今話題の葉酸、妊活について解説していきます


[記事を書く]
[月別]
[更新アラート]
2021年04月18日(日)
【近い将来、妊活を始める女性に勧めたい】
近い将来、妊活を始める女性に勧めたいのが、第一に、ママになるために自らの体を整えることです。


毎日の体の動かし方の癖で体に歪みが生じますが、特に骨盤に顕著にみられます。


体や骨盤の歪みが妊娠の妨げになるともいわれています。


整体院のうち不妊やマタニティを専門に行うような治療院も増加中です。


妊娠しやすくて、胎内で赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整えるため定期的に骨盤矯正を行って、適正な位置に戻してください。


葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促し、先天性の障害を発症させるリスクを低減させるものだと言われています。


ですから、妊娠初期や妊娠前の女性には無くてはならない栄養素なんですよね。


ですが、どれだけ大切な栄養素だからといって、適切な摂取が必要です。


サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。


ですがサプリには普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く配合されています。


ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。


葉酸の過剰摂取によって、母体には吐き気や食欲不振といった副作用があらわれることがあるそうです。


また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。


葉酸のサプリメントを、妊娠した妻が飲み始めました。


本当にサプリメントが効くのかと思ってみていましたが、あるとき、妻に自分が飲んでも良いものなのか尋ねると「男の人にはもっと良いサプリがあるんじゃないの」という意見でした。


それでも、試しに飲んだらどうなるかと思ってサプリを飲むようになりました。


たちまち効果が出るわけではありませんが、お酒を飲んだ翌日の疲れがなくなって、大きな口内炎ができにくくなったのではないでしょうか。


母体内の胎児を健康に育てるためには、葉酸が必要量を確保しなければならない栄養素とかなり知られるようになりましたが、ビタミンB群の一つなので、熱には弱く、葉酸を十分に摂ろうと思ったら、食事のみだと毎日続けられるものではありません。


調理の際に失われる葉酸を最小限にする工夫を勉強することも必要でしょうし、計画的に補うためにサプリメントなどを飲むのも一度は検討するべきです。


一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。


長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、言い出しにくい感じがしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。


料金は1回2800円で安価でしたが、なかなか妊娠には至らないものですね。


それで、葉酸サプリが良いというので高いけれど使ってみたら、相乗効果なのか、ほどなくして二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。


19:54
2021年04月10日(土)
【妊娠したら、葉酸を初期のうちにし】
妊娠したら、葉酸を初期のうちにしっかり摂っておきたいというのは理解が進んできましたが、実は妊娠初期だけでなく、出産に至るまで赤ちゃんにも母体にも葉酸が欠かせない栄養素の一つなのです。


葉酸を継続して摂れば、胎児の発育が助けられ、母体にとって危険な貧血や妊娠中毒症の予防にもなります。


そのため、妊娠初期を過ぎても、葉酸は妊娠中から授乳中にわたって継続して摂っていくべきです。


胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、サプリを利用するのが、最もポピュラーですね。


いつまでサプリを飲み続けるのか、という問題ですが、妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのが良いでしょう。


妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。


とはいえ、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においても必要な栄養素なので、妊娠を希望している段階で葉酸を十分に摂取し、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。


妊活時はひときわ、色々と注意しなければなりません。


たとえば、風邪薬を飲むのは一体どうなのかというと、さほど心配する必要はありません。


そうはいっても、ちょっとでも子供を授かることに悪影響が出てしまったらどうしようと気になってしまうのなら風邪薬を飲むことの影響について、かかりつけ医に話を聞いてみましょう。


妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。


体が冷えて血のめぐりが悪化すると、摂取した栄養がうまく活用できなくなって、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ち、妊娠しにくい状態になります。


最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。


血液の循環を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、ツボ刺激による癒し効果もあります。


冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。


計画的に妊活を進めるにあたっては、まずは産婦人科等で不妊検査を受けましょう。


検査の結果、体に問題が発見されなくても妊娠に適した体づくりのための助言を貰えますし、基礎体温から排卵周期を知って性生活を持つタイミングのアドバイスもしてもらえますので、安心です。


