今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2019年09月18日(水)
【「妊活」と聞いたとき、一般的には女性側】
「妊活」と聞いたとき、一般的には女性側にばかり注目されやすいですが、本当なら、夫婦二人にとって、妊活は男女ともども行うものといえます。


そういうわけで、男性の行う妊活としての食事の改善について考えてみます。


栄養素のうち、男性の妊活に貢献するものと言えば、亜鉛、アミノ酸の一つであるアルギニン、そしてビタミンE、ビタミンB群といったものを挙げることが出来ます。


これらを含む食品を毎日食べるよう心がけ、さらに妊活の効果を上げていきましょう。


本格的に妊活を始めようとしている方は、きちんとした専門機関で必要な検査を受けておくのが好ましいです。


検査結果に問題が無くても妊娠に適した体づくりのための助言を貰えますし、排卵の周期を確認した上で妊娠しやすい時期に性生活を持つようなアドバイスも受けられますから、実際に妊娠する前から専門の医療機関を受診しておくのをお勧めします。


葉酸こそ、お腹の赤ちゃんが育つために必要量を確保しなければならない栄養素という知識が定着したようですが、水に溶けやすく、熱に弱いビタミンですから、食材から摂れる葉酸だけでは、必要量の摂取は毎日のことですから、けっこう大変でしょう。


調理の際に失われる葉酸を最小限にする工夫を勉強することも必要でしょうし、計画的に補うためにサプリメントなどを飲むのも一度は検討するべきです。


果物というよりも、野菜のような使われ方をしている独特のクリーミーな食感を持ったアボカドは、炭水化物や脂肪だけでなく、葉酸というビタミンもかなり多く含まれています。


人体を維持するために、葉酸がたくさんの重要な役目を果たしています。


良質の赤血球を増やし貧血を防ぐ、そして子供がお腹の中にいる間、子供に十分に栄養素が届くようにするなど、生まれる前から年をとるまで欠かせない栄養素です。


女性の場合、妊娠中に葉酸が足りていないと胎児の発育に大きな影響が及ぶ心配があるのです。


とりわけ神経管閉鎖障害に代表される、先天性の神経系障害を起こしてしまうことがあり、重い障害の例では無脳症となって、流産や死産に至ります。


障害を起こすリスクは少しでも下げることが望ましいので葉酸は妊娠の判明後すぐに十分に摂らなければなりません。


17:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++