今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2020年11月21日(土)
【皆さんご存知のように、葉酸だけを摂っても不】
皆さんご存知のように、葉酸だけを摂っても不十分です。


葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリの利用を考える時には、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが25種類ほど配合したサプリを選べば、栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。


妊娠しやすい体になるために、妊娠を希望している方は、今から飲んでおくと安心です。


妊娠初期だけに葉酸が必要と言われますが、、そういうわけじゃないんです。


事実、妊娠中期から妊娠後期にかけても赤ちゃんの発育を促してくれたり、母子を悪性の貧血から守ってくれたり、妊娠高血圧症候群になるのを防いでくれるなど妊婦には必要不可欠な役目をするのです。


授乳が終わるまでしばらくの間は、継続して葉酸を摂り入れるべきビタミンなんですね。


妊娠中の女性にとって、葉酸の欠乏は赤ちゃんの順調な成長が妨げられる危険性が増します。


とりわけ神経管閉鎖障害に代表される、先天性の神経系障害を起こす結果になることがあり、最悪の場合は無脳症になるので流産あるいは死産につながるのです。


そのような障害を引き起こすリスクを低下させるため、葉酸は妊娠初期こそ意識して摂ることが望ましいのです。


様々な努力が必要な妊活の最中、特に注意が必要なのは、ストレスを溜めないようにすることです。


ストレスによる筋肉の緊張は、血流が悪くなってしまいます。


そうすると、卵巣や子宮といった妊娠に関わる組織の機能は下がってしまいます。


もしも働いている女性で、ストレスが大きくかかり、生活も不規則だという方は仕事を休ませてもらうことも考慮してみましょう。


妊婦にとって葉酸は欠かすことの出来ない栄養素だと言われています。


しかし、もし葉酸が不足してしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。


葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。


これが赤ちゃんに不足してしまうと、先天性の障害などを発症するリスクが高まると言われているそうです。


こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。


16:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++