妊娠が発覚する前段階で産婦人科に行って検査を受けてくださいね。


05:06
2021年04月09日(金)
【不妊に効果のある食べ物という】
不妊に効果のある食べ物というと、豆腐(豆乳)、納豆、魚といった身近な食品があります。


レバーも良いのですが無理だという人は、卵やごまなどはどうでしょう。


大事な栄養素が含まれていますから、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。


しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、さまざまな食材をとるのが健康維持にもつながるのも事実です。


また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、避けたほうが、妊娠してからも楽になります。


煙草を吸う事は、妊活中に最もやってはいけないことの一つです。


よく言われているように、喫煙によって体にマイナスに作用して健康な妊娠の支障になるケースがあります。


当然のことですが、これは女性だけではなく男性側にも同じことが言えるでしょう。


喫煙の影響による障害としては、女性は排卵障害、男性の場合は精巣の機能が落ちるといった事があるようです。


ですので、妊活中の方は女性だけでなく男性も禁煙するのが理想的です。


現在、妊娠している方にとって葉酸は絶対必要なものです。


ですから、サプリメントで葉酸を摂っている方は多いようですが、その葉酸サプリメントが安心・安全かどうかを見極めるために、「使われている添加物は安全なものか」、「販売している会社はどのような会社か、信頼できるか」などをしっかりと確認し、可能であれば、天然葉酸を取り入れるようにすることが重要です。


妊娠中の女性にとって重要な栄養素の葉酸が、ゴーヤーには多いとされています。


葉酸だけでなく、他の栄養素も豊富なので使って欲しい食材の一つがゴーヤーですが、食べ過ぎも害になることがあります。


極端なゴーヤーの摂取によって、胃もたれや下痢と言った身体の不調が起きることもあります。


妊娠して様々な変化が起こっている身体に、不調が起きると母体だけでなく胎児にも良いことではありません。


重要な葉酸の役割として、他の栄養素とともに血行を促進することが従来から挙げられています。


血液が末梢で滞ると身体各部の不調につながり、腰痛や肩こりの他、冷え性や不妊の原因とも言われているので、そのような症状に思い当たるところがあれば一度、葉酸を摂るように努めてみると症状が軽くなることもあるとされます。


また、ビタミンEを同時に摂ると末梢血管の血行がさらに良くなり、血行改善の効果は高まります。


02:48
2021年04月08日(木)
【医師の勧めもあって、妊娠がわかるとすぐに、葉酸が不足】
医師の勧めもあって、妊娠がわかるとすぐに、葉酸が不足しないようにサプリメントを飲み始めました。


お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いとせかされたのですが、いつまで葉酸を摂らなければならないかについては一切話がありませんでした。


私の場合、1袋飲んだ後でそれきり全く飲みませんでした。


最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、あわてて葉酸サプリを再開しました。


強化して葉酸を摂取したいとするといろいろあるわけです。


いつでも誰でもできそうなのは食材の中の葉酸を増やしていくことです。


ただし、葉酸には加熱で失われるという性質があり、食事からの摂取だけで妊産婦に必要な量を確保するのは毎日のことなので、相当がんばらないといけません。


効率的な葉酸の摂取という面からみても、補助的にサプリなどを使うのがおすすめです。


もし飲む時間帯を気にするのなら、食後が最適でしょう。


葉酸の摂取によって胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが科学的見地からも認められています。


このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。


実際に葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品として、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もよく耳にします。


お子さんが欲しい方、妊娠中の方であれば葉酸が有効だといわれています。


葉酸は地味な栄養素ですが、胎児の発育を促す役割や、細胞分裂を促進する役割を果たします。


葉酸はその名の通り野菜から摂取するもので、葉物の他、ブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにも多量の含有を期待できますが、市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので野菜をたくさん食べられない方や野菜を避けてしまう方には上手く活用していきたいものです。


妊婦にとって葉酸は大変重要な栄養素の一つです。


それでは、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。


葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。


これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害を発症する要因になると知られています。


ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。


02:12
2021年04月07日(水)
【私は結婚後、早く赤ちゃんが欲】
私は結婚後、早く赤ちゃんが欲しいと思い、何冊かの女性誌の特集記事で妊娠前から継続して、葉酸を多めに摂ることが子供が健康に育ち、母体の健康を保つのにも良いと、共通して書かれていたため、葉酸をサプリで摂り始めました。


