今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2018年08月10日(金)
【妊娠したい女性は特に必要な栄養をきちんと摂る】
妊娠したい女性は特に必要な栄養をきちんと摂るように努めた方が良いのですが、中でも葉酸が足りないことで、胎児の神経系に先天性障害が起きる可能性が高くなってしまいます。


水溶性ビタミンである葉酸は、尿に溶け出しやすく体内に蓄積されにくい栄養素だということを頭に入れておいてください。


例えばモロヘイヤやほうれん草などの葉物、そしてレバーなどにも多く含まれている栄養素なので、そのような食材を毎日食べるようにしましょう。


葉酸というビタミンは、赤ちゃんの健康のため意識して摂取することを、妊娠初期から続けるべき、重要な栄養素なのです。


多くの製薬会社や健康食品会社で葉酸の入ったサプリメントや薬を売っていますが、注意しなければならないのは、買うときに葉酸の他に何が入っているか、確かめることです。


普段なら何でもないようなものにも影響を受けるのが妊娠初期なのでできるだけ無添加無香料の安全性が高い製品を選ぶのが正解です。


葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。


その効果は国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が妊娠を希望する女性や妊娠初期の女性に、積極的な摂取を推奨しているほどなのです。


では、葉酸をたくさん摂った方が期待できるのでしょうか。


実は葉酸は、水溶性であるため、尿とか汗で流出します。


そのため、体内に蓄積するということはありません。


とはいえ、過剰摂取によって発熱、かゆみ、呼吸障害を引き起こすとの報告もあるようです。


葉酸サプリは食事での摂取に比べると、過剰摂取に陥りやすい側面もあります。


葉酸サプリを飲む場合には、提示された規定量を必ず守るようにしてください。


妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。


ところで、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が必要ないのでしょうか。


実際にはそうではないのです。


葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを下げてくれるという意味では、皆さんがご存知の「妊娠前から妊娠3ヶ月まで」が注意が必要な期間ですので、この期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。


妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知ですか?水溶性ビタミンの一つである葉酸は、適切に摂取を続けることで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。


具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。


胎児の健康を考えて、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、葉酸を摂った方が良いと思います。


23:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++