今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2019年01月12日(土)
【妊娠してから病院や産婦人科など】
妊娠してから病院や産婦人科などの専門的な栄養指導を学んだり、地域主体の母親学級などで、専門家の指導を受けた方も多いでしょう。


こうした機会に、葉酸が持つ働きと、葉酸を多く含んだ食品を学んだ方も多いと思います。


葉酸を含む食品として、多くの方がご存じなのがレバーです。


はかには、野菜もそうですね。


食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が熱に弱く溶け出てしまい摂取しにくいという葉酸の性質を理解した上で、葉酸摂取の計画を立てましょう。


様々な努力が必要な妊活の最中、特に気にかけるべきなのはストレスへの対処です。


ストレスによる筋肉の緊張は、体内の血の巡りが悪くなってしまいます。


それが原因で、妊娠に重要な、卵巣や子宮の働きが落ちます。


あなたが仕事をしている女性で大きなストレスがかかっており、生活習慣も乱れがち、といった場合は、この際、休職してしまうことも一つの選択として考えてみてください。


妊婦の方の中でも、葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーといった食品を、積極的に食べているという方も多いと思います。


しかし、葉酸は熱によって溶け出す性質があるのです。


ですから熱を加えてしまいますと葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、結果的に、摂取量が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。


賛同者はきっと多いと思うのですが、妊活中は是非カイロを使ってほしいです。


いろいろと工夫、例えば靴下を2枚重ねたり、分厚いインナーを選んだりとやってみても、私は冷え性なのですぐ体が末端から冷たくなってしまう、ということを繰り返していました。


これでは妊娠も難しいですよね。


ですが、友人のアドバイスでカイロを使ってみたところ、冷え性が改善しました。


皮膚に直に貼ってしまうのはNGですが、服の上からの利用は、妊活中の人にはすすめたい方法の一つです。


葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜に多く含まれています。


赤ちゃんを授かったあと、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、先天異常の発症リスクが抑えられるという話があります。


十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。


そんな時には納豆や貝類を食べるのをオススメしたいです。


あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。


08:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++