今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2021年02月23日(火)
【医師の勧めもあって、妊娠がわかる】
医師の勧めもあって、妊娠がわかるとすぐに、サプリで葉酸を摂るようになったのです。


飲むのは一日でも早いほうがいい、と病院ではせき立てられたのですが、いつまで葉酸を摂らなければならないかについては言われた記憶がありません。


ですから、1袋が終わったところで葉酸サプリは一旦卒業しました。


しかし、産後の女性にも葉酸が必要だとわかったので再開したのです。


妊活中は特別、出来るだけストレスを溜めこまないことが重要です。


その観点から行くと、バスタイムにリラックスすることは効果的ですが過度の負担は避けるべきだという観点から行くと熱い湯や長風呂は控えてください。


熱は意外と、体にとっては負担となります。


葉酸は人の体内で様々な働きをしますが、その一つ血液の滞りを防ぎ、血行を良くすることは重要なこととして挙げられます。


血液が末梢で滞ると身体各部の不調につながり、腰痛、肩こり、冷え性、不妊なども血液循環が原因とされているので、もしそうした症状にお悩みなら葉酸の摂取量を増やすことを考えてみると症状が軽くなることもあるとされます。


また、ビタミンEを同時に摂ると血行改善効果は相乗的に高まると言われます。


葉酸を摂取するのが一番欠かせない時期は妊娠して最初の3ヶ月です。


そのため、子供ができたとわかってから、「葉酸とれなかったわ。


」と後悔する方もたくさんいます。


そんなことにならないために、ベビ待ちの女性は日々葉酸を摂ることをおすすめしています。


様々な努力が必要な妊活の最中、特に注意したいのは、ストレスを溜めないようにすることです。


心身のストレスによって筋肉の緊張を招き、血流を悪化させます。


それが原因で、卵巣や子宮のような、妊娠に関与する組織の働きが低下してしまうでしょう。


もしも働いている女性で、ストレスを強く感じており、生活習慣の乱れもあるなら、いっそのこと休職を申し出ることも考慮してみましょう。


02:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++