今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2021年04月08日(木)
【医師の勧めもあって、妊娠がわかるとすぐに、葉酸が不足】
医師の勧めもあって、妊娠がわかるとすぐに、葉酸が不足しないようにサプリメントを飲み始めました。


お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いとせかされたのですが、いつまで葉酸を摂らなければならないかについては一切話がありませんでした。


私の場合、1袋飲んだ後でそれきり全く飲みませんでした。


最近になって、授乳している間は葉酸を飲んだ方が良いと聞いたため、あわてて葉酸サプリを再開しました。


強化して葉酸を摂取したいとするといろいろあるわけです。


いつでも誰でもできそうなのは食材の中の葉酸を増やしていくことです。


ただし、葉酸には加熱で失われるという性質があり、食事からの摂取だけで妊産婦に必要な量を確保するのは毎日のことなので、相当がんばらないといけません。


効率的な葉酸の摂取という面からみても、補助的にサプリなどを使うのがおすすめです。


もし飲む時間帯を気にするのなら、食後が最適でしょう。


葉酸の摂取によって胎児の健やかな成長を促し、先天性神経管異常の発症リスクが減少することが科学的見地からも認められています。


このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。


実際に葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品として、赤ちゃんのために、妊婦が摂取しているといった話もよく耳にします。


お子さんが欲しい方、妊娠中の方であれば葉酸が有効だといわれています。


葉酸は地味な栄養素ですが、胎児の発育を促す役割や、細胞分裂を促進する役割を果たします。


葉酸はその名の通り野菜から摂取するもので、葉物の他、ブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにも多量の含有を期待できますが、市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので野菜をたくさん食べられない方や野菜を避けてしまう方には上手く活用していきたいものです。


妊婦にとって葉酸は大変重要な栄養素の一つです。


それでは、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。


葉酸の働きとは、細胞分裂を促すものです。


これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害を発症する要因になると知られています。


ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。


02:12






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++