今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2017年01月12日(木)
【多くの女性が自分のことを冷え性だと思っている】
多くの女性が自分のことを冷え性だと思っているという調査結果があります。


冷えは妊活時にはタブーで、体を冷やさないようにすることも、妊活で大切なことです。


そんな時、腹巻や冷え取り靴下をおすすめします。


これらは冷えの解消に効果があります。


実際に、このようなものを使ってから、妊娠出来たという人も多く、気軽にできて、さらに効果ももたらしてくれる妊活と言ってよいと思います。


葉酸は人の体内で様々な働きをしますが、その一つ全身の血液循環をよくすることは有名でしょう。


血行が悪くなると身体各部に悪影響があるもので、腰痛や肩こりの原因となるのはもちろん、冷え性や不妊を引き起こすともされているのでそういう悩みをお持ちの方は意識して葉酸を多く摂るようにすると症状が軽くなることもあるとされます。


また、ビタミンEを同時に摂るとさらに血行を良くする効果があります。


不妊治療や妊娠初期に有効と言われる葉酸は、細胞分裂を助けて新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。


この効果は不妊改善にも有効で、子宮に受精卵が着床しやすくなり、それだけで妊娠確率が上がることが期待できます。


そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると血行が良くなり冷えも改善され、生殖機能を含む代謝が活発になり、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。


近頃は多くの方が知っていることですが、妊娠中の女性だけでなく、授乳中のお母さんにも葉酸はとても重要です。


生まれたばかりの赤ちゃんは、生まれる前と同じくらい全身の細胞分裂が活発に行われる中で外界に適応するべく成長するのです。


その過程でたくさんの葉酸が必要になります。


そして、出産から授乳まで、母体が変わる過程でも葉酸が使われ、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、子供を授かりたいと望んだときから、母乳を与えるのが終わるまでしっかり葉酸を摂り続けることが、お母さんのつとめです。


葉酸の性質として、水に溶けやすいということがあるので胃に食べ物がないときに最も良く吸収されるため、効果的に葉酸を摂りたいと思ったら、タイミングとしては食間が一番良いとされています。


一日の中で、必要な量を一度に摂ろうとするより何回かに分けて摂っていくと身体に対して良い効果があるとされています。


一日の中でいつが一番良いかというと、夜寝ていると、肝臓の血流量は減少するため、寝る前に摂るのが効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。


19:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++