妊娠できた後、いつまで続けたら良いのかと思って調べてみると、摂りすぎに注意していれば赤ちゃんの発育にも母体にも、葉酸はずっと必要だと書いてあったので、今のサプリメントを出産まで飲もうと思っています。


妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。


体温低下で血行不順になると栄養素が体のすみずみに至らなくなり、正常なホルモン分泌ができず卵巣・子宮の機能が低下することにつながります。


最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。


血液の循環を良くして代謝機能を底上げするだけでなく、ツボ刺激による癒し効果もあります。


冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。


あなたが妊娠を考えているならごはんはしっかりととった方がいいそうです。


とりわけ、葉酸がいいのですが、葉酸のほかにも摂取しなくてはいけない栄養素があります。


特にミネラルや鉄分などがそういわれています。


仮に嫌いなものでも積極的に、栄養バランスを整えて食べることが、妊娠しやすい体内環境を整えてくれるでしょう。


できあいの食品や外食の頻度を抑えることも、妊活中の食事を考えるときのポイントだと思います。


不妊の根本的な原因は、子宮着床障害のほかに排卵障害といった女性の方での問題と、精子の量が著しく低くて受精に至らない無精子症や性機能障害等、男性側に原因があることとが想定されます。


しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。


赤ちゃんは両親の健康を受け継いで生まれるのですから、女性のみならず男性も検査を受けることが推奨されているのも当然ですね。


自分の子供を持ちたいと妊活を続けている方は、お守りを買ってみませんか。


一例として、長谷寺は鎌倉にあるお寺で、ここは子宝と縁があるお寺です。


そこにおいてあるお守りは、妊活時の気持ちを落ち着かせ、安心させてくれます。


さらに、妊活関連のお守りとしては、パワーストーンなども出ていますので、試しに色々なアイテムを持つこともいいと思います。


01:36
2021年04月06日(火)
【食事の中から葉酸を摂る場合、葉酸が多く含まれる食材】
食事の中から葉酸を摂る場合、葉酸が多く含まれる食材として葉物野菜の他、レバーや枝豆などが挙げられますがたくさん葉酸を摂るための目的で、葉酸が豊富な食材だけを毎日食べるのは、長続きしそうにない話です。


葉酸を比較的簡単に摂れる方法としてはスムージーはいかがでしょうか。


普通のスムージーと同じ作り方で、ミキサーの中に葉酸を含む野菜の他、飲みやすくするための果物、水分を入れれば手軽に飲める葉酸強化スムージーができます。


妊婦さんや、妊活中の女性に一度は試して頂きたいのが、育児や赤ちゃん製品で有名なピジョンのサプリでしょう。


ピジョンが発売している葉酸サプリにはいくつかの種類がありますし、葉酸だけを配合したサプリもありますが、ほとんどの葉酸サプリに鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分がまとめられています。


これを利用すれば、いちいち複数のサプリを服用しなくても良くなりますし、簡単に一日分の栄養素を補給できますから、ぜひ活用するのをお勧めします。


ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてくださいね。


葉酸の効果に関しては様々なものがあり、胎児の発育の際に脳や神経を作り出すといわれていて、妊娠時の場合は1人分だけではなく、2人分必要とするために不足すると言われています。


特に葉酸は特定保健用食品で、子供の二分脊椎などといった障害を予防するといった効果も期待できると言われているので、積極的に摂取すると良いのではないでしょうか。


不妊症から妊活を始めると、妊活も長期化しすぎると、心身ともに耗弱してしまいます。


そこで、期間を定めて、徹底的に夫婦で協力してやっていこうという風に事前に合意しておくのが最も上手くいくかもしれません。


妊活を続ける期間を決めておけば、二人で悩みながらも決めたことなのでギブアップせずに頑張ろうとポジティブに思い続けられるのです。


近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、不妊との関係も指摘されている鉄分は、どちらも不足しがちなものです。


普通の食生活で推定される摂取量では、摂取量が足りていないという方が殆どですから、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。


最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも売っていますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、不足しがちな栄養素を簡単に摂取できますから、安心です。


01:12
2021年04月05日(月)
【妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注】
妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。


