今話題の葉酸、妊活について解説していきます


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2017年04月26日(水)
【マカというサプリメントは、男性のスタミナアップの】
マカというサプリメントは、男性のスタミナアップの効果が期待できるだけではありません。


妊活をしている女の人の血行促進作用があるため、体を妊娠しやすいコンディションに整えることが出来るのです。


それに加えて、ホルモンのバランスを整えてくれるという嬉しい効果もあるため、妊娠するためには重要となる基礎体温の変化も正常な状態になっていくので、女性の体の中を安定させることに貢献してくれます。


葉酸と言えば、妊娠に必要不可欠と言われる栄養素ですが、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。


葉酸単体では体内での吸収率があまり良くありませんから、サプリの利用を考える時には、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を25種類前後入っているものを選べば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。


こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、妊娠を計画している女性は摂取をオススメします。


近頃、我が国ではなかなか赤ちゃんを授かれず妊活に苦労されているご夫婦も多数いることが予想されます。


少子高齢化が憂慮され、子供を持ちたいと希望していてもなかなか出来ず、四苦八苦している夫婦というのは徐々に増えています。


国はもっと総力を結集して、安心して子供を作り、そして育てることのできるような国にすべきだと考えます。


水溶性ビタミンである葉酸は胃に食べ物がないときに最も良く吸収されるため、効率よく葉酸を摂ろうと思ったら胃に何も入っていない食間なのです。


一日の中で、必要な量を一度に摂ろうとするより何回かに分けて摂っていくと効果を発揮できるといわれています。


一番効果的な摂取のタイミングを挙げれば、肝臓の血流が減少する就寝中に効かせるため、寝る前に摂るのが効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。


妊婦や妊娠を希望する女性にとって、葉酸は必要不可欠な栄養素です。


実際に厚生労働省が妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。


葉酸は水溶性ビタミンの一種ですから、汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。


ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。


サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、提示された規定量を必ず守るようにしてください。


20:00
2017年04月25日(火)
【一体いつの時点で妊活を始めるのが正しいのか考えて】
一体いつの時点で妊活を始めるのが正しいのか考えている女の人もかなりいるはずです。


難しい問いですが、答えるとするならば、未婚の女性も既婚の女性も、いずれ妊娠をしたいと考えている女性であれば、だれでも、いつでも行うべきだと言えるのではないでしょうか。


妊活と言えば、すぐに妊娠するためのものだと考えがちですが、体をより妊娠しやすい状態に近づけるために行う活動を言うのです。


ですから、いつ始めたとしても早すぎるということはないと言えるでしょう。


日常の様々なことに気を配る必要のある妊活ですが、肉体的なアプローチとして行っていただたいものと言えば、歪んだ骨盤を整える事です。


近年は、妊活ブームもあってか体への負担が極力少なくて済む簡単な体操などを教えてくれる動画がたくさんあります。


妊娠のために重要な子宮などの器官は骨盤内に納まっています。


歪んでしまった骨盤を正常に戻して血液が十分に流れるようにすれば妊娠に適した体になるという訳ですから、妊活中の骨盤矯正の重要性が分かると思います。


妊活中の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。


長男が生まれていましたから、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。


本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けを実践していました。


妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が判明する時までは緊張しましたが、産み分けのおかげか、女の子を授かることが出来ました。


主人も待望の女の子という事で大喜びでした。


お腹の赤ちゃんに神経系障害が起きるリスクを下げるために、他の栄養素にも増して、葉酸を摂ることが大事です。


あらゆる妊婦の葉酸摂取を以前から厚生労働省が推奨しています。


毎日きちんと葉酸を摂ろうとすると普通の人の、一般的な食生活では妊娠している女性の所要量は満たせません。


足りない分はサプリなどを飲んで所要量を満たせるだけの葉酸を毎日欠かさず摂ってくださいね。


もし、妊活をしているのなら、色々と配慮が必要です。


風邪薬の服用については、それほどまでに目立って影響するということはないと言っていいでしょう。


ですが、ちょっとでも子供を授かることに悪影響が出てしまったらどうしようと考え出すと止められない場合は、風邪薬を飲むことの影響について、かかりつけ医に話を聞いてみましょう。


