今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2020年10月17日(土)
【妊娠を望んでいる方は栄養の不足や偏りに注】
妊娠を望んでいる方は栄養の不足や偏りに注意すべきですが、中でも葉酸が足りないことで、先天性障害を持った赤ちゃんが生まれやすくなることもあります。


ビタミンB群の一つである葉酸は、摂取しても尿に溶け出しやすいので毎日補充しないと不足してしまう宿命を持つ栄養素でもあります。


モロヘイヤやほうれん草などの葉物野菜だけでなく、果物やレバーなどにもたくさん含まれています。


意識して毎日食べるようにすると、葉酸不足に陥ることは少なくなります。


今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。


例えば、妊娠前から葉酸を摂取するように、と雑誌に書いてありました。


胎児が健やかに育つために必要不可欠な栄養素だと書いてありました。


野菜に多く含まれている成分なのですが、調理の際に溶け出してしまったり、体の中での吸収率が良くなかったりと、十分な葉酸を摂るのは結構骨が折れそうだな、と思いました。


手軽に摂るなら、葉酸のサプリを飲んでもお勧めだそうです。


葉酸サプリは色々な会社が出しているのですが、赤ちゃんと身体のことを考えて、安全性が高く、安心して飲めるものを探して元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活を頑張っていきたいです。


栄養不足が不安だという妊婦さんの頼もしい味方と言えば、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。


こちらの葉酸サプリは数種類の葉酸サプリが売られていますが、大抵の商品が葉酸だけではなく鉄分やカルシウム、ビタミンといった、妊婦にとって不足しがちなすべての栄養素がまとめられています。


こうしたサプリを利用すれば、カルシウムのサプリやビタミンのサプリ等、複数のサプリを複数服用しなくても良いので、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。


管理も楽なので、おススメです。


葉酸サプリは、それぞれ他に含有している成分によって特徴が分かれています。


サプリを選ぶときは、ご自身に必要な栄養素を補給できるようなものにして下さい。


妊活の際に漢方を取り入れる人も多いです。


漢方の服用により体質改善が期待され、妊娠の可能性がアップするでしょう。


近頃は薬屋さんでも売られており、簡単に買えるようになりました。


「費用が気になる」という人もおられると思います。


その様な方には漢方を不妊治療に取り入れている病院に行ってみてください。


お医者さんの診察が必須ですが、健康保険適用となり、費用がおさえられるでしょう。


一口に葉酸の摂取といいますが多くのやり方が考えられます。


一番手軽なのは毎日の食事の中で、葉酸を多く含んだ食材を使うことです。


ただし、葉酸には加熱で失われるという性質があり、妊婦の所要量を食事だけで摂ろうとするとよほど毎日工夫をこらさない限り難しいでしょう。


効率的な葉酸の摂取という面からみても、サプリメントや錠剤、強化食品などで補うのが良いでしょう。


食後に飲むと、最も効果が上がると覚えておいてください。


11:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++