今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2019年05月17日(金)
【妊活と言えば、女性が主体的に行うことと】
妊活と言えば、女性が主体的に行うことと考えられがちですが、夫婦ならば、女性のみならず男性も、ともに行っていくのが妊活です。


では、男性が出来る妊活の一つ、毎日の食事に注目してみましょう。


妊活をしている男性にお勧めの栄養素というと、亜鉛、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群などがあります。


こういった栄養素を多く含んでいるものを食生活に取り入れて、さらに妊活の効果を上げていきましょう。


葉酸のサプリメントを、妊娠した妻が飲み始めました。


本当にサプリメントが効くのかと思ってみていましたが、男性が飲んでも効き目があるのかと妻に聞いてみたら、「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」と却下されました。


男性が飲んでも何か良いことがあるはずだと思い、妻には内緒で葉酸サプリを試してみました。


サプリを飲む前に比べれば、心なしかお酒が翌日以降も残ることがなくなって、大きな口内炎ができにくくなったのではないでしょうか。


私の考えでは妊活中にはカイロがかなり使えると思います。


2足重ねて靴下を履いたり、分厚い下着を身に着けたりと工夫しても、私は冷え性持ちなので努力もむなしく体の末端がすぐに冷えてしまいます。


これでは妊娠も難しいですよね。


しかしながら、冷え性が改善したのです。


それはカイロを使ったことによります。


皮膚に直に貼ってしまうのはNGですが、注意して利用すれば、妊活に役立てることができると思います。


結婚したら、できるだけ早く妊娠したかったのですが、雑誌やインターネットのサイトで葉酸を妊娠前から出産まで摂取すると障害の発生予防や発育の促進に役立つという点がみんな同じだったので、さっそく葉酸サプリを飲み始めたのです。


後で、妊娠何週目まで葉酸を摂った方が良いのか確認しました。


一度にたくさん摂らなければ母子双方に葉酸は必要だということだったので、無事生まれてくるまでサプリメントを飲むつもりです。


妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。


出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も少なくないですよね。


実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、加熱調理してしまうと、熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。


一日の理想的な葉酸の摂取量を食べ物で補おうと思っても、調理の方法によっては葉酸が足りないという事もあるので、注意が必要です。


02:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++