19:00
2017年04月24日(月)
【女性は妊娠前も妊娠している間も出来る限り健康】
女性は妊娠前も妊娠している間も出来る限り健康に悪い影響を及ぼすものを排除していないといけません。


なので、たばこを吸わないよう心掛けましょう。


タバコは他の嗜好品がそうであるようにリラックス効果はあるものの、決して体に良くはないです。


習慣的にタバコを吸う方は、妊活だけでなく、禁煙も行ってください。


とりわけ女性に関しては、赤ちゃんがほしいなら、飲酒は控えるよう指導される場合が多いです。


理由はなんなのかというといつ妊娠しているのか分かりませんので妊娠していることに気付く前に飲酒が胎児に影響を及ぼすことを防ぐという理由です。


また、飲酒をしているとホルモンバランスは乱れやすくなり、体を冷やすおそれもあるのでできるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには飲まない方が賢明です。


妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。


吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。


妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。


ですが、それでかえって「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。


葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、気をつけましょう。


葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。


ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。


そうした場合、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。


サプリであれば、一日の摂取量がすぐに分かりますから、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから良いですよね。


妊娠初期の胎児にとって欠かせない栄養素として、妊娠した女性には葉酸の重要性がだいぶ浸透しています。


けれども、女性が葉酸を摂取し始めるのは、妊娠に気づいた後では遅すぎだという厳しい意見もあります。


葉酸は水溶性ビタミンであり、体内に蓄積されにくいので、早期から葉酸を多く摂っておくことが胎児の発育にとって重要となるためです。


ですから、妊娠を考えたときから意識して葉酸を摂っていくことが真に葉酸の効果を引き出す摂取法でしょう。


必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと妊娠する前に比べて増えます。


倍近い480μgの摂取が理想的だとされます。


葉酸は母体にも胎児に重要な栄養素ですが、摂りすぎにならないよう気をつけることも必要です。


葉酸を過剰に摂ることで発熱や身体のかゆみと言った症状を引き起こす可能性があるので、たくさん摂れば良いというものでもないのです。


18:24
2017年04月23日(日)
【流産を経験しています。ずっと欲しかった子】
流産を経験しています。


ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、だいたい一年位たってから、もう一度、チャレンジしてみようと妊活について調べるようになりました。


妊娠しやすい体になることを目的に、冷え性を改善するために運動で体の調子を整えることにしました。


その結果、新陳代謝が良くなったためか、低かった基礎体温が上がり、悩んでいた冷え性を改善することが出来たため、妊娠に向けて前向きな気持ちです。


妊娠したい女性は特に栄養不足にならないよう注意したいものですが、細胞分裂が活発に行われる妊娠初期に葉酸が不足すると、先天性障害を持った赤ちゃんが生まれやすくなることもあります。


水溶性ビタミンである葉酸は、尿に溶け出しやすく体内に蓄積されるものではなく、日々摂取しなければならない栄養素だということを頭に入れておいてください。


その名の通り、モロヘイヤ、ほうれん草といった葉物野菜、またレバーなどからもたくさん摂取できるため、いろいろな食材から、毎日確実に葉酸を摂るようにしましょう。


葉酸を摂ろうと思うと、レバーの他、ほうれん草などに多く含まれると知られていますが、毎日食べ続けるのは無理な話で、継続して摂るのはなかなか難しいのです。


葉酸の所要量を満たしていくためには、食事から摂れる葉酸だけで所要量を満たそうと考えず、栄養補助食品や薬も上手く活用することです。


必要な量と摂っている量のバランスを考え、どうしたら良いか対策を立てて、毎日しっかり葉酸を摂るようにしたいものです。


妊活なんて聞くと、女性がやるものだという印象が強いかと思います。


ですが、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。


それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。


不妊や流産といった辛い経験に悩まれている方にもぜひご一読して頂きたい事なのですが、そうした原因は母親側だけの問題かというとそうではなく、夫に問題があったという話も良く耳にします。


中でも、精子の染色体異常は重要な問題で、これは着床率を著しく左右します。


葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、是非、男性にも実践して欲しい妊活のひとつなのです。


胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠前から妊娠初期の期間は、普段の食事以外に、サプリによって摂取するのが一番良いですね。