不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。


妊活中において、体調管理をするのに適したサプリと言えば、葉酸が配合されたものが、一番のお勧めです。


妊活中に不足しやすい葉酸には、貧血を防ぎ、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。


ほかにも、男性の精子を健全にし、染色体異常の精子の数を減らす可能性があると報告されているのです。


夫婦共に是非摂取していただきたいサプリだと言えますね。


妊活をしている間はつらさを感じることも多いので、精神的、または肉体的に弱くなってしまいがちです。


結果が長らく出なければ、場合によってはうつ病になってしまうこともあります。


妊娠するにはストレスを取り除くことが第一です。


不妊治療をやめたことでストレスがなくなり直後に妊娠したという例も多いです。


逆に妊活を行うことが重荷にならないよう意識的にストレスを解消しながら続けましょう。


妊活をしている最中は、カフェインの影響を避けるためにハーブティーが好んで飲まれることが多いです。


その一番の理由として、体にいい影響をもたらしてくれるということがあるからです。


挙げられるものとしては、冷え性の症状や生理不順の状態を改善することです。


また、リラックスした気分になれる効果も期待できます。


ストレスは妊活の大敵ですが、それを解消してくれるのです。


食品の中でも、葉酸を強化したものには目立つところに特定保健用食品のマークがあるはずです。


これは消費者庁認可のマークで、食品についてそれぞれきちんと審査を行い、認可した食品に限定して、マークで表示することを認めているのです。


特定保健用食品のマークを探して、それがどこかにあれば消費者庁の認可を受けていることの明示になっており、同じ食品なら葉酸を添加したものがいいという場合は選択の目安として知っておくと便利です。


女性の妊娠の初期は赤ちゃんの器官形成にあたる大事な時期です。


この時期に妊婦の体内で葉酸が不足すると赤ちゃんの先天性奇形率が上がると懸念されています。


なので、妊娠を希望する女性であれば可能な限り、妊娠前の段階から意識して葉酸摂取する事が重要ですし、妊娠の初期にもサプリメントによって常に補うようになさってください。


01:12
2021年04月04日(日)
【東洋医学の漢方は妊活のためにも活用されています。】
東洋医学の漢方は妊活のためにも活用されています。


漢方による体質改善効果で妊娠しやすい体づくりに有効です。


近頃はドラッグストアにも置かれており、簡単に買うことが出来ます。


費用が心配だという方には、漢方療法を不妊治療に取り入れている病院に診てもらうことをおすすめします。


診察を受けなければなりませんが、保険を使った支払いとなります。


不妊の原因として高温期、低温期が正しくない場合があります。


本来であれば1か月の間で低温期と高温期が目に見えて二層の状態で分かれているはずで、これは正常に排卵がされているかをチェックする目安にもなるのです。


高温低温が、二つに分かれてない理由は重い障害が隠れている事もやはりありえます。


妊活をしている方は体を温めるようなものを食べるようにしてください。


野菜の中でもとりわけ、大根、ごぼう、人参のような根菜類は、体を温めてくれる作用があるので、いいでしょう。


それとは逆に、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの旬が夏の野菜が挙げられます。


果物もデザートに控えめに食べるのは良いですが、ミキサーなどでジュースにすると多めに飲んでしまいがちで体を冷やすことになりかねないのであたたかい飲み物がベターです。


妊娠している女性と胎児の健康を考えるととても重要な栄養素の一つが葉酸です。


葉酸といえば、葉物の野菜に豊富に含まれています。


主な供給源としては枝豆、ほうれん草などでしょう。


そして、ほうれん草ならば、妊娠している女性には、葉酸と同様に必要な鉄分を多く含む食材として有名なので野菜の中でも、おすすめできるものです。


皆さんご存知のように、葉酸はおなかの中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。


葉酸はビタミンの一種ですから、普段の食事にも含まれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、サプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。


それでは、葉酸サプリを飲む期間はいつがベストだと思いますか?多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。


妊婦にとって、葉酸が不足する時期は、「妊娠初期の3ヶ月間」というのが有名です。


しかし、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても欠かせない栄養素なんですよね。


こうした点から、妊娠を計画している方は、今から葉酸サプリを飲み、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。


