今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2020年08月01日(土)
【葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待】
葉酸には妊婦にとって多くの効果が期待できますが、妊娠が発覚してから意識的な葉酸の摂取を始めた方が殆どだと思います。


それと同時に、一体いつまで葉酸を摂取するべきなのか、といった疑問もよく耳にします。


赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも問題はありません。


ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても不可欠な栄養素の一つで、人体のバランスを整えるといった働きをしています。


ですから出産後も、葉酸の摂取によって母体の健康を保つサポートをしてくれるという訳ですね。


私が妊娠した際、いつも葉酸サプリを利用するのを勧められましたが、副作用が不安でした。


子供のために飲むことを考えているのに、赤ちゃんに悪影響が出るのなら、逆効果です。


色々と確認してみましたが、質の良い葉酸サプリであるなら、過剰に摂取しない限りは副作用は起きないことがわかったので、高品質の葉酸サプリを飲むようにしています。


妊娠初期の胎児にとって欠かせない栄養素として、妊娠した女性には葉酸の重要性がだいぶ浸透しています。


妊娠がわかってからでは、葉酸の摂取は遅いのではないかという立場をとる方も存在するのです。


その理由は、妊娠初期こそ毎日葉酸を摂取していることが胎児の発育にとって重要となるためです。


それを考慮すると、妊娠の可能性があるときから多めに葉酸を摂ることが肝心だと言えます。


妊娠に大切な葉酸は国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。


摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿などに混じって排出されています。


ですから、余分な葉酸が蓄積していく、という事はあまり無いようです。


しかし、葉酸の過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。


葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、指示された分量と用法を守ってください。


葉酸の摂取による妊婦や胎児への影響が明らかになって以降、葉酸は産婦人科においても妊婦への積極的な摂取が求められています。


産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。


厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。


とはいえ、妊娠初期に葉酸を積極的に摂っていなかったと不安になっている妊婦さんもいますよね。


もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。


サプリ等で摂取する印象が強い葉酸ですが、実はビタミンの一種です。


ですから普段食べる機会の多い肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。


なので、普段の食事でもある程度は摂取できるのです。


19:18






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++