今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2017年10月13日(金)
【2人目の赤ちゃんが出来ることをのんびり】
2人目の赤ちゃんが出来ることをのんびりと希望して気付けば3年後、まだ妊娠していなかったので、私と主人の健康状態に懸念を抱きました。


長女を育てるためにも元気でいなければいけませんので、これを機に細かく検査をしてもらい、異常がなければ妊活をスタートしようと夫婦間で合意したのですが、今思ってみればこの話し合いが妊活を決めた瞬間になります。


その味や食感が様々な料理に使われているクリーミーな味わいが持ち味のアボカドは、他の果物や野菜と比べても、葉酸が含有量が多いのです。


人体を維持するために、葉酸がたくさんの重要な役目を果たしています。


造血機能を高め貧血を防ぐ、さらに子供がお腹の中にいる間、子供に十分な栄養を行きわたらせたり、どんな人にも大事な栄養素だと言えます。


妊娠中の女性は、望ましい葉酸の摂取量が妊娠前と比べて増加します。


倍近い480μgの摂取が不足にも過剰にもならない量です。


栄養素としての葉酸は、水溶性で体内に蓄積しにくいのですが過剰摂取も問題があります。


大量の葉酸を摂り続けると身体症状である発熱やかゆみなどを引き起こした例も報告されており、くれぐれも摂りすぎにならないようにしてください。


妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。


例えば、不眠症の症状ですとか、吐き気や食欲不振、または体がむくむといった症状です。


妊娠初期の神経質な時期には「葉酸を多く摂った方が身体に良い」と、一日の摂取量をオーバーしてしまう傾向があります。


葉酸の過剰な摂取は副作用に繋がりますので、気を付けてください。


一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。


そうした時におススメなのは、葉酸サプリの活用です。


サプリであれば、一日の摂取量が簡単に管理できますから、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから大変便利だと思います。


体温を上げる事や代謝の改善をはかることで体の妊娠の可能性が高くなります。


普段から「運動はしません」という妊活中の女性は、出来るだけ、運動をしてください。


大変な運動でなくて構いませんので、ストレッチだったりヨガだったり、ゆっくりとした動きのものに効果があります。


ここ最近では妊活のためのヨガのコースが設置されているスタジオも登場しており注目が集まっているようです。


01:18







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++