今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2020年09月16日(水)
【インプラントの技術が確立されてきた現在では】
インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。


人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるといった不具合が起こる可能性もあるのです。


こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。


インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。


ネットのレビューなども参考になります。


インプラントの特長として、噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。


ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れるのではと心配する必要はありません。


骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。


キシリトールガムも、問題なく楽しめます。


1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。


ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。


さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるという辛い面があります。


歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。


インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題が起きる可能性もあります。


問題が起こるリスクを軽減するためにも、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。


歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。


例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。


両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。


11:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++