今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2020年11月22日(日)
【特に女性の場合は、妊活中の飲酒は避け】
特に女性の場合は、妊活中の飲酒は避けるよう注意されることが多いです。


理由はなんなのかというと妊活中はいつでも妊娠している可能性があると考えて女性が自分でも妊娠していると分かっていない時にアルコールがお腹の中の赤ちゃんに影響しないようにするためです。


また、飲酒をしているとホルモンバランスは乱れやすくなり、冷えやすくなるのでできるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには避けるべきものだからです。


少しずつ暑さが増してくるとうっかりよく冷えた飲み物が欲しくなりますが、妊活を行っている時は普段以上になるべく体の冷えを招く飲み物というのを飲まないようにした方がいいと思います。


それに対して、ホットな飲み物をとることは妊娠に関与するホルモンの働きが改善します。


飲み物のみならず、生活全体を通して体を冷やさないように気を付けてください。


妊娠初期には、葉酸の摂取が大切です。


だとすれば、多く摂る期限はいつまでかとなりますが、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想とされています。


もしそこまで長く摂れないようであれば、少なくとも妊娠中期の終わりまでは意識して葉酸の摂取を続けて欲しいのです。


葉酸は胎児の発育だけでなく母体を健康に保つためにも重要な栄養素であり、必要量が摂取できるように摂取に努めて欲しいと思います。


データによると半数以上の女性は自分は冷え性だと感じているそうです。


妊活中の冷えは厳禁で、この様な冷えから体を守ることも、妊活において最も重要なことの一つです。


そこで、冷えを解消させるのに一役買うのが、腹巻や冷え取り靴下です。


これらを使ったことで冷えが改善され、妊娠に繋がったという方も多数おり、簡単にできて効果もそれなりにある妊活だと言ってよいでしょう。


近年、少子化が進むにつれ、自分の希望した性別の子を持ちたいと考える夫婦も増えているようですが、日本の医療技術において、今のところ100%の産み分け方法はないとされています。


そういったことはよく分かっており、そうは言ってもやはりチャレンジしたいのならば、以下に記述することをやってみてください。


男の子を授かりたい場合は排卵日当日、女の子が授かりたい場合は排卵日の2、3日前に性交渉を行えば有効なようです。


16:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++