今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2022年01月14日(金)
【妊活中であるにもかかわらず、好んで飲むの】
妊活中であるにもかかわらず、好んで飲むのがコーヒーなどで、止められないという方に知っておいてほしいことがあります。


コーヒーにカフェインが含まれていることはよく知られていると思いますが、このカフェインは、体を冷やします。


冷えると血のめぐりが悪くなり、妊娠するのに大切な、子宮機能の低下の一因となります。


コーヒーのような飲み物が好きであったとしても、カフェインは摂りすぎないようにしましょう。


妊活中は体を冷やしてしまうことは望ましくないものです。


冷える事は血行不良に繋がりますから、妊娠のために必要不可欠な子宮や卵巣の機能を低下させているかもしれないためです。


冷えの放置は厳禁です。


冷えに悩まれている女性は、ソックスを活用して気軽に実施できる「冷えとり健康法」を行うなど、体を冷やさないように注意しながら、冷えを改善して血行を良くするようにしてください。


妊娠したら摂るよう推奨される葉酸ですが、加熱に弱いので、調理をする場合には注意することが大切です。


特に調理の行程で長時間熱を加えて料理してしまうと、その栄養素は半分になってしまいます。


だから、熱を通す場合は湯通しをさっとするだけなど加熱しすぎないように気をつけることが大切です。


今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食生活以外に、よりたくさんの葉酸を摂るよう厚生労働省が通知を出しています。


なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、胎児の神経管閉鎖障害発症のリスクを下げる効果があるからです。


サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、赤ちゃんに悪影響が無いように、無添加の葉酸サプリメントを見極めることも心掛けたいですね。


妊娠中に葉酸が不足すると胎児に異常や障害が起こる原因となる危険性もあります。


とりわけ神経管閉鎖障害に代表される、先天性の神経系障害を起こしてしまうことがあり、これが重篤だと無脳症になるため最終的には流産や死産になるのです。


発育を阻害する要因を取り除くためにも葉酸は妊娠初期こそ意識して摂ることが望ましいのです。


07:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++