸が知られています。


けれども効果を期待するあまり、過剰に摂ってしまうと全身にわたる副作用が起きることもあります。


症状としては、食欲がなくなったり、吐き気が起きたりするなど様々な出方をしますが最悪の場合、胎児に副作用がおきることもあるようです。


葉酸は水溶性で、体内に蓄積されにくいとはいえ、過剰摂取にも害はあるのでサプリメントなどの注意書きをよく読んで、規定の量を大幅に超えないようにしましょう。


妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。


とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが一番良いですね。


サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。


葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。


食事で得られる栄養素と相互作用することで、葉酸の効率的な働きを促すことが出来ます。


それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。


ですから空腹時での摂取はおススメしません。


どうしても女の子が欲しかったので、あらゆる本やサイトに載っている男女産み分け法をよく見て研究しました。


野菜を食べれば女の子ができる、お肉を食べると男の子ができるといった決定的な方法はないみたいですが自分たちでできることは全て試しましたね。


そのうちに新しい命が授かり、普通の食事をとれなかったときも欠かさず葉酸を摂るようにしていたからなのか無事に女の子を産むことができたのです。


妊娠前、妊娠中にはなるべく、健康に悪い影響を及ぼすものを排除する方が賢明です。


そういう意味でも、妊活中はたばこを吸うのはやめましょう。


リラックスさせる作用も喫煙にはありますが、体にいいものではないことは確かです。


喫煙習慣のある方は、妊活と同時に禁煙もおすすめします。


ゴーヤーと言えば、妊娠中の女性には欠かすことができない葉酸が思いの外豊富です。


食事の中で効率よく葉酸を摂るために旬のゴーヤーは食べて欲しいものですが、食べ過ぎも害になることがあります。


どんなに身体に良いものであっても、過剰に食べると胃もたれ、下痢など、辛い症状が出てくることもあるようです。


もしも不調が続けば、結果的には胎児にも良くないのです。


00:12
2019年03月12日(火)
【葉酸は加熱によって失われやすいため、調理法にちょっとし】
葉酸は加熱によって失われやすいため、調理法にちょっとしたコツがあります。


出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によって加熱調理が避けられない場合には長時間の加熱は避けて、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。


いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、サプリを利用するのが確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。


妊娠中の女性にとって重要な栄養素の葉酸が、ゴーヤーには比較的多く含まれているのです。


葉酸を摂ることを目的として旬のゴーヤーは食べて欲しいものですが、どんなに食べても良いというわけではないのです。


妊婦に限りませんが、ゴーヤーを食べ過ぎると、お腹にもたれたり、お腹を下したりといった不調が起きることもあります。


そのような辛い症状は結果的には胎児にも良くないのです。


妊活をしている間はつらさを感じることも多いので、心も体もダメージに弱くなっています。


もしも結果がずっと出ない場合は、うつの症状が発現し始めることもあります。


ストレスは妊娠を妨げる最大の原因だと言われているのです。


不妊治療をやめた途端に、心配事が消え、間もなく妊娠することが出来たという人はよくいます。


逆に妊活を行うことが重荷にならないようストレスを溜めないようにしながら継続することが重要です。


私はカイロを妊活に使うことを本当にすすめたいです。


2足重ねて靴下を履いたり、分厚い下着を身に着けたりと工夫しても、私はひどい冷え性ですのですぐに体の末端から冷えてしまうものでした。


こんなことでは妊娠しにくいのも当然ですよね。


ですが、冷え性が改善したのです。


それはカイロを使ったことによります。


皮膚への直貼りはだめですが、注意して利用すれば、妊活に役立てることができると思います。


多くの女性が自分のことを冷え性だと思っているという調査結果があります。


妊活中の冷えは本当に禁物で、冷え性の改善ということも妊活において最も重要なことの一つです。


そんな時、腹巻とか冷え取り靴下などが冷えの解消の手助けになります。


こういったものを使って以来、本当に赤ちゃんが出来たという声も少なからずあり、容易にできてしかも効果もありそうな妊活だと言うことが出来るでしょう。


22:36

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++