サプリによる補給はお手軽ですが、飲むタイミングによっては思わぬ副作用を発症することもありますから、注意が必要です。


葉酸サプリメントの効率的な摂取のためには、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。


普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。


一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。


ですから空腹時での摂取はおススメしません。


17:36
2017年04月22日(土)
【ビタミンの中でも、葉酸は妊娠中に大事な栄養素とされて】
ビタミンの中でも、葉酸は妊娠中に大事な栄養素とされていますが、摂取不足になるよりはと、過剰に摂取するのも全身にわたる副作用が起きることもあります。


症状としては、食欲がなくなったり、吐き気が起きたりするなど様々な出方をしますが最悪の場合、胎児に副作用がおきることもあるようです。


妊娠中は通常のほぼ倍の所要量を摂らなければならないのですが、くれぐれも過剰摂取にならないようにしてサプリメントにも標準摂取量が示されていますから、それを必ず守っていってください。


妊活の時に、産み分けについてママ友から教えてもらい、本で詳細を知りました。


上の子が男の子でしたし、次は女の子を授かりたい、と考えていました。


排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしました。


妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が確認されるまでは緊張しましたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。


産み分けのおかげだと思っています。


最近の日本では数年にわたって妊活で大変な思いをしている夫婦も多数いることが予想されます。


以前から、少子高齢化だと叫ばれていますが、子供を作りたくてもできず、四苦八苦している夫婦というのは徐々に増えています。


国がさらに一致団結して安心して子供を作り、そして育てることのできるような国に変わっていくべきです。


葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居るのではないでしょうか。


しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。


ですから多くの食材を食べようと思っても、加熱してしまいますと葉酸が溶け出てしまっていることもあります。


葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不足している、という場合もあります。


なるべく体温を上げたり、代謝を良くしたりすると体の妊娠の可能性が高くなります。


日常的に運動をしない妊活中の女性は可能な限り身体を動かすよう意識しましょう。


激しい運動でなくてよいのでヨガとかストレッチといった緩やかな運動がお勧めです。


近頃はヨガスタジオの中で「妊活ヨガ」なるものも登場しており、関心が寄せられています。


15:18
2017年04月21日(金)
【食品の中でも、葉酸を強化したものにはどこ】
食品の中でも、葉酸を強化したものにはどこかに特定保健用食品のマークがあるでしょう。


このマークは消費者庁の認可を示しており、その食品に関して申請に基づいて審査をして食品が認可されれば、特定保健用食品の名称、そして、マークを使うことを認めています。


特定保健用食品の表示があり、マークがある食品なら一定の基準を満たし、認可を得ているという明らかな証明がされているため、葉酸を添加した食品を選びたいという方は選択の目安として知っておくと便利です。


サプリは不足しがちな特定の栄養素を抽出し、体に吸収しやすく加工したもので、健康的な生活をサポートしてくれる効果が期待できます。


妊活中の女性において、体調管理をするのに適したサプリと言えば、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。


葉酸の成分には、赤血球を造ってくれる効果がある為、貧血を予防することが出来ます。


それに、赤ちゃんが先天的な障害を負う可能性を抑えてくれますし、ほかにも、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。


夫婦共に多くの効果が見込めるサプリだという事です。


近年の日本における先天性奇形の発生率は生まれてくる子供のうちの、約4%です。


高齢での出産など、様々な要因が考えられますが先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのが葉酸だといえます。


とりわけ、胎児が細胞分裂を盛んに行っている妊娠初期の間に摂取することが最も重要で、言ってみれば、葉酸こそ妊婦にとって一番大切な栄養素だと言い切っても全くオーバーではないのです。


ビタミンの中でも、サプリメントなどで手軽に摂れる葉酸は妊娠初期に多めに摂ると胎児の細胞分裂を順調にするなど健やかな発育に良い効果があるのはご存じでしょう。


一般に葉酸は、ブロッコリーやアスパラ、枝豆など、それに、ほうれん草などの葉物にたくさん含まれていて、サプリメントや錠剤でも手軽に摂れますから、妊娠前から妊娠中の、全ての女性が毎日摂り続けてほしいものです。


