今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2019年11月08日(金)
【子供がほしいと思って妊活中ではあるけれど、好き】
子供がほしいと思って妊活中ではあるけれど、好きな飲み物がコーヒー系の飲料で、「よく飲んでいますよ」という方は用心しておいてください。


コーヒーにカフェインが含まれていることはよく知られていると思いますが、このカフェインは、体を冷やしてしまうという効果を持ちます。


体内の冷えというものは血行不良を招いてしまい、妊娠するのに大切な、子宮の機能も下がってしまいます。


たとえ好きな飲み物がコーヒー系の飲料でも、カフェインの摂取しすぎには注意してください。


周知の事実だとは思いますが妊活の最中は体の健康を保持することが絶対条件です。


その為に重要視すべきことは、栄養が偏らないようにすることと、適度に運動することの二つです。


適正体重をキープすることも意図していますが、血の巡りを改善し、摂取した栄養分が運ばれる際に、円滑に行き渡りやすくなるということも大きな意味を持ちます。


具体的にすべきことを挙げるとすれば、簡単なウォーキング等が適しています。


一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜と呼ばれるものが該当します。


妊娠が発覚してから、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。


葉酸はお腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるそうです。


ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆やホタテといった貝類も、葉酸を多く含んでいる食材ですので、こうしたものを摂取するのをおススメします。


少子化と同時に自分の希望した性別の子を持ちたいと考える夫婦も増えているようですが、日本の医学の現状では、確実な産み分け方法は明らかにされていません。


そういったことはよく分かっており、そうは言ってもやはり諦められないのならば、次の方法を行ってみてください。


どういう方法かというと、排卵日を基準に男の子がよければ当日、女の子がよければその2、3日前に子作りを行うという方法により、実現できるかもしれません。


妊娠している女性と胎児の健康を考えると葉酸の摂取はとても大事です。


いわゆる緑の野菜には、葉酸が多く含まれると考えてください。


よく知られている食材としては枝豆、ほうれん草などです。


ほうれん草はさらに、葉酸とともに必要になる栄養素の鉄分も豊富に含んでいるため、野菜の中でも、おすすめできるものです。


23:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++