今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2018年03月14日(水)
【カフェイン入りの飲み物を飲みたくない妊活】
カフェイン入りの飲み物を飲みたくない妊活中は、ハーブティーがよく飲まれています。


これはどうしてかというと、第一の理由はハーブの効果を期待することが出来るという良さにあると思います。


代表的なものを挙げると、冷え性の症状や生理不順の状態を改善することです。


加えて、効能として、リラックスできるというものもあります。


ストレスは妊活している人にとって最も避けるべきものの一つですが、そのストレスを解消させる働きがあります。


スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、豆腐や納豆などの大豆製品や魚などが挙げられます。


卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して食べたい食品に入ります。


また、栄養バランス良く偏らない食事にするのが理想であることは間違いありません。


また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、今しばらくは我慢するべきでしょう。


いろいろと辛いことも多いので、妊活をしている間は、心や体が凹みがちです。


なかなか妊娠に繋がらないと、場合によってはうつ病になってしまうこともあります。


ストレスは妊娠を妨げる最大の原因だと言われているのです。


不妊治療をやめた途端に、ストレスから解放され、自然と妊娠できたという人は少なくありません。


逆に妊活を行うことが重荷にならないよう大事なことはストレスを上手く解消しつつ続けることです。


葉酸はビタミンB群なので、水溶性であり、すぐ水に溶け出してしまいます。


一日の所要量を一度に摂っても小腸から吸収される以前に身体の外に、尿や便とともに出て行ってしまう可能性もあります。


このため、葉酸サプリメントを飲むときは時間を空け、何回かに分けて飲むと良いと心がけて摂取してください。


毎日の食事だけで必要な量を摂ろうとすると、かなり難しいのが葉酸の特長なので、たくさん摂取するだけでなく、少しでも排出されないようにして、十分に身体の中で働くようにしていきましょう。


最近、よく見かけるようになった黒豆茶ですが、このお茶を妊活中に飲むのは合理的な選択だと言えます。


その理由としては、黒豆茶はカフェインを含有していないため、たとえ妊活中でも安心して飲むことが出来ます。


そのうえ、イソフラボンという黒豆に含まれている成分が女性ホルモンと似た作用が働く可能性があるからです。


よく知られているように、イソフラボンを摂ると体や精神のバランス調整に役立ちますから、ぜひ、毎日あたたかい黒豆茶を飲むようにしましょう。


16:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++