今話題の葉酸、妊活について解説していきます

2018年10月11日(木)
【友達の話ですが、妊娠したいと話してい】
友達の話ですが、妊娠したいと話していた頃に漢方を欠かさず服用していたようでした。


彼女の話では、妊娠しやすい体質づくりのために、漢方を服用していたそうです。


漢方であれば、妊娠中でも安心できますね。


彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かりました。


ずっと頑張っていたので、みんなでお祝いを計画しています。


いろいろと辛いことも多いので、妊活をしている間は、心身ともにダメージを受けやすい状態にあります。


結果が長らく出なければ、場合によってはうつ病になってしまうこともあります。


ストレスは妊娠を妨げる最大の原因だと言われているのです。


実際に不妊治療を中断して過度にかかっていたストレスが消えて自然と妊娠できたという人は少なくありません。


妊活が原因でつらい思いをしないようにストレスを溜めないようにしながら継続することが重要です。


妊活中であっても、コーヒーのような飲み物が好きで、飲み続けている方は注意が必要です。


皆さんコーヒーにカフェインが含まれているのはご存じだと思いますが、体を冷やす作用があります。


体内の冷えというものは血行不良を招いてしまい、妊娠するのに大切な、子宮の動きが悪くなってしまいます。


コーヒーのような飲み物が好きであったとしても、摂取は控えめにした方がいいでしょう。


可能であれば、妊活中の方は薬を飲まないようにしてください。


一般に販売されている胃腸薬や痛み止めの類は問題になる事は少ないのですが、確認が必要になるのは持病に対する医者からの処方箋の服用です。


ですが、薬である事に変わりはありませんから、処方箋はもちろん、市販薬であっても、医師、または、薬剤師に妊活中であることを伝えたうえで薬の服用の可否を相談するのが安全で安心な方法だと言えます。


大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。


疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。


健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、出来ない時は出来ないのだと感じました。


親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦ったり悲しかったりでした。


検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。


排卵誘発剤が有効というので試してから、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。


原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。


21:30






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++