今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2017年07月17日(月)
【妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働】
妊活中や妊娠初期の女性にとって、葉酸の働きは最も重要なものだと言われており、厚生労働省が妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。


それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は尿などに混じって排出されています。


ですから、体内に蓄積するということはありません。


ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。


実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。


葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。


妊活中にもかかわらず、コーヒーのようにカフェインが入ったものが好きで、飲む習慣がある方は注意してください。


カフェインにはその作用の一つに「体を冷やす」というものがあります。


冷えると血のめぐりが悪くなり、子供が出来る時に大事な役目を果たす子宮の働きを低下させることにも繋がります。


コーヒーが好きな人もいるかもしれませんが、カフェインは摂りすぎないようにしましょう。


葉酸は、妊娠初期に摂ると良い栄養素だとは、よく聞かれます。


それに加えて、妊娠の1ヶ月前から葉酸を摂ることがおすすめだと耳にしたことはありますか?ということは、妊娠を考え始めたときが意識して毎日葉酸を摂り始めたいタイミングなのです。


赤ちゃんに来て欲しいと思ったらどうやったら葉酸を摂れるか、考えてみてください。


いろいろな事情で、妊娠してしばらくしてから、そういえば葉酸が十分摂れていないと気づいたとすればすぐに葉酸を摂るようにしましょう。


子供がすこやかに発育し、生まれてこれるように生まれるまで葉酸を摂っていくことが理想的です。


妊婦に必要な量の葉酸がなかなか摂れず、しっかり葉酸を摂らなければと考えるならばできるだけ早く妊娠中に必要な量の葉酸を摂るよう対策を考え、手を打たなければなりません。


妊婦にとって、葉酸摂取による効果はさまざまなものがあります。


とりわけて胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は最も重要なポイントだと言えます。


妊娠する可能性がある方は、葉酸を十分に摂ることが良いでしょうですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。


葉酸のサプリであれば計算や摂取もそこまで負担にはなりませんので良い方法ではないでしょうか。


05:42






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++