今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2017年11月15日(水)
【水溶性で熱に弱いというのが葉酸の特長であり、】
水溶性で熱に弱いというのが葉酸の特長であり、日頃の食生活の中では必要量を摂取できないことが多いためサプリメントなども飲んでいった方が良いのです。


サプリメントで葉酸を摂る場合、加熱処理されていない製品を見つけることがとても重要です。


体を作る成分になるので、天然の原料を使っていること、必要のない添加物がないことなどの安全性にも気を配りたいものです。


暑い時期には何気なくグッと飲める冷たい飲み物を飲みたくなってしまいますが、女性の中でも妊活をしている方は出来る限り体を冷やす飲み物は避けてください。


それとは逆に、温かい物を飲むようにすれば血の巡りがよくなって、妊娠しやすくなれるでしょう。


その他の生活全般においても日頃から体を冷やさないように気を付けてください。


このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。


葉酸は、ビタミンのひとつです。


その効果は定期的な摂取の結果、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。


この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。


胎児の健康を考えて、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、葉酸を摂った方が良いと思います。


妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。


それでは、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。


妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、それは違います。


胎児が先天的な障害を発症する可能性を低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠初期が注意が必要な期間ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。


妊婦や赤ちゃんにっとって、葉酸はたくさんの効果をもたらしてくれます。


とくに赤ちゃんが先天的脳障害を発症するリスクを下げてくれる効果は最も重要なポイントだと言えます。


今現在、妊活中あるいは妊娠の可能性がある方は、母子ともに健康であるためにも、継続的に十分な葉酸をとることが大切です。


今では、葉酸を簡単に摂れる方法がいくつかあります。


代表的なのは葉酸サプリで、サプリでしたら日々の葉酸摂取が難しくないですからおススメですね。


03:00







w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++