妊活の最中はいつにも増してさまざまなことに気を付ける必要が出てきます。


一例として、風邪薬を飲むことについては、それほどまでに大きな影響をおよぼすということはないです。


そうはいっても、子供を授かることになにかよくない影響が出たら、と考え出すと止められない場合は、風邪薬の服用の可否を、医療機関に尋ねてみましょう。


14:48
2017年04月20日(木)
【葉酸の摂取によって胎児の健やかな】
葉酸の摂取によって胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが科学的な研究によって、明らかになっています。


このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生労働省が勧告しています。


実際に葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦に特に利用されているといったこともあるようです。


下の子が出来ることを焦らずに希望してから妊娠しないまま3年の月日が経ったので夫婦どちらかの健康状態に異常があるのでは、と思い始めました。


第一子を育て上げるためにも長生きしなければいけないので、この機会にしっかりと調べてもらって、問題がなければ妊活に入っていこうと夫婦間で合意したのですが、よくよく考えるとこの時の話し合いが私が妊活をはじめたきっかけでした。


ここ数年で、赤ちゃんができたら葉酸をしっかり摂らなければならないということがよく聞かれるようになっています。


お腹の中で赤ちゃんが発育するために必要なのは当然のこと、母体の健康を保つという観点からも必要な栄養素として認識されています。


だとすれば、最も必要になるのはいつか聞かれるとなかなかわからないものです。


妊娠直後が、葉酸を最も必要とする時期です。


しかも、授乳中も葉酸が不足しがちですから、授乳している間は積極的に摂ることをすすめます。


妊活を行っている女性は何を飲むかも気にした方がよいです。


カフェイン含有の飲み物の場合、受精卵が着床するのを妨害したり、体を冷やしてしまう恐れがあり避けた方がよいです。


体内を温める作用のあるお茶でノンカフェインのものをおすすめします。


例えばミネラルがたくさん入っているルイボスティーや漢方にも使われるたんぽぽ茶などがおすすめです。


妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」が知られるようになってきました。


ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、十分な摂取によって、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。


具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。


胎児の健康を考えて、妊娠中あるいは妊娠を望んでいる方は積極的に摂取した方が良いでしょう。


13:30
2017年04月19日(水)
【妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を】
妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。


食事内容はもちろん、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。


妊活中におススメなお茶では、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。


これらはカフェインが含有されていませんので、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。


中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があると言われていますので、無事に妊娠した後も、ぜひ飲み続けてみましょう。


その味や食感が様々な料理に使われているクリーミーな食材として知られるアボカドは、炭水化物や植物性脂肪の他、葉酸が多く含まれる食材です。


健康な毎日を送るために、葉酸というビタミンは大事な役割を果たすものです。


鉄分とともに摂取することで貧血を防止する、その他、子供がお腹の中にいる間、子供に十分に栄養素が届くようにするなど、どんな人にも大事な栄養素だと言えます。


葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への摂取が勧められているんですよね。


葉酸サプリのサンプルを、産婦人科が配布する場合もあるそうですから、その効果のほどが伺えますね。


ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も多いと思います。


仮にサプリメントを摂っていないとしても、葉酸はビタミンの一種ですから、食品の中でもホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。


ですから、食事によっても、ある程度の葉酸は補給できています。


妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が必須であると厚生省が推奨していますが、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が無くても良いのでしょうか。


妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、そんなことはありません。


お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を下げてくれるという意味では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間という訳です。


なのでこの期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。


今の時点で妊活をもうなさっている方は少しでも早い時期に赤ちゃんに会いたいと考えていると思います。


基礎体温の記録や、冷え防止などベーシックなことはもう実行されていると思います。


一時期ブームになった風水的に言うと、ザクロはたくさん実を付けるので、その絵をとりわけ寝室の北側に飾ると、妊娠するには良いとされています。


加えて、寝室そのものも北に位置しているとなおさらいいと言われています。


12:24
2017年04月18日(火)
【お子さんが欲しい方、妊娠中の方であれば】
お子さんが欲しい方、妊娠中の方であれば葉酸と呼ばれるビタミンを多めに摂って欲しいのです。