00:36
2021年04月03日(土)
【赤ちゃんが欲しいと思った段階から葉酸は妊娠の】
赤ちゃんが欲しいと思った段階から葉酸は妊娠の初期にかけてとにかく摂取し続ける事が望ましい摂取の仕方とされてて、胎児の先天性奇形の発生を予防するといった効果があるといわれています。


妊娠して3ヵ月くらいまでの期間は、葉酸の含まれた食品やサプリなどから意識的に取り入れる事が大事になってきます。


日々忙しい妊活中の女性達に妊活アプリが高評価を得ています。


基礎体温を記録することが出来たり、排卵日の見通しを立てる事ができるなど、上手くアプリを活用することで手間を省くことができて役立ちます。


また、女性だけではなく、男の人が利用する目的で作られたアプリもあります。


いつが妊娠しやすい日なのか予測する機能も持っているので自然に男性に分かってもらうことが出来るでしょう。


女性の妊娠の初期は赤ちゃんの器官形成にあたる大事な時期です。


その時期に妊婦の体の中で葉酸が欠乏すると胎児が先天性奇形になる率が上がるとのことです。


ですので、妊娠を望む女性であれば可能な限り、妊娠前の段階から意識して葉酸を摂る事が大事ですし、妊娠初期の段階にもサプリなどから、毎日補うのが有効だと言われています私としましては妊活中は是非カイロを使ってほしいです。


2足重ねて靴下を履いたり、分厚い下着を身に着けたりと工夫しても、私はひどい冷え性ですので工夫した甲斐もなく体の末端がすぐに冷えてしまうのでした。


こんなことでは妊娠しにくいのも当然ですよね。


それでも、友人のアドバイスでカイロを使ってみたところ、冷え性が改善しました。


いうまでもありませんが、皮膚に直に貼るのではなく、服の上から貼れば、妊活にも役立てられるはずです。


何かと辛いこともたくさんある妊活をしている間には、心も体もダメージに弱くなっています。


結果が長らく出なければ、場合によってはうつ病になってしまうこともあります。


妊娠するにはストレスを取り除くことが第一です。


不妊治療をやめた途端に、過度にかかっていたストレスが消えて間もなく妊娠することが出来たという人はよくいます。


妊活が原因でつらい思いをしないように意識的にストレスを解消しながら続けましょう。


00:00
2021年04月01日(木)
【子供を産みたいと妊活に励む人は、ぜひお守りを持つこと】
子供を産みたいと妊活に励む人は、ぜひお守りを持つことをお勧めします。


お守りの一つの、鎌倉にある長谷寺は子宝と縁のあるお寺で、そこにおいてあるお守りは、大変な妊活の緊張を和らげて落ち着かせてくれます。


また、妊活に関係するお守りで、パワーストーンなどもありますので、さまざまなアイテムを使ってみるのもいいかもしれません。


他の栄養素に優先して、葉酸は子供のために意識して摂取することを、妊娠初期から続ける必要があるくらい大事なものです。


数え切れないくらいのメーカーで葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、必ず行って欲しいのは、購入時に葉酸以外の成分や添加物をよく調べることです。


特に、妊娠初期は身体が敏感になっているのでできるだけ無添加無香料の安心して摂れる製品を選んでください。


今、二人子供がいます。


二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。


上の子が男の子でしたし、女の子が欲しいと主人と話していたからです。


排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分け法を実践しました。


その後、無事に妊娠し、赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。


結果は女の子でしたから、主人もとても喜びました。


産み分けをして良かったと思っています。


妊活中は日常の飲み物にも気を配る必要があります。


多くの方が疑問に思うのは、コーヒーを飲んでも良いかという事ではないでしょうか?よく知られているように、コーヒーにはカフェインが含まれています。


このカフェインが体を冷やしてしまう為、体を温める必要のある妊活中には飲まないようにした方が良いと言えます。


けれども、普段からコーヒーを愛飲していて飲まないとストレスを感じるような方もいるのではないでしょうか。


そんな人はストレスを無くすことを優先して、1日に2、3杯のコーヒーを飲んだ方が健康的だと言えます。


「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。


果物では、イチゴ、ライチに多いことが一般的に言われています。


他の果物では、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。


葉酸摂取の手間を出来るだけ省きたいとお考えの方は、ジュースで補給するのも良い方法だと言えますね。


21:18

次n→ 





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++