今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2019年10月10日(木)
【妊活をしている最中は、カフェインの影響を避け】
妊活をしている最中は、カフェインの影響を避けるためによく飲まれる飲み物としてハーブティーが挙げられます。


これはどうしてかというと、第一の理由は体にいいということが言えます。


一例として、冷え性、または生理不順を改善させることです。


加えて、気持ちを穏やかにするといった効果もあるようです。


ストレスは妊活している人にとって最も避けるべきものの一つですが、その解消が期待できます。


食事や運動などの生活習慣の改善など具体的に妊活をし続けて行った場合、だんだんと中には疲れてくる方も居るであろうことが予想されます。


その場合にはリフレッシュの為にいわゆる「子宝神社」に参ってみてはどうですか。


時には神様に頼ってみるのもプラス思考に転換できるいい機会になると思います。


妊娠初期に特に多く摂りたいと、葉酸という栄養素は広く知られています。


さて、葉酸を多く含む食品というとその名の通り、ほうれん草やモロヘイヤなどの葉物野菜に多いのです。


納豆は加工食品ですが、葉酸が多い食材です。


葉酸を摂れる食材としては、海藻類、海苔などもあるので上手く献立に取り入れて意識して食べることをおすすめします。


果物なら、イチゴに葉酸が比較的多いので間食にはちょうど良いと言えます。


不妊に効果のある食べ物というと、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。


それ以外には、卵やレバー、ブロッコリーなどにも妊娠に必須の栄養が多いので、摂取が推奨されます。


また、栄養バランス良く様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想的です。


一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は避けたほうが無難です。


妊活を行っている時は食べるものも体を温めるものを選択しましょう。


大根やゴボウ、人参のような土に埋まっている野菜には積極的にとりいれると、体を温めてくれるでしょう。


それに対して、冷えを招く野菜は、きゅうり、なす、トマトのような旬が夏の野菜が挙げられます。


果物もデザートに控えめに食べるのは良いですが、ジュースとしてたくさん飲んでしまうと体を冷やしてしまうので飲み物もあたたかいものを摂るのがいいでしょう。


13:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++