葉酸といえば、胎児の発育を促す役割や、細胞分裂を促進する役割を果たします。


葉酸は文字通り葉物野菜に多く含まれ、その他、ブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにも含まれていることは知られていますが、いろいろな種類のサプリメントもあるので野菜をたくさん食べられない方やどうしても野菜が好きになれない方にはぜひとも使って欲しいものです。


下の子が出来ることを焦らずに希望してから3年たった後も妊娠に至らずだったので、夫婦どちらかの健康状態に異常があるのでは、と思い始めました。


長女を育てるためにも元気でいなければいけませんので、これをチャンスと捉え体をくまなく検査してもらい、異常がなければ妊活をスタートしようと夫婦間で合意したのですが、今思ってみればこの話し合いが妊活の引き金となりましたね。


妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。


不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。


妊活中において、健康維持と栄養補給を目的としたサプリは、さまざまなものが売られています。


どのようなものがお勧めかと言うと、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。


葉酸が持つ効果としては、女性にとって嬉しい、貧血予防因子が含有されています。


また、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。


それから、意外かもしれませんが、精子の染色体異常を防止してくれる効果もあるりますから、妊活中の夫婦それぞれに非常に重要なサプリだという事がお分かり頂けたと思います。


ちょっとでも早く赤ちゃんを持ちたくて妊活をするのなら栄養をしっかりと取ることは重要です。


太りすぎはいけませんがダイエットはひとまず控え、きちんと栄養を摂るようにしましょう。


おやつも栄養補給のために食べると思えば良いですし、食べすぎに注意すればストレスを緩和するのにも適しているでしょう。


葉酸は食品の中に含まれる栄養素ですから、妊婦の方の中でも普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も多いと思います。


しかし、実は葉酸は熱に弱いため加熱調理してしまうと、葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不足している、という場合もあります。


11:36
2017年04月17日(月)
【妊娠の確率を上げるために欠かせないのが質の良い睡眠】
妊娠の確率を上げるために欠かせないのが質の良い睡眠です。


満足に眠れていないと、人間は体内の活性酸素濃度が上がり、その結果、女性であれば卵子、男性では精子が酸化されて劣化することになります。


歳をとるごとに性機能が低下していくスピードを少しでも遅らせるよう、妊活の最中は睡眠をたくさんとるよう心掛けてください。


葉酸の特長として、熱に弱いことが挙げられます。


従ってなかなか食事だけでは必要な量を摂れないので、補助的にサプリなどを使っていきたいものです。


葉酸サプリを購入するときは葉酸が減らないよう、加熱処理されていない製品にすることがなんといっても大事でしょう。


自分の身体を整えるために摂るものなので、人工的な合成品を原料として使っていないこと、必要のない添加物がないことといった安全面も、選ぶ際のポイントです。


子供を授かるために妊活に努める方は、お守りを持ち歩くのをおすすめします。


例を挙げると、長谷寺という鎌倉のお寺は子宝と縁があり、そこにおいてあるお守りは、妊活時の気持ちを落ち着かせ、安心させてくれます。


その他にも妊活用のお守りには、パワーストーンなども存在するので、さまざまなアイテムを使ってみるのもいいかもしれません。


2人目が出来るといいなと妊娠するのをのんびりと待っていたら3年たった後も妊娠に至らずだったので、自分自身か夫の体の状態に悪いところがないか気になりだしました。


第一子を育て上げるためにも長生きしなければいけないので、これをチャンスと捉え洗いざらい調べてもらい、問題がなければ妊活に入っていこうと夫婦の間で話し合ったのですが、よくよく考えるとこの時の話し合いが妊活スタートの直接のきっかけですね。


私はカイロを上手く使うことで妊活に役立てられると思います。


靴下を2足重ねて履いてみたり、インナーに分厚いものを選んでみたりと、あれこれ試行錯誤しても、私は冷え性持ちなのですぐ体が末端から冷たくなってしまう、ということを繰り返していました。


これでは妊娠も難しいですよね。


しかし、友人のアドバイスでカイロを使ってみたところ、冷え性が改善しました。


肌に直に貼らないで、衣類の上から貼って使っていれば、妊活にも有効なはずです。


11:30

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++