今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2019年09月11日(水)
【妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、】
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的な研究によって、明らかになっています。


そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しており、葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品指定のものがあります。


こうした食品は妊婦に特に利用されているといったことも少なくありません。


今から妊活を始める女性に勧めたいのが、まず初めに、ママとなるため体の状態を整えておくことです。


日頃の体の動き方の繰り返しで骨盤に歪みの影響がみられてきます。


そういった歪みのせいで妊娠しにくくなっていることもあるようです。


不妊だったりマタニティだったりを重点的に治療している整体院も登場しています。


妊娠しやすくて、胎内で赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整えるため定期的に骨盤矯正を行って、適正な位置に戻してください。


妊活中は、ホルモンバランスを正常に整えることにも気を配る必要があります。


ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。


その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。


ヨガによって血行が良くなると、乱れがちな自律神経を正常にするため、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。


インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、わざわざ教室やカルチャーセンターに通う必要が無く、自宅で思い立った時から始めることが出来ます。


適度に体を動かすことは、代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。


ですから、心と身体のバランスを整えてくれる効果もありますから、妊活中の方は、ヨガで手軽に妊活を実践してみてはいかがでしょうか。


「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ません。


なぜなら、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。


言うまでもありませんが、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。


実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。


ですから、妊娠しても問題の無い母体になるために、妊活中から、積極的な葉酸の摂取を心掛けてください。


生まれてくる赤ちゃんの健康のために、葉酸は多めに摂ることを妊娠初期から心がける栄養素の一つです。


サプリメントやビタミン剤を扱うほとんどのメーカーで主要成分として葉酸が入ったものを販売していますが、肝心なことは、選ぶときに配合されている成分を全て確認することです。


普段なら何でもないようなものにも影響を受けるのが妊娠初期なので合成添加物や香料を排除した身体に余計な負担のない製品を選ぶべきです。


17:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++