今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2020年06月02日(火)
【不足がちなので、意識して摂り】
不足がちなので、意識して摂りましょうといわれる葉酸は、とにかくたくさん摂れば良いと単純に考える方もいてもおかしくありませんが、所要量を大幅に超える葉酸を摂り続けると様々な副作用を起こします。
主な副作用は発熱、じんましん、かゆみなどで、ひどい場合は呼吸障害を起こす重篤な例もあります。成人の場合、1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限なので、食事でこれを大幅に超えることはまずありませんが、サプリなどの飲み合わせには注意が必要です。
一体いつの時点で妊活を始めるのが正しいのか考えている女の人も結構いるのではないでしょうか。

その問いに対する答えとしては未婚か既婚かは問わず、いずれ出産したい女性ならば、いつからであっても始めていいものです。妊活と言えば、すぐに妊娠するためのものだと考えがちですが、体を妊娠しやすい状態に整えるために行われる活動のことです。ですので、どの時点で開始しても早すぎるということはないでしょう。
近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、妊娠に無くてはならない成分である鉄分はどちらも不足しがちなものです。
普段の食事で得られる量では十分な摂取が出来ない方が多いと言われていますから、サプリで補給するのが簡単でしょう。サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できるという便利なものも開発されています。



このようなサプリを飲めば適切な摂取量を簡単に摂ることが出来ます。


近年、少子化が進むにつれ、赤ちゃんの性別を産み分けるということを考える夫婦も増加しているようですが日本の医療技術において、今のところ確実な産み分けを行うことは出来ないとされています。そのことはしっかりと理解していてそうは言ってもやはり諦められないのならば、以下に記述することをやってみてください。

男の子が欲しいなら排卵日に、女の子が欲しいならその2、3日前に性交渉を行えば有効なようです。

葉酸が多く含まれている野菜についてですが、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜に多く含まれています。赤ちゃんを授かったあと、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。
葉酸の摂取で、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するそうです。とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。
そんな時には他の食材で補っても構いません。


例えば納豆や貝類を食べるのを推奨します。


07:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++