今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2017年06月19日(月)
【妊娠したい女性は特に必要な栄】
妊娠したい女性は特に必要な栄養をきちんと摂るように努めた方が良いのですが、特に葉酸の不足が問題で、胎児の神経系に先天性障害が起きる可能性が高くなってしまいます。


水溶性ビタミンである葉酸は、尿に溶け出しやすく体内に蓄積されにくいなかなかやっかいな栄養素なのです。


モロヘイヤ、ほうれん草などの葉物野菜の他、イチゴなどの果物やレバーなどからもたくさん摂取できるため、そのような食材を毎日食べるようにしましょう。


妊活している時に心がけたいことといえば、ストレスを避けることです。


ストレスがあると筋肉は緊張して、血流が悪くなってしまいます。


それが原因で、妊娠に関与する、卵巣や子宮の機能は低下してしまいます。


もしも働いている女性で、ストレスを強く感じており、生活習慣の乱れもあるなら、思い切って休職の申請を出すことも考慮してみましょう。


妊娠中に欠かせない葉酸は、葉物野菜の他、ゴーヤーにも多く含まれているのはご存じでしょうか。


妊娠中、葉酸を摂るために旬のゴーヤーは食べて欲しいものですが、食べ過ぎも害になることがあります。


妊婦に限りませんが、ゴーヤーを食べ過ぎると、何となく胃がもたれる、下痢を起こしてしまうなど、思わぬ不調が起こる羽目になりかねません。


妊娠して様々な変化が起こっている身体に、不調が起きると母体だけでなく胎児にも良いことではありません。


積極的に果物を食べるようにすることは、妊活中の体にも良い効果が期待できます。


でも、どうせ食べるのなら、いっそう妊活が捗るように果物を摂取できたら一番良いのではないでしょうか。


ご存知ないかもしれませんが、果物の中には冷え性の改善が期待できるものがあります。


具体的には、さくらんぼとかりんご、ぶどうにオレンジ、桃などの果物が当てはまるのですが、季節の関係などでフレッシュなもの摂取するのが難しいという時は、ドライフルーツでも大丈夫です。


大学の友達と久しぶりに集まったのですが、その時に葉酸のサプリの話題が上ったのですが、友達はベルタから出ているサプリが気になっているようでした。


葉酸サプリは、妊娠中だけじゃなくて妊娠前から飲んだほうが効果が高いとテレビで見たことがありましたから、その友達に教えてあげました。


友達には、いつも笑っていてほしいから、元気な赤ちゃんが生まれるといいなと思う今日このごろです。


10:36






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++