今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2022年06月23日(木)
【妊娠している人にとって不可欠な栄養】
妊娠している人にとって不可欠な栄養素が葉酸なんです。


なぜなら葉酸は赤ちゃんの脳や神経を作り出すために必須の栄養素なんですね。


葉酸はほうれん草などの野菜にたくさん含有されています。


一日の必要摂取量としてほうれん草一束を食事から毎日摂取することが重要と病院では指導されますしかし、これは難しいので、食事と同時にサプリメントを摂ることをオススメします。


妊娠する前の段階で葉酸を摂取するように、と雑誌に書いてありました。


その記事によると、葉酸は、胎児が元気に成長するための重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。


野菜にも含まれている栄養素なのですが、野菜をちゃんと食べれない場合は、サプリを使うのもお勧めだそうです。


食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。


妊活をしている間はつらさを感じることも多いので、精神的、または肉体的に弱くなってしまいがちです。


なかなか妊娠に繋がらないと、中にはうつ症状が出る人もいます。


妊娠するにはストレスを取り除くことが第一です。


不妊治療をやめたことで心配事が消え、直後に妊娠したという例も多いです。


妊活が原因でつらい思いをしないように意識的にストレスを解消しながら続けましょう。


さて、葉酸とは具体的にどのような栄養素だと思いますか?葉酸とはビタミンB群のひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。


葉酸の摂取は、特に妊娠初期の女性に欠かせないものだと言われています。


なぜなら流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを避けるなどの、有益な効果が認められているためです。


具体的な一日の葉酸の摂取量ですが、厚生労働省によると、妊娠初期の場合は1日当たり400μgの葉酸摂取が理想的とされているようです。


食材だけで摂取することが難しいと考える方は、葉酸のサプリメントで不足分を補給しても問題ありません。


とりわけ妊娠初期に強化したいと、葉酸という栄養素は広く知られています。


葉酸を食材から摂ろうとすると、野菜、特にほうれん草、モロヘイヤなどの青菜が多く含んでいます。


加工食品の中では、納豆に多く含まれます。


葉酸を摂れる食材としては、海藻類、海苔などもあるので日々の食事で、少量でも積極的に食べると葉酸が自然に摂取できます。


イチゴは葉酸を含む食材として知られており、他の栄養素を摂るためにも、おやつにおすすめできます。


07:48






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++